デジタル通貨導入によって、現金が使用できない世の中になったとしたら…?(撮影:尾形文繁)

【キーワード】法定デジタル通貨

法定通貨とは強制通用力をもつ(債務者が支払いのためにそれを使う場合債権者が受け取りを拒否できない)通貨。複数の国が法定デジタル通貨導入の検討を開始しており、スウェーデンはeクローネ導入の是非を2018年末をメドに決定する。

法定通貨をデジタル化すれば通貨の利便性が増すなどのメリットがあるほか、もし完全に紙幣や硬貨をなくせば通貨保有にマイナス金利をつけることができ、金融政策の幅が広がるという考え方がある。また、資金の流れが明確になるので反社会的経済行為の抑止に資する一方でプライバシー保護の観点から問題があるとの指摘もある。

【この小説のあらすじ】

政府・日銀は法定デジタル通貨eエンを導入し、日銀券は強制通用力を失った。1年間のeエンと円との等価交換期間が終了した。eエン導入により損を被った元相場師と元銀行員、振り込め詐欺師の3人は、日銀券は今後も使われ続け、その価値が上がっていくと予想し、日銀券の買い仕掛けを開始する。思惑どおり円の対eエン価格は上昇するのだが・・・。

店の名は"リスクラバー"

証券取引所の裏手から橋を渡り100メートルほどで路地に入る。そこから数十メートル歩いてさらに細い路地を折れると、中層ビルの立ち並ぶ界隈の谷間にひっそりと建つ平屋の古びたバーがある。店内は外観以上に古く、傷の目立つバーカウンターも、狭い店内に無理やりはめこんだかのようなソファ席も、小ぶりなアール・デコのシャンデリアもいかにも時代がかっている。


4日連続でお届けするこの連載の一覧はこちら

うすぼんやりとした光や、わずかにけぶった空気さえも数十年間変わることなくずっとそこにあるかのようで、初めて店に足を踏み入れた者は皆、時間旅行はこんなにも簡単だったのか、とため息をつく。

店の名は"リスクラバー"といい、昔は株式市場の相場師たちの溜まり場だった。カウンターの一番奥に座る男。宮崎大助。この店の数十年来の常連で、決まってこの席に座る。彼も昔は相場師だった。狙いをつけた株式を静かに買い集め、ある程度買いそろったところで大口の買いを仕掛けて株価を吊り上げる。そして他の投資家を巻き込み株価が十分に上がったところで売り抜ける。この手法で巨利を得る、いわゆる”仕手”を生業としていた。しかし、不公正取引に対する当局の目が厳しくなり、逃げ足の速い彼は仕手から足を洗った。

その後は優良株を探して中長期的に持つ健全な投資家となったのだが、ここ数年は売買をまったく行っていない。彼には極度のテクノロジー・アレルギーがあって、オンライン・トレードを使おうとせず、店頭取引のオンライン・トレードと比べた手数料の異常な高さや注文執行までの遅さがばかばかしくて売買をする気になれないのだ。

男が店に入ってきて、真っ直ぐに奥に進み宮崎の隣に座った。そして、前に立ったこの店のマスターにカクテルをオーダーしてから、言った。

「ミヤさん。とうとうお札がなくなるのですね」

「銀ちゃん」と、宮崎は男をあだ名で呼んだ。男の名を知らず、元銀行員であることから安易にその呼び方で呼んでいる。「この国も末だ。私のようなアナログ人間は死ねということか」

1年前、政府・日銀は法定デジタル通貨"eエン"を導入した。併せて日本銀行券と政府発行の硬貨は法貨としての地位を失い、1年のあいだeエンと円とは等価での交換が約束されていたのだが、その交換期間が先頃終了した。

「相変わらずeエンは使わないのですか」

「私はパソコンもスマホも使わないからな」

そう言って、宮崎はバーボンの水割りのグラスをなめた。

「電子端末がなくてもデビットカードやクレジットカードを使ってeエンでの決済ができるじゃないですか」

「決済通貨がeエンに切り替えられて、円で決済できなくなったからカードはすべて解約した」

「それは不便でしょう。まあ日銀券が使えるところは多いから死ぬことはないでしょうけど」

日銀券が法貨ではなくなったということは、すなわち強制通用力を失ったということだが、保有や使用が禁じられたわけではなく、取引の相手が日銀券での支払いを承諾するのであれば引き続き日銀券で支払いをすることができる。

街の飲食店で円を使えなくなるのも時間の問題

「eエンと円との等価交換が終わると同時に使える場所が一気に減ったよ。円ではバスや電車には乗れない。大手コンビニやスーパーも6カ月以内にeエンしか受け付けなくなるそうだ。街の飲食店で円を使えなくなるのも時間の問題だろう」

「電気代とか水道代とかはどうやって払っているんですか」

「払込用紙でコンビニ払いだよ。コンビニで円が使えなくなったらどうするかね。まるで備中高松城の水攻めだな。政府はアナログ人間のライフラインを絶って落城を待っているんだ」

マスターがカウンターのうえにカクテル・グラスを置きながら、

「最後はここへ逃げこんでください。うちはずっと円でもいいですよ」
と言った。宮崎は瞳だけを動かしてマスターを見上げて、

「しかしこれから円の価値は不安定になるぞ。eエンとの相対価格が日々動くようになる。それでもいいのか」

マスターはほほ笑み、

「じゃあ、日々のレートで計算して円で払っていただけるようにしますよ。面倒そうだけど、なんとかしましょう」

銀ちゃんが言った。

「eエンを使わないというのはミヤさんが自分で決めたことで、ミヤさんの問題はeエンを使いさえすれば解消するのだからまだいいですよ。僕なんかはeエンのせいで職を失ったのですからね。ずっと深刻ですよ」

フィンテック、すなわち金融面での技術革新により銀行は現金関連業務や資金決済など伝統的に担ってきた業務が大きく減って、支店網や人員の大幅縮小を実施した。銀ちゃんはそのために職を失ったのだ。

「eエンの導入がなくてもメガバンクは人員を大幅に減らさなくてはならなかった。いずれにしてもクビになっていたさ」

宮崎は口が悪い。しかし銀ちゃんは気にするふうでもなく、

「まあ、確かにそうなんですけれどもね」

と言いつつ、カクテル・グラスを傾けた。

「でもいいじゃないか。銀行を辞めてから立ち上げたビジネス・コンサルの仕事は順調なんだろ。eエンの導入で景気が上向くのなら仕事はますます増える。eエンの恩恵にあずかっているというべきじゃないか」

デジタル通貨ならばできること

eエン導入には諸々のメリットがあるが、なかでも政府が重視しているのが景気に対する効果である。デジタル通貨ならばたとえば1000万eエンのタンス預金を1カ月後には999万eエンにしてしまうようなこともできる。景気後退局面でこれをやれば消費を大いに刺激し、景気を強力に浮揚すると期待されるのだ。

もう1人、男が店に入ってきた。やはり真っ直ぐに店の奥まで進み、「ミヤさん、銀ちゃん、おそろいですね」と言いながら、銀ちゃんの隣に座った。マスターにビールをオーダーしてから「はあ」とため息をつき、「とうとうお札がなくなるんですね」と、感慨深げに言った。

銀ちゃんが笑い、「キンゾー」とこの男をあだ名で呼んで、

「たったいま僕が店に入ってきたときにまったく同じせりふを言ったよ。そしてミヤさんは『この世も末だ。もう死ぬ』と言っていた」

宮崎が反論し、

「『死ねということか』とは言ったが、『死ぬ』とは言っていない」

「死にそうなのはおれのほうですよ。eエンのせいで商売あがったりですよ」

キンゾーはスリ師で、そのほかにも振り込め詐欺や紙幣偽造、マネーロンダリングなどカネに関連する犯罪をあれこれ行っている。eエン導入により紙幣がなくなり、資金の流れが完全に透明になれば仕事がなくなる、と嘆いているのである。

銀ちゃんが言った。

「そりゃあきみの商売は大変になるだろうが、反社会的な行為に同情はできないな」

「職業差別はよくないですよ」

とキンゾーが抗議すると、宮崎が

「職業に貴賎なしと言うしな」

と同意して笑った。

キンゾーが財布から1万円札を取り出して、

「それにしても慣れ親しんだお札がなくなってしまうというのも、なんだか寂しい感じがしますね」

と、しみじみと言った。銀ちゃんが首を振り、

「なくなりはしないさ。いまさっきもマスターがこの店では日銀券での支払いを受け続けると言っていた」

銀ちゃんはそう言ってマスターに目で同意を求め、マスターは黙ってうなずいた。

「でも、じきに消えてなくなるんじゃないですか」

「どうかな。少なくともミヤさんのようなアナログ人間がみな死ぬまでは有り続けるだろうな」

宮崎は

「私が死ぬのを待っているんだろう」

と言って、銀ちゃんの頭をはたいた。

「円の価値は上がるぞ」

キンゾーは1万円札を、猫をかわいがるようになでながら、言った。

「でも、eエンとの等価交換期間のあいだにほとんどの円は交換されてしまっただろうし、eエンと円とが1対1という関係は終わったんですよね。円の価値は下がるのでしょうから、今後タンスの奥とか服のポケットから出てきた札も急いで交換されるでしょう。1年もすれば円札なんて見られなくなるんじゃないですか」

「どうして円の価値が下がると言えるんだ」

と、宮崎はすごみのある低い声で言った。

「えっ、いや、テレビとかでもそう言っているし、そうなるのが当然かと思ってました」

銀ちゃんが首を縦に振り、

「まあ、下がると考えるのが無難だろうなぁ。おカネには交換の手段、価値の尺度、価値の保存の3つの機能があるといわれるけど、円は強制通用力を失って交換手段としての機能は弱くなったし、価値の尺度としての機能はeエンに奪われてしまった。価値保存の機能も、これからは円の価値は変動するようになるから、頼りなくなる。それにそもそもお札は燃えるしいつかは朽ちるのだから、価値保存機能は金のほうがずっと優れている。円は諸々の機能を失ったのだから、少なくともその分の価値は下がるだろうな」

「そうだろうか」

と、宮崎がぽそりと言った。

「なんです?」

と、キンゾーが耳に手をあて、訊き返した。

「円の価値は上がるぞ。円を早々に交換した連中はあとで泣くことになる」

「どうして上がるんです」

宮崎はあごに手を当て考えてから、言った。

「当面円の価値は、銀ちゃんの言うように、おそらく下がる。でもそれは最初の数カ月だけだ。どこかで反転する。私のように円を使い続ける人間は多数いるはずだ。その数が過小に見積もられている。意外に多いと皆が気づけば下げ止まるはずだ。それにeエンはいまのデフレ経済下では毎年価値を減らしていくそうじゃないか。持っているだけで減ってしまうのなら、誰もが何か別のものに換えておこうと思うさ。その何かは株式かもしれないし、不動産かもしれないし、金かもしれない。しかし、投資に慣れていない連中は円札さ。慣れ親しんだお札を持っているのがいちばんいいと思うに違いない。人々はいったん手放した1万円札を買い求める。そして値段は上がる。どんどん上がる」

銀ちゃんが言った。

「確かにそうなるかもしれないけれど、どうですかねぇ。強制通用力のないお札なんてしょせんただの紙切れなんだし、結局は価値ゼロに近づいていくんじゃないですかねぇ」

「金だって、ただの金属だ。食べられるわけではない」

「そうですけど、金は劣化しないから」

宮崎は「ふふっ」と鼻で笑い、言った。

「今後円がどうなるかなんて、実のところ私にもわからないさ。しかしそれは、このまま何もしなければの話だ」

「どういうことです」

と、銀ちゃんはまゆをひそめて訊いた。

必要なのはありえそうなストーリーだけだ

「円の価値は上がると言ったが、言い直そう。『上がる』ではなく『上げる』だ。必要なのはありえそうなストーリーだけだ。ストーリーさえあれば価格は上げることができる」

銀ちゃんは「意味がわかりません」と言ったが、キンゾーはうれしそうな声で、

「なるほど。仕手ですね。円に仕手戦を仕掛けるんですね」

宮崎はうなずいた。

「そりゃあいい。円を早々に見限ったやつらに一泡吹かせて、そのうえカネを儲けられる。ねえ銀ちゃん」

銀ちゃんが聞こえなかったかのようにゆっくりとカクテル・グラスを口に運ぶと、キンゾーは、

「eエンのせいで銀行クビになって頭にきてるんでしょ。円がeエンよりも高くなれば、円のほうがeエンよりも価値があるってことでしょう。つまりはeエンの導入は失敗だったということで、政府は責任をとらなくてはならなくなる。痛快じゃないですか」

といって、銀ちゃんの背中を強くたたいた。銀ちゃんの歯がカクテル・グラスにカチリと当たった。

キンゾーが「円の仕手、やりましょう」と高らかに言って、ビールのグラスを銀ちゃんの顔の前に掲げた。

宮崎がそれに水割りをぶつけた。

銀ちゃんも重そうにカクテル・グラスを持ち上げ、ふたりのグラスに合わせて小さく音をたてた。

eエンと円との等価交換が終了したあと、両者のあいだでは外国通貨間のように交換レートが建てられて、時々刻々と変動するようになった。

円の価値は3カ月で10%低下した。ただ、3カ月を過ぎて低下は緩やかとなり、そのころから宮崎たちは円を買い始め、静かに買い増していった。宮崎は手持ちの株式をすべて売却して円の購入資金に充てた。いまだ半信半疑の銀ちゃんは、余裕資金の半分ほどを円に振り替えた。手持ち資金のほとんどないキンゾーは親戚から借りて円を買った。

1カ月後、宮崎たちは円の買い上がりを開始した。宮崎が債券などの流動資産のほか、自宅不動産をも処分して作った資金と、銀ちゃんが借り入れてきた資金を使って円を買い上がっていった。また、宮崎は昔の仕手仲間を引き入れ、銀ちゃんは銀行時代やコンサルティング会社経営での知り合いを巻きこんで、円買いの参加者を増やした。

上昇に勢いがつくと、群がる人々

円は上がり始め、上昇に勢いがついていった。円がしっかりと上昇していくのを見た人々が、円の向かう方向は上であると確信して円買いに群がったのだ。

ちょうどこのころ、eエンに年利0.5%のマイナス金利が適用されることになった。わずか0.5%といえども、時とともに所持金が減っていくと知った人々は大いに不安になった。消費を急いだが、手持ち資金のすべてを使い切ってしまうわけにもいかない。人々は円に目をつけた。半年前まで使っていた円札は券面に金額が印刷されているのだから減価することはないし、昨今円はeエンに対して高くなりつつあるというのだから、円に飛びつくのは当然のことだった。そしてこの行動が円をさらに押し上げた。

円は猛烈な勢いで上昇し3カ月後にはおよそ2倍となった。eエン導入以前に非法定デジタル通貨の“ビットマネー”が短期間に急騰したことがあったが、そのときとまったく同じような値動きであった。

強制通用力を失った円は投機の対象に成り下がったのだった。

宮崎は旅に出ることにした。仕手戦であれば最後は売り抜けなければならない。しかし、円を売ったあとにeエンを持つ気にもなれないので、売った円で何を買うかを考えなければならなかった。宮崎は、株式や不動産を買い戻し、残りは電子化されていない外貨を買って、その国に移住してしまおうと考えたのである。この旅行はそのための下見であった。

宮崎は深夜出発のフライトの前にリスクラバーに立ち寄った。

店にはキンゾーがいて、まだ8時前だというのにすでに相当の量を飲んでいるようだった。

1時間が過ぎ、空港に行こうと腰を浮かせたとき、キンゾーが絡んできた。

「ミヤさんはいいですよね。円でたっぷり儲けて海外移住ですか」

「おまえもそこそこ儲けたじゃないか」

「とんでもない。元手が小さいから微々たるもんです。元手がミヤさんの1000分の1だから儲けも1000分の1。車を買ったらなくなるくらいのカネですよ」

「そこそこいい車が買えるだろう。いいじゃないか」

「銀ちゃんに比べたって100分の1くらいでしょう。一緒に企画したのに、あまりに不公平じゃないですか」

「しようがないだろう。投資とはそういうものだ。それに一緒に企画したというが、円が値上がりする可能性を言ったのは私だし、円を買い上げようと言ったのも私だ。おまえが何を企画したんだ」

キンゾーは言葉を返せず目を伏せた。宮崎は、言いすぎたか、と思いながらキンゾーの肩をぽんぽんと2度たたき、口調を和らげて言った。

「すまんがもう空港に行かなくてはならない。私が留守のあいだのことはキンゾーに任せるよ。円はまもなく売り時だが、もうひと稼ぎくらいはできるだろう。私は昔の経験で今回のことを企画し、それで儲けたが、おまえは私のまねをする必要はない。おまえはおまえの経験を生かして円を増やす方法を考えればいい」

キンゾーは顔を伏せたままだったが、宮崎はもう一度キンゾーの肩をたたいて店を出た。

宮崎は1カ月間国外を巡った。インターネットを使わない彼は、その間一度も相場を見なかった。

1カ月のあいだに起きたこと

それから1カ月後、帰国した宮崎はその足でリスクラバーへ向かった。

店に入っていくと、いつもの自分の席に銀ちゃんが座っていた。

「そこは私の席なんだがな」

と銀ちゃんの背中に言うと、銀ちゃんは頭を掻きながら席を譲った。

「私がいないあいだ、どうだった」

と訊くと、銀ちゃんは、

「価格変動が激しすぎて円の使用を受け付けないところが増えているようです」

「そうか。それはまずいな。それで価格はどうだ」

「ほとんど上がっていません。この1週間に限っていえば、むしろ下がっています」

「出掛ける前、キンゾーに留守のあいだは任すと言ったんだが、なにもできなかったということか」

「キンゾーには無理でしょう。僕はここ1カ月、やつの顔をまったく見ていませんよ」

「なにをやっているんだ。あいつは」

銀ちゃんがカウンター越しに、

「マスター。キンゾーは最近店に来たかい」

と聞くと、マスターは入り口のほうを見て、

「うわさをしたら、いらっしゃいましたよ」

キンゾーは上機嫌で「ミヤさん、銀ちゃん。久しぶり」と言って、銀ちゃんの隣に座った。

「機嫌がよさそうだな。なにかいいことがあったのか」

と銀ちゃんが聞くと、キンゾーは、

「まあ、そうですね」

と、もったいぶった。

「おい、はっきり言えよ」

と銀ちゃんが急かす。キンゾーは「うひひ」と、品のない笑いかたをして、

「円が上がってミヤさんが大儲けして、銀ちゃんもそこそこ儲けて、元手がないおれだけが儲けられないんで腐ってたんですけど、ちょっとは取り返せました」

「なんのことだ」

と銀ちゃんが聞くと、

「ミヤさんに言われたことをしただけですよ。ねえミヤさん」

「私の言ったこと?」

と、宮崎は首をひねった。

「おれの経験を生かして円を増やせって言ったじゃないですか」

「わからんな」

と、宮崎はさらに深く首をひねった。

ぎりぎりで保っていた均衡だった

「偽札ですよ。以前から知っている偽札師に円の偽札を作らせているんです。先週にその第1弾が出来上がってきて、ここ1週間ぜいたくをしているというわけです」

宮崎が声を荒らげた。

「偽札だと。なにをばかなことをやっているんだ」

「大丈夫ですよ。もう日銀券は法貨じゃないから通貨偽造罪にはならないんですよ。ねえ銀ちゃん。そうでしょ」

「えっ、まあ、そうだな」と、銀ちゃんは戸惑いつつ考えて、「日銀券は金融商品取引法に列挙されていないから同法上の有価証券にはあたらない。なにかの権利を表章しているわけでもないから私法上の有価証券でもないだろうな。だから有価証券偽造罪にもならないと思う」

宮崎が遮り、

「そういう問題を言っているんじゃない」

キンゾーが言った。

「じゃあ、円札が増えれば価格が下がると心配をしているんでしょ。大丈夫ですよ。この1週間で使った枚数は大した数じゃないですし」

「それも違う。ああ、なんてことをしてくれたんだ」

宮崎はそう言って、頭を抱えてカウンターにうつぶした。

宮崎の予想は的中した。

市中で日銀券の偽札が使用されたということが報道され、信用が失墜した円の価格は急落した。eエンとの等価交換がなされていたときの水準をも下回り、下げ止まる気配はいまだない。

キンゾーはまもなく詐欺罪で逮捕された。