カブスのアンソニー・リゾ【写真:Getty Images】

写真拡大

懸命な投手、棒立ちの走者…MLB公式サイト、今季の「名シーン動画」特集で再び反響

 トッププレーヤーが集う米大リーグは今年、アストロズが悲願の世界一を達成し、幕を閉じたが、その裏では印象に残る数々の名シーンが生まれた。MLB公式サイトは今年紹介した「名シーン動画」特集を掲載し、全米で爆笑を呼んだシュールな牽制を紹介。当時、ファンが「助けてくれ、笑いが止まらない」「野球シーンで史上最もおかしな出来事」と抱腹絶倒となった動画が再び反響を呼んでいる。

 画面が切り替わった瞬間、全米の目が点になった。笑撃のプレーが起きたのは、8月27日のフィリーズ―カブスの一戦。3点リードして迎えた5回のカブスの攻撃、無死一塁の場面だった。

 マウンド上のフィリーズ右腕ピベッタは打者ラステラと対峙、一塁走者は決して俊足ではない強打者のリゾだった。すると、警戒していないと見せかけ、意表を突いて瞬時にプレートを外し、一塁牽制を狙った。素早い送球、タイミングはどうか――。そう思った次の瞬間、切り替わった画面は信じられない場面を映し出していた。

 一塁走者リゾは両手を下ろし、左足でベースを踏んだまま、直立不動で立っていたのだ。しかも、投手方向は見ているものの、ぼーっとすらしている様子で、ボールが来ても微動だにせず。一塁手が捕球しても、まるで他人事のように反応を示さず、視線を遠くに向けてしまった。ボールはピベッタにゆっくりと戻されていった。

 リードしていないのに懸命な牽制球を投げてしまった投手と、牽制球が来ているのに微動だにしなかった走者。一瞬にしてスタジアムはざわつき、中継している実況、解説者も「ハッハッハッ」と声を上げ、しばらく笑いが収まらない様子だった。

ファンに笑撃続々「底抜けに面白い爆笑モノ」「笑いすぎて発作を起こした」

 まさかの珍場面は爆笑を呼び、決定的瞬間をMLB公式ツイッターが動画付きで紹介。当時、シュールすぎる映像を見たファンから瞬く間に笑撃が広がっていた。

「助けてくれ、笑いが止まらない」

「これは抱腹絶倒だ」

「底抜けに面白い爆笑モノ」

「最高に面白い」

「笑いすぎて発作を起こした」

「野球シーンで史上最もおかしな出来事」

 このようにコメントが殺到し、試合の結果以上に大きな話題を呼ぶことになった。

 今回のMLB公式サイトの特集でも「アンソニー・リゾはどこにも行ったりはしない」と紹介し、「リゾは野球界で最も恐れられる強打者の1人だ。最も恐れられる盗塁者というわけではない。しかし、それにも関わらず、フィリーズは警戒心を緩めずにいたようだ」とユーモアを交えてレポートしている。

 ピペッダにとっては、予期せぬ形で今季のメジャーファンにインパクトを残すことになってしまった。(THE ANSWER編集部)