パンラボ池田さんが振り返る、2017年のパンにまつわるグルメスポット

写真拡大 (全5枚)

今年も多くの種類のパンを食べてきた池田さんに、なかでも印象に残っているお店を聞いた。どれも個性的でアイデアあふれるラインナップ。

【2017年の感動レストラン】


今年も残すところ、あとわずか。2017年も多くの新店が誕生し、食のトレンド情報が飛び交いました。そこで、最新グルメ情報を熟知した食べログマガジンの執筆陣が聞く、今年一番印象に残ったレストラン企画。今回は、「パン百名店」にて連載中のパンラボ池田さんが登場。パンにまつわるおいしい思い出を振り返る。

◇プロフィール

池田浩明(いけだ・ひろあき)

ブレッドギーク(パンおたく)、パンライター。パンの研究所「パンラボ」主宰。パンを食べまくり、パンを書きまくる。主な著者に『パンラボ』(白夜書房)、『パンの雑誌』(ガイドワークス)など。http://panlabo.jugem.jp/

Q 2017年で一番印象に残ったレストランは?



A 東京・富ヶ谷にある「ヨル15℃(ヨルジュウゴド)」です。


人気ベーカリー365日の姉妹カフェ15℃が、夜になるとヨル15℃と名をかえ「新アメリカ料理」レストランとしてリニューアル。素材を活かした料理に得意のパンを融合。「パン寿司」など衝撃メニューの数々が忘れられません。

Q もう一度食べたいパンは?



出典:straycat...さん

A スタンドバインミー(学芸大学)の、プレミアムバインミーです。


Q 2018年の気になるフードトレンドは?


A 石臼と全粒粉。


家庭でも店(ベーカリー、スイーツ、ラーメン、ピッツァ、お好み焼きetc)でも、農家から直接届いた小麦(ライ麦、そば、穀物etc)を自家製粉し、フレッシュな状態で使う。そんなスタイルが気になります。

池田さんの記事を読む


パンラボ 池田さんと考える、今気になるパン屋さん

パンで味わう日本のテロワール。パンラボ 池田さんが選ぶ、国産小麦を使うパンの実力店