【第68回NHK紅白歌合戦、29日、リハーサル初日、NHKホール】総合司会の内村光良と、紅組司会の有村架純、白組司会の二宮和也が囲み取材に応じて、意気込みを語った。

 昨年に引き続いて紅組司会を務める有村。昨年は、紅組が勝利を収めた。内村からは「負けを知らない女」と称えられた。嵐のメンバーとしては、相葉雅紀に次ぐ、白組司会を務める二宮。「今年は勝ちたい」と意気込み、勝利の秘策として「審査方法」と明かし、報道陣の笑いを誘った。

 昨年は、審査方法を巡り、不明瞭な点があるとして話題になった。勝利をおさめた紅組司会の有村も当時「え? どういうこと?」と驚いた表情を見せ、その後、NHKが審査の内訳を発表するほどだった。

 これを踏まえてか、二宮は「気づいたら…。今年はそこからしっかりやっていきたい」と述べた。一方の有村も「私も負けたくない」と意気込み。両者の間を持つ内村は「あくまでも中立」と立場を崩さなかった。

 ちなみに、今回の審査方法は、視聴者審査員、会場審査員、ゲスト審査員、それぞれの投票数を合計した票数で勝敗を決める。ただし、視聴者審査員は、紅白出場歌手の各対戦ごとに投票。すべての投票は1票扱いとするとしている。