特赦が決まった鄭鳳株元国会議員(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全2枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が29日、新年を前に6444人に対する特赦を決めた。文在寅(ムン・ジェイン)政権で初の特赦。

 政治家としては鄭鳳株(チョン・ボンジュ)元国会議員だけが対象となった。鄭氏は2007年の大統領選挙を控え、李明博(イ・ミョンバク)候補(当時)が投資諮問会社の実質的な所有者の疑いがあると指摘し、選挙法違反の罪で懲役1年を言い渡された。22年までの被選挙権を剝奪されたが、今回の特赦で政治活動を再開することができる。

 09年にソウル・竜山再開発地域ビルで立ち退きに反対し立てこもっていた住民と鎮圧に乗り出した警察官ら6人が死亡した事故では、25人の関係者の恩赦が決まった。

 一方、労働界を中心に市民決起の大規模集会を主導した罪で懲役3年の刑に服している労働組合の全国組織・全国民主労働組合総連盟(民主労総)のハン・サンギュン委員長については、恩赦を求める声が高まっていたものの、対象から外された。

 政府は「刑事処罰や行政処分で困難な状況にある一般市民の負担を軽減し、正常な社会生活に早期復帰できるよう機会を与えるという趣旨」と説明。企業関係者や公職者の不正・腐敗、凶悪犯罪などは対象から外したとした。

 政府はまた、運転免許証の取り消しや停止、違反点数に対する特別減免措置も並行した。165万人が対象となる。