台湾メディアの中時電子報は28日、「日本スポーツ界の四大女神が記念撮影、福原愛が最高」と題する記事を発表した。中国メディアの海外網も同記事を転載した。写真は福原愛。

写真拡大

台湾メディアの中時電子報は28日、「日本スポーツ界の四大女神が記念撮影、福原愛が最高」と題する記事を発表した。中国メディアの海外網も同記事を転載した。中国でも台湾でも日本の著名スポーツ選手は高く評価されておりファンも多い。中でも中国や台湾と縁が深い福原の人気はやはり抜群だ。

元ゴルフ選手の宮里藍が27日にインスタグラムを更新し、フジテレビが30日に放送する番組に出演するとして、セットで撮影した自分自身とフィギュアスケートの浅田真央、サッカーの澤穂希、卓球の福原愛との写真を公開した。

中時電子報は宮里が投稿した写真を掲載し、4人を「日本スポーツ界の四大女神」と形容。日本のネット民から「豪華すぎる」などの声が上がっていると紹介した。

記事は、福原愛がチャイナ風の衣装を着ていたことにも触れた上で、日本人ファンからも「最高なのは福原愛。ママになったのに少女の味わいもある」などとして絶賛を浴びていると紹介した。

海外網は中時電子報の記事を転載し、福原愛について「1988年に日本で生まれる。幼年期から中国に来て卓球を学ぶ。中国語を流ちょうに話す。日本で知名度が高いだけでなく、中国の卓球ファンにも深く愛されている。2016年9月に台湾人卓球選手の江宏傑(ジアン・ホンジエ)と結婚することを発表。17年1月に台北で挙式。17年10月には女の子を出産」と、プロフィールを追加した。

中国では、対日感情が悪化した時期でも、国際的に活躍する日本人選手が高く評価される状況に特に変化はない傾向がある。自国と縁が深い福原愛は別格としても、水泳の北島康介に絶大な応援が寄せられたなどの例がある。

北島のファンという中国人に聞いてみたところ、「日本人選手が体格の勝る欧米やアフリカの選手に勝つことはすごいと思う。中国の不得意な競技種目なら、将来は中国人選手が活躍する希望も持てると思えてくる」との説明だった。(翻訳・編集/如月隼人)