三代目JSB今市隆二がソロプロジェクトについて語る! 清水翔太との音楽談義&Crystal Kayとのパフォーマンスも

写真拡大

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二とベッキーがMCを務める『LOVE or NOT♪』第16回が、12月29日午前1:00よりdTVとFODで同時配信スタート。ゲストに清水翔太を迎え、音楽についての談義やプライベートのエピソードを明かすほか、後半にはCrystal Kayとのコラボで話題になった「Very Special」の歌唱を披露。今市隆二ソロプロジェクトの情報も公開された。

『LOVE or NOT♪』第16回 画像(全6枚)

 ベッキーが「今市さんは、ボーカルバトルオーディションで「HOME」を歌ったんですよ!」と話し、今市が「自分が三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEに入るきっかけとなったオーディションの課題曲で、EXILEのATSUSHIさんが合うんじゃないかということで(清水翔太の)デビュー曲「HOME」を歌いましたね」と思い出のエピソードを語ると、清水は「知っていました。歌も見ましたね。僕のファンの子が動画を送ってきてくれて」とコメント。今市が見られていることに対して「どうだったんだろう。(当時)まだデビューしてなかったんで」と不安げに話し、清水は「上手ですよ。自分は歌いたくない曲なんですよ。むずくて……」と名曲「HOME」の難しさを語った。

 さらに、今市から「そのとき一番聞いていた曲はなんですか?」と問われると清水は、「一番最初は、アニメの曲だったり、ジブリとか…そこから割と流行っている曲とか聞くようになって当時、T.M.Revolutionさんが一番好きなアーティストさんで、初めてライブにいったのもT.M.Revolutionさんで…大好きだったんですよ。「WHITE BREATH」が売れてる時代に、テレビで見て好きになって……そういう感じでテレビで見ていいと思った曲を歌うようになったって感じですね」と語った。また、始めて買ったCDについては、「広瀬香美さんの「promise」という曲で、すごいいい曲だなと思って……冬の曲すきなんですよね」と話した。そのほか、今市と清水がR&Bについて、清水がコラボの魅力について、さらに今市と清水とのコラボが実現したときのコラボイメージなど盛りだくさんの内容となっている。

 また、2018年よりソロプロジェクトを開始し、1月から3か月連続で楽曲を配信する今市は、レコーディングした曲について、「ブライアンの家にホームステイした曲やその前に作った曲を歌っているので、三代目では感じないソロの味を出した曲を提供していきます」と明かす。ミュージックビデオについて聞かれると、「2本海外で撮っていて、新しい挑戦というか、三代目の時とは違う、演技調のものにも挑戦しているので楽しんでもらえるかなと思ってます」と話した。グループとソロとしての活動の違いについて聞かれると、「普段とは違い、1人で撮影にも挑んで大変だったんですけど、グループとしての活動とソロの活動の違いを見て楽しんでほしい」と語った。

 そんなソロプロジェクトを前に今回、今市がCrystal Kayとともに、Crystal Kay feat.今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)「Very Special」を歌唱。Crystal Kay本人との対談でも「(三代目の)ライブで今市さんが歌っている瞬間を見て、歌や音楽に対しての愛や情熱が伝わってきて、一緒に歌えたらいいなと思って」とオファーして実現された「Very Special」がアコースティックバージョンで届けられる。


◎配信情報
『dTV×FOD MUSIC PROGRAM 「LOVE or NOT♪」』
12月29日(金)午前1:00より第16回が配信中
特設サイトURL:http://bit.ly/2DiF4ND

◎バンドメンバー募集情報
2018年2月、LOVE or NOT♪イベント開催決定!
(イベントの詳細は近日公開予定!)
■プロ・アマ、年齢・性別、自薦他薦を問わず
■アマはフジテレビ動画投稿サイト「DREAM FACTORY」より動画で応募
■プロは関係者に連絡を! お近くの番組・事務所関係者にご一報下さい!
■締め切り:2017年12月31日23時59分まで
■詳しくはLOVE or NOT♪情報ページ、もしくはオフィシャルツイッターへ
※「作品説明」の欄に担当希望楽器・楽器歴・意気込みをご記入下さい
※「権利物」の欄に氏名・生年月日・連絡先電話番号をご記入下さい
※ お送りいただいた情報はLOVEorNOT♪番組スタッフと共有させて頂きます
※ 連絡先などの個人情報は本企画の選考・連絡以外には一切使用しません