記事制作/ザテレビジョン

写真拡大

12月29日、「夫婦円満バラエティ 妻は怒ってます」(フジテレビ系)が放送された。芸能人妻が問題を抱える夫婦のお宅を訪問、妻の悩みを夫にぶつけてもらう番組。今回、芸能人妻として、アンミカ、くわばたりえ(クワバタオハラ)、丸岡いずみが登場、それぞれの夫婦が本音をぶつける場面に立ち会った。中でも、くわばたは夫婦の口論を聞くうちに、自身の離婚の危機を明かした。

【写真】夫の一挙手一投足に「イライラ」していたというくわばたりえ(写真左)

くわばたは、夫に「今まで離婚って考えたことってある?」と何気なく聞いたことがあるそう。すると夫は「ある」と即答。時期は1人目ができた後だったという。

原因は、くわばたの育児ストレス。くわばたの夫はすごく優しいのだが、当時のくわばたは夫の一挙手一投足に対して「何やってもイライラ」していたと当時の心境を明かした。皿洗い中の夫が鼻歌を歌っているときも「何楽しそうやねん!」と思ってしまったという。

1日中泣き止まない子どもをだっこしている日に、帰宅した夫が「泣いてる顔がかわいい」と言った時は、とてもイライラしたそう。

くわばたは「この子、1日中泣き止まなくて抱っこしてたん知らんやん」と怒りを爆発させたエピソードを話した。

育児によるストレスを夫にぶつけていたくわばた。離婚を踏み止まれた理由に、夫が「産後の私を理解してくれたと思う」と話していた。自身の経験を教訓に、円満な夫婦仲には夫の理解が必要だと諭していた。(ザテレビジョン)