年末年始、気になる男性に「LINEを送ってみよう」なんて思う方もいるかと思います。

しかし、そこで“うっとうしいLINE”を送ってしまうと、印象が悪くなってしまうので注意が必要です。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男がイラっとする女子からの“年末年始LINE”をご紹介します。

 

■「仕事の話」ばかりしてくる

気になる男性が同じ職場の人だった場合、どうしても“仕事”の話題が“一番話しやすいテーマ”になるでしょう。しかし、せっかくの年末年始の連休中に仕事の話ばかりをされたら、さすがにイライラしてしまうはず。

仕事に関して急ぎの用事があったり、大事な話があったりするのであれば仕方がないですが、そうではない場合は、あまりオススメできません。仕事のことは忘れてくつろぎたいときでもあるでしょうから、そうした男性の心情を察してあげられるといいでしょう。

 

■ゲームの「お年玉企画」をいくつも送ってくる

ゲームやアプリの招待やヘルプのLINEは、そのゲームをしない人にとっては送られてくるだけでも“うっとうしい”と感じてしまう可能性が。とはいえ無視できないような相手の場合、送られてきた方も面倒ながら対応しなければならず、負担になってしまうおそれがあります。

特にアプリのゲームなどは、年始になると“お年玉企画”のようなものも多く行われるでしょう。いつも以上にゲームの“お知らせLINE”が増える可能性がありますが、そのゲームに興味があるとか、そもそもゲーム好きな男性なのかを、ちゃんと見極めておいたほうがいいでしょう。

 

■「グループトーク」を延々と続ける

LINEのグループトークが始まると、一気にみんなが話し出すので楽しく感じますが、同時に「大変だ」と感じる人もいるようです。特にグループの登録人数が多いと話す人数も増えるので、対応がだんだん面倒になってしまうかも。

大事な話や連絡事項ならまだしも、グループトークで“どうでもいい話”を延々と続けられるとイライラしてしまうかもしれません。年末年始でゆっくり休んでいるところに何通もLINEが届いたら、くつろぎの邪魔になってしまう可能性があるでしょう。

 

■「休みの間ずっと」会話を続ける

気になる男性とは、いつでも何とかして会話をしたいと感じるはず。特に年末年始の連休中は、何をしているのか気になりやすいので、つい何かしらの理由をつけてLINEを送ってしまうかもしれません。

それ自体は悪いことではないですが、しつこく何度もメッセージを送りつけ、連休中の間ずっと会話を続けようとしてしまうと、さすがに嫌がられてしまう可能性が。ちょっと重い感じもするので、相手の都合を考えながらLINEのやりとりができるといいですね。

 

年末年始にたくさんLINEで会話をして、気になる男性と仲良くなれたりするかもしれません。ただし、やり方を間違えてしまうと逆効果になってしまうこともあるので、LINEを受け取った男性がどう感じるのかをきちんと考えるようにしたいですね。

【関連記事】

※ セクシーアピールしすぎ!男が実は引いている女子のLINEアイコン

※ 結婚相手に“選んではいけない”男性の特徴

※ “本当にモテる女”が無意識にやっていること