WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

残念?待望? ボワイヨ戦でスーパーフライ級卒業も…米記者陣の“本音”に直撃

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)にとって、30日に行われる同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)戦がスーパーフライ級での最後の防衛戦になりそうだという話が聞こえてくる。現代のスーパーフライ級は全階級を通じても屈指の層の厚さ。そんな背景を考えれば、井上が本当に来春にもバンタム級に上がってしまうとすれば、少々もったない気はしてくる。

「2月24日に予定されるWBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)対ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)戦の勝者との対戦が叶わぬまま昇級するとすれば、やはり残念ではある。スーパーフライ級にはローマン・ゴンサレス(ニカラグア)、エストラーダ、カルロス・クアドラス(メキシコ)、ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)、シーサケットといった多くの強豪が属している。結局、井上はその誰とも対戦しないことになる」

「UCN.com」のショーン・ナム記者のそんな言葉通り、井上はこれまで6度の防衛は果たしてきたが、ビッグネームと戦い続けてきたわけではない。

 タイトルを獲得した際のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)戦を除けば、あとは世界的に評価される選手との対戦はほとんどない。それでも、これほどの知名度を勝ち得たことは能力の賜物。特に米プレミア・ケーブル局の雄「HBO」がスーパーフライ級興行を定期化しようとしている状況で、「せめてあともう1年でも115パウンドにとどまることができれば」と思わずにはいられない。

 ただ、井上の減量の難しさはすでに伝えられてきている。ここでスーパーフライ級にこだわることは、ポテンシャルの完全開花を妨げることになりかねない。だとすれば、24歳の今は3階級制覇を目指すに悪くない時期。そして、118パウンドがリミットのバンタム級に上げることで、また新たな興味が生まれてくる。

さらに進化の可能性も? 「バンタム級でより優れたファイターになる」

「井上のパンチの炸裂音は他のスーパーフライ級選手たちとは違う物だった。そのサウンドはアリーナにいても、テレビ画面で見ていても伝わってきた。彼の拳はまるで小槌のよう。バンタム級に上げることで、パワー面のアドバンテージが減少しないかという不安はある。115パウンドのスーパーバンタム級から118パウンドのバンタム級の転級は大きな違いとは思えないかもしれないが、元WBA世界バンタム級王者ルーシー・ウォーレン(米国)のように、バンタム級では力を出し切れずにスーパーフライ級に戻ったような例もある」

 ニューヨークを拠点にするフリーランスライター、ゲイブ・オッペンハイム記者はそう述べる。このオッペンハイム氏は、今年5月のアッサン・エンダム(フランス)対村田諒太(帝拳)の第1戦の際には来日したほどの日本ボクシング通。その懸念通り、今後も井上のパワーが通用するかどうかがバンタム級、さらに上の階級に上がっていった際のポイントとなっていくのだろう。

 もっとも、オッペンハイム記者も、「そのパワーがどこまで通用するか、井上の陣営にはもちろん、私以上に明確な考えがあるはずだ」とは述べている。そして、米デビュー戦となった9月のアントニオ・ニエベス(米国)戦ではリングサイドの人々を仰天させた爆発的なパンチ力は、昇級後も効果を発揮すると見る地元メディアは多い。

「個人的には井上はバンタム級でより優れたファイターになると思う。もうスーパーフライ級の身体を作るのが難しくなり、減量は調整、試合にも影響していたはずだ」

 リングマガジンのライアン・サンガリア記者はそう推測するが、実際に「井上はスパーリングではもっと強い」といった日本の関係者の証言もよく耳にする。また、ナム記者も「バンタム級のどの世界王者と対戦しても井上が有利と考える」と述べている。それほどの評価の高さを考えれば、やはり来春のバンタム級転向は悪くないタイミングなのだろう。

バンタム級にも著名王者がズラリ「井上とネリの対戦が是非とも観たい」

 バンタム級にも評価の高い著名王者は存在する。WBA、IBFの統一王者ライアン・バーネット(英国)、11月の初防衛戦で世界戦史上最短の11秒でKO勝ちを飾ったWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、山中慎介(帝拳)戦での薬物問題を巡るドタバタで知名度が上がったWBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)……。彼らへの即座の挑戦が難しいとしても、リー・ハスキンス(英国)、リボリオ・ソリス(ベネズエラ)、ザナト・ザキヤノフ(カザフスタン)といった元タイトルホルダーたちはチューンナップファイトの相手としては適任だ。

「井上とネリの対戦が是非とも観たい。スタイル的にもエキサイティングなファイトになるはずだし、ネリと山中との因縁のおかげで、すでにストーリーはできている」

 サンガリア記者の言葉通り、遠くない将来にネリ対井上のバンタム級タイトル戦が実現することがあれば、日本、アメリカの両方で注目ファイトになる。

 HBOが昇級後も井上の起用に興味を示していることもあり、それ以外にも何らかの興味深いファイトが組めるはずだ。日本が生んだ史上最大級の才能は、今後どこまで駆け上がっていくのか。1つだけはっきりしているのは、2018年が極めて大事な1年になるということである。(杉浦大介 / Daisuke Sugiura)

杉浦大介
1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。