羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月のGPロシア杯で演技後の“絶景”が話題

 2017年のスポーツ界を沸かせ、記憶に残った様々なシーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月にフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・ロシア大会に出場した羽生結弦(ANA)の「“プーさんの海”現象」。今季のGP初戦で演技後に投げ込まれたプーさんでリンクが黄色く染まり、その様子を海外メディアが動画付きで公開。「プーさんの雨が降り注いだ」と紹介するなど、話題を呼んだ。

 一瞬にして、銀盤が黄色く染まっていった。10月、GPファイナルのショートプログラム(SP)。ショパンの「バラード第1番」の音色に合わせて演じ切り、最後に渾身のポーズを決めた。一斉に降り注ぐ喝采。日本からも多くのファンが詰めかけた客席に頭を下げると、次の瞬間、黄色いぬいぐるみが降り注いだ。ディズニーキャラクターの「くまのプーさん」だった。

 その様子は、まるで雨が降っているかのようだった。あっという間にリンクは様変わり。あまりの多さに、拾い上げるフラワーボーイ&ガールも懸命な様子。なんとかすべてを回収し、ようやくリンクは元通りの光景に戻っていったが、ある意味、羽生らしい光景に海外メディアも注目したのだった。

「プーさんの海」現象を、米スケート専門メディア「icenetwork」は「その直後、プーさんが宙を舞っている」と公式ツイッターに動画付きで紹介。映像を見ると、瞬く間に100〜200個はあろうかという数が投げ込まれている。映像を見た海外のファンも「プーさんの雨が降り注いでいる」と驚いた声も上がっていた。

海外メディアも注目「プーさんの雨が降り注いだ」「ユヅルのいつものシーン」

 さらに、米NBCスポーツは「例外なく、敬愛に満ちた観客から氷上にプーさんの雨が降り注いだ。彼らの多くは日本からやってきている」と紹介。同局のニック・ザッカルディ記者は「ユヅル・ハニュウによるスケート後のいつものシーン。そして、今回は五輪シーズンにおける最初のグランプリシリーズ後の光景でもある」と羽生にとって“風物詩”であることを伝えている。

 羽生自身、プーさんの大ファンを公言。近年は実力の高まりとともに日本のみならず、海外のファンからも投げ込まれるようになり、演技後の象徴的なシーンになっていた。それが、GPシリーズ初戦ということもあり、話題に。また、回収し終えた長髪のフラワーボーイが自身で書いた絵をプレゼントしたシーンも注目されていた。

 GPシリーズ初戦を2位で終えた羽生だったが、続いて予定していた11月のNHK杯の前日練習中に右足首を負傷して大会を棄権。12月のGPファイナル、全日本選手権も欠場するという苦しい決断を強いられたが、来年2月の平昌五輪の代表メンバーに選出された。66年ぶりの連覇がかかるリンクも「プーさんの海」となるように、ファンを魅了する演技を期待したい。(THE ANSWER編集部)