ヤンググランプリ2017で優勝した鈴木竜士

写真拡大

 「ヤンググランプリ2017」(29日、平塚)

 107期生(2015年7月デビュー)以降の若手で争われるヤンググランプリ2017は、グランプリシリーズ2日目11Rで行われ、鈴木竜士(23)=茨城・107期・S1=が優勝した。

 打鐘前から先行態勢に入った吉田拓矢(茨城)を追って、最終3〜4角で内へ切り込み、2角3番手外並走から外を踏んできた太田竜馬(徳島)に踏み勝って先頭でゴール。優勝賞金505万円(副賞込み)を手にした。太田が2着、切り替えて鈴木を追った堀内俊介(神奈川)が3着に入った。

 ヒーローの鈴木は表彰式で「素直にうれしいです。(吉田)拓矢君の頑張りに尽きます。今年は成績が伸びなかったけど、こういう形で締めくくれて良かったです。来年はG1でしっかりと戦えるように頑張ります」と話した。