新生・比嘉真美子がイーグル女王に!(撮影:米山聡明)

写真拡大

鈴木愛の賞金女王、MVPの2冠達成で幕を閉じた2017年シーズン。各スタッツの1位になった選手を今季1年間、青木瀬令奈のキャディ、コーチを務めた大西翔太氏に解説してもらった。
【関連写真】恐怖に打ち勝ったアドレスがこれだ!
最多のイーグル数(アルバトロスを含まない)を叩きだしたのは、今季4年ぶりに優勝した比嘉真美子。去年の3個から激増し、全選手の中で唯一となる2桁の10個を記録した。
大西が着目したのはドライバーショットの回数が増えた点。2015年から昨年の中盤にかけてのスランプ時にはティグランドでフェアウェイウッドを握ることも少なくなかったからだ。ドライバーを握った方が距離が出て、イーグルを奪いやすいのは、火を見るよりも明らかである。
「悩んでいた2015年とか16年の前半は正直、クラブを無理やり振ってる感がありました。曲がることが怖がり、気持ちで負けてしまっていて、それでも“振らなきゃ”とスイングしていたように思います。フェアウェイウッドでも怖がってるような打ち方をしていましたが、まだドライバーよりはマシだったのかもしれません。その結果のクラブ選択なっていたのでしょう」
ジュニア時代からドライバーを得意クラブとしてきた比嘉が、どれだけドライバーを振ることを怖がっていたのか。それが分かるのが2015年の「ファイナルQT」。コース幅が全体的に狭く千葉県の中でも難易度の高い名門のコース・紫カントリークラブで行われたスコアを崩すことが許されない戦いで、比嘉はセッティングからドライバーを抜いた。結果として18位に入り、来季の出場権を得たがどれだけ苦渋の決断だったかは想像に難くない。
気持ちで負けると具体的にスイングはどうなってしまうのか、解説を続ける。「邪念があれば動きが止まります。つまり上半身と下半身の連動が取れなくなります。比嘉さんの場合は下半身が止まって、手だけが先に行ってひっかけてしまったり、それを嫌がって逆に体が開いて前傾角が崩れて、思い切り右に行ったりしていました」。ひどかった時には比嘉の『曲がること』への恐怖心がアドレス時から感じられるほどだったという。
そのアドレスが大きく変化した。「アドレスでの下半身の安定感、安心感、全体の雰囲気、オーラが大きくみえるようになりました。以前はアドレスから上体に力の入ったような気持ち悪そうな感じが見受けられましたが、今は感じられません。あの綺麗なアドレスの状態があれば打ち急ぎもなくなり、アライメントに対して狙ったところに狙っていけるはずです」
16年の後半、そして17年は自信を持って振れていた。「それが一番大事なことなんですよね。ここまでのレベルにくるプレーヤーはスイング技術云々よりも気持ちが重要です。今年はあそこに運ぶんだという気持ちが見えたし、しっかり自信を持って振れていました。今年の比嘉さんは間違いなく自分に勝てていました。それが今年の攻撃的なショットにつながったと思います。あれだけ振り切れれば飛ぶし曲がらない。そりゃイーグル数上位にになりますよね」
また、2016年からクラブ契約フリーであることも「振れるようになった理由の1つ」という。「ギアでスイングをカバーしている部分もあると思います。現在ドライバーはPINGの『G400 LS TEC』、フェアウェイウッドはキャロウェイの『GBB EPIC Sub Zero』と重心深度は深く、重心距離が大きい部類のクラブためフェースが返りづらい。フェースが必要以上に返りづらくなったので更に安心して振っていけるようになったと見ています」
「加えてPWを除いたウェッジを3本入れて、ショートゲームもストレスなく対処できるセッティングにしています。ギアの工夫も比嘉さんが良くなった理由。スイングとギアのマッチングが今年の成績やイーグル数につながったのでしょう」。キム・ハヌルやテレサ・ルーといった選手が取り入れているPWを含めたウェッジ4本体制も10個の二重丸を後押しした。
なお、昨年の1位は史上初となるシーズン3度のホールインワンを達成したキム・ハヌル(韓国)の8個だった。ちなみにその内、パー5で奪ったものは最終戦の1つのみ。如何にアイアンショットの精度が高いか分かる数字だった。
そのハヌルは今年は5個。ホールインワンは1つもなかった。
【2017年イーグルの獲得数ランキング】
1位:比嘉真美子 10個
2位:李知姫 8個
2位:上田桃子 7個
4位:テレサ・ルー 7個
4位:葭葉ルミ 7個
4位:穴井詩 6個
4位:?橋恵 6個
【2016年イーグルの獲得数ランキング】
1位:キム・ハヌル 8個
2位:鈴木愛 6個
2位:笠りつ子 6個
4位:柏原明日架 5個
4位:木戸愛 5個
4位:藤田さいき 5個
4位:堀琴音 5個
解説・大西翔太(おおにし・しょうた)/1992年6月20日生まれ。名門・水城高校ゴルフ部出身。2015年より青木瀬令奈のキャディ兼コーチを務める。2016年にはキャディを務める傍らPGAティーチングプロ会員の資格を取得した。プロゴルファーの大西葵は実妹。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃスイング見聞】4年ぶりVの比嘉真美子 体とクラブの同調が最大限のヘッドスピードを引き出す
初シード選手に聞く18のコト 川岸史果「比嘉さんから“ふーみん”って呼ばれてます(笑)」
比嘉真美子 本人不在の盛大な祝勝会を新聞で見て「不思議な現象(笑)」
比嘉真美子がプレーオフ制し4年ぶりV!「支えてくれた母と姉に感謝したい」
4季ぶりVの比嘉真美子「迷い吹っ切れた」 大山志保「今後に注目」【辻にぃ見聞】