日本を訪れる外国人旅行客が驚くことの1つに「自動販売機」の多さが挙げられる。確かに日本ではいたるところに飲料水やタバコの自販機が設置されていて、いつでも気軽に飲み物を買うことができる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる外国人旅行客が驚くことの1つに「自動販売機」の多さが挙げられる。確かに日本ではいたるところに飲料水やタバコの自販機が設置されていて、いつでも気軽に飲み物を買うことができる。

 日本自動販売機工業会によれば、2016年末時点の日本国内の自販機設置台数は494万1400台で、全体の50%を飲料自販機が占めた。また、自販機によって販売・提供された商品・サービスの売上金額は4兆7360億3470万円に達したという。自販機の普及台数の世界1位は米国だが、米国は広大な国土と日本を大きく上回る人口を抱える国であり、1人あたりの自販機設置台数で見れば日本が米国を上回る。

 中国も近年は空港や主要駅で自販機を見かける機会が増えてきているが、街中ではまだほとんど見かけないが、これはなぜなのだろうか。中国メディアの36氪はこのほど、米メディアの指摘を紹介し、中国は日本のように自販機が普及する条件を備えていないためだと伝えている。

 日本自動販売機工業会によれば、同じ自販機であっても「米国は日本ではあまり見られない食品の自販機が多い」、「日本は米国では少ないタバコの自販機が多い」など、日米で違いがあるという。つまり、自販機で販売されるモノには国によって違いがあり、消費者のニーズにも違いがあることが分かる。では、中国に「自販機」が少ないのは、消費者の自販機に対するニーズ自体が存在しないためなのだろうか。

 記事は、中国と日本の違っている点の1つとして「犯罪率」を挙げ、日本は世界でもっとも強盗の少ない国だと紹介。自販機には大量の商品のほか、現金も入っているが、日本であれば自販機が壊され、商品と現金が盗まれる心配がないが、中国ではまだ自販機が広く設置できるほど犯罪率が低くないと指摘。

 また、人口密度が日本ほど高くないため、1台あたりの自販機での売上高がさほど見込めないこと、労働コストが安いため、自販機を設置する動機が働きにくいことも「中国で自販機が普及しない理由」の1つであると伝え、中国は日本のように自販機が普及する条件を備えていないと紹介した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)