豊かな食のイーハトーブ「いわて銀河プラザ」

写真拡大 (全4枚)

イーハトーブとは、岩手県を代表する作家・宮沢賢治による造語で、賢治にとって理想郷のこと。賢治自身がイーハトーブについて具体的に書き記しているわけではありませんが、『注文の多い料理店』の広告チラシで、

「イーハトヴとは一つの地名である。強て、その地点を求むるならば、大小クラウスたちの耕していた、野原や、少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、テパーンタール砂漠の遥かな北東、イヴン王国の遠い東と考えられる。実にこれは、著者の心象中に、この様な状景をもって実在したドリームランドとしての日本岩手県である」

と書かれています。ときに牧歌的で、ときに圧倒される、岩手県の大自然に触れるたび、賢治が思い描いた理想郷を思わずにいられません。
岩手県は、日本の都道府県の中でも、北海道に次ぎ2番目の広さ。太平洋沿岸の海岸線は入り組んだ形でリアス式海岸と呼ばれ、魚介類に恵まれた地域は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のメインのロケ地として話題になりました。
面積が広大な分、県北、県央、県南、奥羽山系、三陸海岸と、地域によって食文化が異なり、岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」にも、たくさんの食材が並んでいます。全体的に冷涼な気候なので、古くから米に代わり雑穀中心の食文化が根付いてきましたが、北上川流域の平地には稲作地域が広がり、餅料理が充実しています。
以前、盛岡を旅したとき、戦後まもなく発足した歴史ある自然食品店で、明治時代に建てられた黒漆喰の土蔵造りの風格ある建物「盛岡正食普及会」に立ち寄りました。今のように食生活が豊かでなかった時代に、より自然に近いもの、より体に優しい食べものを提唱してきた老舗。そこに並ぶ、丁寧に作られた食料品を眺めながら、岩手県が、食べることに対して、実直な考えを持つ土地柄・人柄であることを感じました。
「いわて銀河プラザ」には、旅のパンフレットコーナーもあります。大自然や人の温かさに触れたくなったときは、岩手県へ。その前に、「いわて銀河プラザ」にも。
「サクサク有機玄米と雑穀」尾田川農園
日本一の雑穀生産量を誇る「雑穀王国」岩手県では、古くから米に代わる日常食として、アワやヒエをはじめ、さまざまな種類の雑穀が栽培されてきました。岩手県を代表する作家・宮沢賢治の作品にも、アワやキビなどを使った雑穀だんごが登場します。
炊飯用の雑穀や、雑穀を使った食品が多く並ぶ「いわて銀河プラザ」。ミネラルや食物繊維をたっぷり含む雑穀商品を求めて来店する、健康志向やダイエット中の人も増えてきたそう。
数ある雑穀商品の中でも、普段の食生活に手頃に取り入れやすいのが、尾田川農園が作る、せんべい状のシリアル「サクサク有機玄米と雑穀シリーズ」。無添加・無調味(油・塩不使用)で、雑穀以外食品添加物を一切使用しておらず、低カロリーです。
「サクサク有機玄米と雑穀」の原材料は、アイガモ有機農法で育てられた有機玄米と、タカキビ、大麦、イナキビ、アワ、ヒエ、アマランサスのみ。ほんのり甘いので、そのまま食べることもできますが、ひと工夫でさらに違った味わいに。
スープに加えればリゾットに。野菜、ジャム、チーズ、惣菜を上にのせるだけで、おやつやおつまみに早変わり。このあと紹介する、「ドライトマトオリーブオイル漬」とも好相性です。他に同シリーズで、「サクサク有機玄米とはと麦」や「サクサク有機玄米と赤米・黒米」などもあります。
「岩泉ヨーグルト」岩泉乳業
2016年の8月、台風10号の豪雨で工場が浸水し、一時期生産ができなくなっていた、岩手県で人気のヨーグルト・岩泉乳業「岩泉ヨーグルト」。2017年の11月から、「いわて銀河プラザ」でも、販売が再開されました!