日本を訪れる韓国人が増え、「日本好き」や「日本通」も増えていることにより、韓国のスーパーマーケットの棚に変化が見られるようになっている。写真は韓国のインスタント麺売り場。

写真拡大

2017年の訪日韓国人客は11月までの累計で前年同期比40.6%増、646万人余りに達し、韓国国民のおよそ8人に1人が今年一度は日本を訪れた計算となった。繰り返し日本に通う「日本好き」「日本通」も相当数に上るとみられるが、こうした人たちの増加が韓国のスーパーマーケットの棚に少しずつ変化をもたらしているという。

訪日韓国人の多くが日本土産にしていると言われるのが、日本の食品だ。特に種類豊富な菓子類が人気で、コンビニエンスストアやドラッグストアで「爆買い」する人も多いという。このほど釜山日報の記事に登場した釜山市在住のソさん(26)もその一人。日本旅行で初めて食べた米菓「ふんわり名人」(越後製菓)の味と食感に「はまり」、帰国後も何度となく思い出したそう。そして最近、釜山の自宅近くのディスカウントストアで「ふんわり名人」を見つけ、「うれしさを禁じ得なかった」そうだ。

韓国のスーパー大手「イーマート」によると、釜山市中心部にある店舗では、「ふんわり名人」が1日平均50袋売れているという。今年1月以降、同シリーズ2種の販売数は合計で1万5000に達した。

またUHA味覚糖のグミ菓子「コロロ」も人気。こちらの商品はイーマートの釜山地域の店舗だけで今年に入り2万3000個が売れたそう。コロロ人気のおかげで、菓子全体の売り上げの伸びが0.6%にとどまる中、グミを含むゼリー類では14.6%も伸びたそうだ。

韓国の食品メーカー・プルムウォンは、日本ならではの味として人気の「豚骨ラーメン」を自宅で味わえるよう、袋麺商品「生麺食感 豚骨ラーメン」を発売した。日本の「伝統的な」豚骨スープの製法にのっとりながら韓国のみそを加えるなど工夫を凝らし、韓国人で苦手な人も多い日本のラーメン独特の脂っこさを抑えたという。また麺は韓国では揚げ麺が一般的だが、ノンフライ麺を使った。

日本で豚骨ラーメンといえば韓国では福岡生まれの「一蘭」が最も有名だが、今回のプルムウォンの新商品を試した人からは「一蘭のラーメンと味がそっくりだ」「わが国の袋麺の技術がここまで来たんだね」など、SNSに好評が相次いで投稿されているそうだ。(編集/吉金)