【第68回NHK紅白歌合戦、29日、音合わせ、NHKホール】音合わせの合間には囲み取材がおこなわれた。6回目の出場となる関ジャニ∞は「なぐりガキBEAT」を披露する。囲みにはメンバー全員が参加。丸山隆平はこの日のために衣装を新調。黒を基調に白の水玉模様が入ったシャツが印象的な姿。笑みをこぼしながら襟を立てた。

 村上信五は今年1年を振り返り「非常に充実した1年でした。ドーム(五大ドームツアー)や野外フェスに参加させて頂いたり、アルバム(『ジャム』)も出せて、満足のいく1年を過ごせた」と語った。

 関ジャニ∞は、今年5月におこなわれた野外ロックフェス『METROPOLITAN ROCK FESTIVAL2017』にロックバンドとして、自身初のグループとして出演している。渋谷すばるはフェスへの参加は貴重だったとして「初体験がみんなで出来たのが経験として大きかった」と語った。

 そのフェスでは、ロックファンにも受け入られて盛り上がったが、渋谷は「ありがたいことに、みんなに知ってくださっているんだなというのが(実感できた)」とし、男性ファンが増えたのではないかということについて「そうですね。ライブをやっていても男性の方の声が聞こえてくる。それが年々大きくなっている。嬉しいですね」と実感。

 今年を漢字一文字で表すとという問いには、安田章大が代表して「初」を選んだ。その理由を「13年間やってきたなかで今年、初めてのことが多かった。今後も初めてのことを続けていきたいなという思いも込めました」とまとめた。

 一方、紅白のステージではコラボも見どころの一つだが、村上は「毎年ね、そういう演出もあって。誰と絡むのかも見どころの一つとして見ていただきたい。楽しい感じになると思います」と語った。