【第68回NHK紅白歌合戦、29日、音合わせ、NHKホール】『第68回NHK紅白歌合戦』制作総括CPの矢島良氏は報道陣による囲み取材に応じた。来年9月に引退する安室奈美恵。「Hero」を歌うことがこの日、発表されたが、同氏は“スペシャルな空間”で生中継をおこなうとしながらも、演出は現在協議中だと語った。

 矢島氏は曲順について「演出上最適だと思える順番で決めた」と語り、特別企画として、今年放送されたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の紅白特別編をオリジナルのスピンオフという形を放送する予定であるとした。このなかで、桑田佳祐は主題歌である「若い広場」を神奈川・横浜アリーナから届けるという。

 安室奈美恵に関しては「Hero」を歌う。場所については、会場のNHKホールではなく“スペシャルな空間”ということにとどめた。「Hero」決定の背景には、今年の紅白のテーマである「夢を歌おう」に則して話し合いの中で決めたという。なお、安室の登場は夜11時台になる予定。前もって発表された内容では、43番目の氷川きよしの後に登場する。安室の後には桑田が続く。

 矢島氏は演出についてはまだ協議中だと言い、「ラスト紅白というメモリアルな舞台なので、そういうスペシャルな空間で歌って頂きます」と語る。今年は、司会者の顔合わせがおこなわれなかったが、その理由として「今年はスケジュールの都合上、場所を設けての顔合わせはおこなわなかった。来年はまた様子を見て決める」と述べた。