画像提供:マイナビニュース
現在、クレジットカードの種類は、数百を超えると言われています。魅力的な特典が付くカードはたくさんありますので、目移りしてしまいますよね。しかし、いくら様々なサービスが付帯していても、自分にとって使い勝手の良いクレジットカードでなければ、意味がありません。

クレジットカード選びに失敗せず、お気に入りの一枚を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。今回は、自分に合うクレジットカードを選ぶポイントを解説していきます。

○1. 年会費

クレジットカードを選ぶ際にまず確認したいのが、年会費がかかるかどうかという点です。年会費とは、そのカードを1年間保有するためにかかる会費のこと。年会費無料のクレジットカードも多いですが、年会費ありのクレジットカードでは、海外旅行保険が充実したり、ホテルや航空会社のサービスが利用できたりと、様々な特典を受けることができます。

クレジットカードの年会費は、費用が高くなればなるほどサービスが充実したり、特別なサービスが受けられたりしますが、付帯するサービスを利用する機会がなければ、損をしてしまいます。申し込もうとしているクレジットカードは、年会費を払ってでも持ちたいカードなのかをしっかり考えてみましょう。また、「初年度年会費無料」のクレジットカードは、翌年からは年会費がかかります。二年目以降、年会費を支払うことも考慮に入れて選びましょう。さらに、「条件付き無料」といって、たとえば、年に一度でも利用すると年会費無料になるようなカードもあります。自分がカードをどのくらい使いそうか、あらかじめ確認しておきましょう。

○2. ポイント還元率

クレジットカードを使う多くの人が、利用代金に応じて付与される「ポイント」を意識しているのではないでしょうか。特に、日常的にクレジットカードで買い物をする人は、クレジットカードのポイント還元率は気になるところです。クレジットカードを利用するだけでもらえるポイントは、次回以降の買い物で、現金と同じように使うことができますので、実質的な節約となります。クレジットカードを頻繫に使う予定なら、ポイント還元率をチェックし、より還元率の高いカードを選ぶのが良いでしょう。

ちなみに、「楽天カード」のように、特定のショッピングサイトや店舗でポイント還元率がアップするカードもあります。自分が普段良く利用する店舗でポイントが貯まりやすいカードをチョイスするのもおすすめです。

○3. 国際ブランドとカード発行会社

クレジットカードの国際ブランドとは、世界中にある全ての該当加盟店で決済ができる仕組みのことです。この国際ブランドには7種類あり、そのうち主要なものとして、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Clubがあり、これに中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)とディスカバーカードが加わります。

これらの中でもVISAとMasterCardは世界的に幅広いシェアを誇っており、利用者の多いカードです。旅行や出張が多く、クレジットカードを海外で使いたいという場合には、いずれかの国際ブランドを選ぶと使い勝手が良いでしょう。ちなみに、JCBは唯一、日本で生まれた国際ブランドです。世界的シェアは少ないですが、日本国内の加盟店数は1位となっています。海外で使うことがほとんどなく、国内利用がメインなら、JCBを選択するのも良いですね。

また、クレジットカードを選ぶ際には、国際ブランドの他にカード発行会社も選択することになります。カード発行会社には大手から中小まで様々あり、その数は国内だけで100社以上存在しています。大手のカード発行会社としては、三井住友カード株式会社、三菱UFJニコスなどがあります。それよりも規模の小さいカードでも、「楽天カード」や「エポスカード」など、知名度が高く利用者の多いクレジットカードがあります。

注意したいのは、同じ国際ブランドのクレジットカードだとしても、カード発行会社によってサービス内容が全く異なるという点です。概ね、大手の発行会社では、セキュリティ面や電話サポート体制が整っている一方、ポイント制度や年会費などにおいては中小のカード発行会社のほうが優れているという傾向があるようです。自分がどのようなサービスに重点を置きたいのか、しっかり見極めて選んでみましょう。

○4.よく利用する場面

最後は、「自分がどのようなシーンでよく利用するか」です。いつも決まったスーパーやコンビニで日用品を買うなら、その店舗で割引がきく、ポイントが貯まりやすいといった特典のあるカードを選ぶと良いでしょう。たとえば、「セゾンカード」を全国の西友やリヴィン、サニーで利用すると、いつでも購入代金が3%オフに。また、毎月5日と20日は5%オフとお得です。

店舗での買い物だけでなく、最近ではネットショッピングでポイントが貯まりやすいクレジットカードも登場しています。有名な「楽天カード」のほか、「Yahoo!JAPANカード」「Amazon MasterCardクラシック」など、それぞれのサイトでポイントが貯まりやすいクレジットカードがありますので、よく利用するショッピングサイトがあれば、選択肢に入れてみましょう。

その他にも、出張で飛行機や新幹線を頻繫に利用するなら、ANAやJALのマイルが貯まるカード、鉄道系のカードがおすすめです。自分の生活を思い返してどのような場面でクレジットカードをよく使うか考え、特典やポイント、使いやすさの面で選んでみましょう。

クレジットカードを一枚選ぶだけでも、抑えておきたいポイントはいくつもあります。自分に最適なカードを見つけ、お得に使いこなしてくださいね。

○■ 筆者プロフィール: 武藤貴子

ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーやマネーコラムの執筆を展開。独立後はネット起業のコンサルティングを行うとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。FP Cafe登録FP。