西岡、内山がオーストラリアで練習をTwitterでそれぞれ報告

写真拡大

西岡良仁(日本/ヨネックス)と内山靖崇(日本/北日本物産)は28日、Twitterの公式アカウントで、オーストラリアでともに練習していると投稿した。日本人選手勢も2018年のシーズン開始に向けて準備を進めている様子だ。

西岡は現在、ランキングで166位となっており、膝の故障の影響もあったといえそうだ。対する、内山は2017年に、「楽天ジャパンオープン」ではマクラクラン勉(日本)とのペアでダブルスで優勝を飾るなど、目立った結果も残した。

両選手はこのほど、Twitterアカウントをそれぞれ更新。西岡は、内山との久々の練習を報告しながら、暑くなりすぎないでもらいたいという希望を投稿した。

内山も「今日はオーストラリアに着いて初練習」だとした上で、西岡との練習は久しぶりだと書き込んだ。

錦織圭(日本/日清食品)がツアーを離脱しており日本人の影がツアーでも薄くなる中、杉田祐一(日本/三菱電機)とともに存在感を示すことを期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2016年の「デビスカップ」の試合の際に、撮影に臨む西岡(右端)と内山(右から2人目)
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)