紅白歌合戦が行われるNHKホール

写真拡大 (全2枚)

 普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

アイドル、大御所…
もう見たくない顔ぶれが続々!

 今年も、紅白歌合戦に出場する歌手の顔ぶれが出そろいましたね。なかでも最注目は、12月19日に出場を表明した安室奈美恵! 豪華な出場者たちが、年の瀬のお茶の間を賑わせることでしょうが、安室奈美恵のインパクトに正直かすんでしまう人も多くなりそう。

この記事のすべての写真を見る

 そういえば、変わらないメンツに食傷気味だという意見も最近は耳にしますよね。古くは小林幸子、最近では和田アキ子のオファー見送りが記憶に新しいところですが、正直「見たくない」と思う歌手もいるハズ。そこでアンケート調査を試みました!(20〜30代の男女200人を対象にアイリサーチ調べ)

■ぶっちゃけもう見たくない紅白出場歌手ランキング
(2017年NHK紅白歌合戦の出場歌手46組から複数回答。※カッコ内の数字は出場回数)
1位 AKB48(10) 28.0%
2位 五木ひろし(47) 27.5%
3位 市川由紀乃(2) 27.0%
4位 島津亜矢(4) 24.0%
4位 丘みどり(初) 24.0%
4位 天童よしみ(22) 24.0%
7位 TWICE(初) 23.5%
8位 水森かおり(15) 22.5%
9位 E-girls(5) 22.0%
9位 石川さゆり(40) 22.0%
11位 三山ひろし(3) 21.0%
12位 三代目 J Soul Brothers(6) 20.0%
12位 福田こうへい(4) 20.0%
14位 山内惠介(3) 18.0%
14位 乃木坂46(3) 18.0%

 堂々の1位は、AKB48という結果に! 並みいるレジェンドを抑えての快挙(?)にファンは肩を落としているかもしれませんが、一部の熱狂的なファンに支えられるアイドルビジネスが、世間からどう見えているかをあらわした結果とも言えそうですね。

 そして2位は紅白出場47回を数える、レジェンド中のレジェンド、五木ひろし! 今回のアンケート対象者が20〜30代だけに、世代が合わないという見方もできるので、ある種納得ですよね。

 上位陣には初出場歌手も。「えっと、誰?」という評価の裏返しなんでしょうね。楽曲のセールスや配信数に頼らずに、老若男女さまざまな世代に向けて出場歌手を選ぶ、紅白ならではの現象ともいえそうです。

「知らない」「見飽きた」「実力がない」。
出場者にガッカリする理由

 さて、ではなぜ「見たくない」と感じるのか、それぞれを選んだ人から聞いた理由を見ていきましょう!

【1位 AKB48(10)】
「いっぱいいすぎて訳わからないし興味もわかない」(33歳男性・新潟県)
「すでに旬は過ぎていると思うから」(29歳女性・神奈川県)
「日本人の幼児性の象徴だと思うから」(26歳女性・東京都)
「単純に興味がないから(どちらかといえば嫌い)」(38歳女性・神奈川県)

【2位 五木ひろし(47)】
「もういいんじゃないかと思う」(29歳男性・大阪府)
「毎回同じで歌も全く売れていないから」(29歳女性・静岡県)
「演歌に興味ない」(26歳女性・滋賀県)

【3位 市川由紀乃(2)】
「名前も聞いたことがないから」(37歳女性・東京都)
「顔が思い浮かばないので」(35歳女性・島根県)
「知らない」(38歳女性・千葉県)

【4位 島津亜矢(4)】
「演歌はあまり興味がないので」(21歳女性・東京都)
「紅白にふさわしくない気がする」(32歳女性・大阪府)

【4位 丘みどり(初)】
「誰だか知らないので」(29歳男性・京都府)
「知らないから」(39歳女性・兵庫県)

【4位 天童よしみ(22)】
「演歌にそもそも興味が全く無いし、無駄に派手なだけでつまらないから」(27歳男性・千葉県)
「興味がないため」(31歳女性・愛媛県)
「嫌い」(29歳女性・神奈川県)

【7位 TWICE(初)】
「流行っていないし、なぜ呼ぶのかわからないから。選考基準が不明確で、恣意的に思うから」(33歳男性・静岡県)
「ゴリ押ししてるから」(35歳男性・千葉県)

【8位 水森かおり(15)】
※コメントなし

【9位 E-girls(5)】
「少女時代のパクリみたいな衣装と振り付けだし、可愛くない、曲も売れてないからなぜ出ているのか分からないから」(27歳女性・埼玉県)
「たいしたヒットもないから」(30歳女性・愛知県)
「特に秀でるものがないのに、ゴリ押しされているから」(34歳女性・大阪府)

【9位 石川さゆり(40)】
「紅白に出過ぎ。毎年『天城越え』『津軽海峡冬景色』を交互で歌っていてヒット曲の少なさに呆れて笑える」(38歳男性・福岡県)
「知らないから」(31歳女性・大分県)

【11位 三山ひろし(3)】
「知らないから」(30歳男性・広島県)

【12位 三代目 J Soul Brothers(6)】
「特に曲がヒットした記憶もなし、レコード大賞のスキャンダルでイメージもよくない」(39歳男性・愛知県)
「良い曲がないから」(33歳男性・東京都)
「うるさい 」(38歳女性・秋田県)

【12位 福田こうへい(4)】
「知らない人だから」(29歳女性・千葉県)

【14位 山内惠介(3)】
「知らないから」(30歳男性・広島県)

【14位 乃木坂46(3)】
※コメントなし

 やはりというかなんというか、「知らないから」という理由が飛び交う結果に。そのうえで「見飽きた」「ヒット曲がないのに」「実力が伴わない」といった理由が続いた印象です。

 とはいえせっかくの超巨大特番。常連は「偉大なるマンネリ」として、まったく知らない新人は「こんな人もいるんだ」くらいの軽い気持ちで楽しみたいもの。気にくわなかったとしたら、2017年の思い出として忘れちゃいましょう。なにせ、年の瀬ですからね!

<文 / 雛菊あんじ>