韓国で動員550万人突破『ミッドナイト・ランナー』公開決定 笑いありアクションありの予告編も

写真拡大

 パク・ソジュン&カン・ハヌルW主演作『ミッドナイト・ランナー』が、2018年3月24日より公開されることが決定。あわせて、予告編とポスタービジュアルが公開された。

参考:松江哲明の『哭声/コクソン』評:“映画のミステリー”を成立させたナ・ホンジン監督の手腕

 本作は、韓国で動員550万人を突破したアクション・エンターテインメント。警察大学で勉強し始めて2年になる熱血学生、行動派のギジュンと頭脳派のヒヨルが、外出先で偶然目撃した拉致事件を、自らの足で直接捜査し始める模様を描く。

 頭で考えるよりも行動が先走ってしまう血気盛んなギジュン役を『ビューティー・インサイド』のパク・ソジュン、常に原理原則を考えて理論のみを掲げるヒヨル役を『二十歳』のカン・ハヌルがそれぞれ演じる。

 このたび公開された予告編には、ギジュンとヒヨルが通う警察大学の様子や、2人が偶然にも拉致現場を目撃するシーンのほか、専門書籍から得た知識と若さだけを頼りに実践捜査に着手したり、血だらけになりガタガタと震えながらも事件に立ち向かったり、裸で天井から吊るされたりしている2人の姿を収録。

 一方のポスタービジュアルには、“捜査の3大要素は“情熱・執念・本気”!?”というキャッチコピーとともに、親友であるギジュンとヒヨルが、全身を汚しながらも微笑んでいる姿が捉えられている。

 なお、2018年1月6日より特別鑑賞券が発売されることも決定した。特典として、ギジュン(パク・ソジュン)とヒヨル(カン・ハヌル)のオリジナルポストカードがプレゼントされる予定だ。(リアルサウンド編集部)