*ゲームと学習の研究者ユニット。左からフューチャーインスティテュート株式会社代表・為田祐行さん、東京大学特任講師・藤本徹さん、東京大学特任助教・福山佑樹さん、カレイドソリューションズ株式会社代表・高橋興史さん。

写真拡大

子供の生きる力を育てるためには、年末年始になにをするのがいいだろうか。おすすめは「ボードゲーム」だ。東京大学の特任講師・藤本徹さんは「子供が親と一緒にゲームをすることで、生きる力がつく」という。ゲームで「社会の縮図」を体感することが子供の成長を促すのだ。では、どんなゲームがおすすめなのか。「ゲーミフィケーション」の世界をご紹介しよう――。

■子供は「複数人の大人と遊ぶ」ことで学び、力が伸びる

人工知能(AI)の普及が進む10〜20年後。いまある仕事の約半数がAIにとって変わるといわれている(※)。今の子供たちが、将来困らないためには、どういった能力を身につけさせればいいのだろうか。

※オックスフォード大学のマックス・A・オズボーン博士による分析。2015年に「未来の雇用」という論文で発表され、世界に衝撃を与えた。

私は、雑誌「プレジデントFamily2018冬号」の取材で、その「答え」を発見した。それは「親子でボードゲームで遊ぶこと」だ。

今回、東京大学の特任講師・藤本徹さんらが主宰する「LudixLab」に話を聞いた。これはゲームと学習に関する研究者ユニットで、藤本さんはゲームの仕組みを学習や社会問題の解決に役立てようとする「ゲーミフィケーション」の専門家である。藤本さんは「複数人で遊ぶボードゲームでは、人の振る舞いを見て学ぶ『ソーシャルラーニング』を手軽に行うことができる」という。

「主に1人でやるデジタルゲームと違って、ボードゲームでは親や友達と一緒に遊ぶことで相互作用が生まれます。そこで会話したり、他のプレーヤーがどのようなやり方で勝ったのかを見て学んだりすることができます。このような社会的な環境のなかで、さまざまな学びが得られるのがボードゲームの特徴なんです」(藤本さん)

「LudixLab」メンバーの福山佑樹さん(東京大学の特任助教)も説明する。

「ロシアの教育学者・ヴィゴツキーが提唱した『発達の最近接領域』(※)という概念が
あります。ボードゲームにおいても子供は自分よりも経験値が高い人と遊ぶことで、普段の自分ができるよりも少し難しいことに取り組めるようになっていきます。自然とキャパシティーが広がり、いろいろな力が伸びていくんです」

※子どもが自力で問題解決できる水準と、他者からの援助や協働により解決可能となる、より高度な水準のずれの範囲のこと。

▼ボードゲームで来るAI時代を“生きる力”をつける

こうした力こそ、来るAI時代を“生きる力”になると語る。2020年には大学入試方法を含む大規模な教育制度改革が行われる。新学習指導要領では、生きる力をつけるために以下の3つが重要だとしている。

(1)基礎的・基本的な知識・技能
(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力など
(3)主体的に学習に取り組む態度

(1)はこれまでの教育で日本が得意としてきたことだ。問題は、(2)と(3)である。

■子供はボードゲームの盤面で「社会の縮図」を知る

そうした力を子どもに身に付けさせるために親として何をすればいいのか、2人の子供を持つ私自身もさっぱりわからなかった。そもそも従来型の教育を受けてきた親世代に本物の思考力や判断力が備わっているのか怪しいのだから、わからなくても無理はないのだろうが。

しかし、「ボードゲームさえやっていれば、思考力も判断力も表現力も主体的に学習に取り組む態度も、大丈夫だ」とLudixLabの皆さんは太鼓判を押す。子供にとっても楽しい「遊び」だから、勉強のように「やりなさい」と叱る必要もなさそうだ。

藤本さんの言う「人の振る舞いを見て学ぶ=ソーシャルラーニング」は重要だ。私たちは社会に出て企業に勤めるまで、ソーシャルラーニングの機会が少ない。でも、それでは“生きる力”が不足したまま社会人として働き出すことになり、グローバル競争やAIとの仕事の奪い合いで負けてしまう。

▼なぜ企業研修でボードゲームを使うのか?

「LudixLab」メンバーで、ボードゲームを使った企業研修を行っている高橋興史さん(カレイドソリューションズ代表)は、日本のビジネスマンについて次のように語る。

「日本のビジネスマンは、知識レベルは高いのに、それを戦略的に使うのは苦手です。たとえば、サイコロを2つ使ってプレイするゲームで、出る可能性が低い“12”に張って、簡単に負けてしまうような非合理的な選択をする人が少なくないんです(※)。あらかじめゲームで失敗を繰り返しておけば、知識を有効に生かせるようになります」

※サイコロ2個の出目の組み合わせ36通りのうち、“12”は6+6の1パターンしかないが、“5”なら、1+4、2+3、3+2、4+1の4パターンある。それにもかかわらず“12”に張る人が少なくないという。

また「LudixLab」メンバーで教育コンサルタントの為田裕行氏(フューチャーインスティテュート代表)は「ボードゲームは失敗から学べる点がいい」という。

「これが実際の仕事のミスなら大変です。ボードゲームなら、実際の生活には問題がないところで経験値をあげていけるので安心です」

つまり、ボードゲームは盤上に再現された「小さな社会」で、子供たちが社会に出てから遭遇する課題解決をあらかじめ練習できる優れたシミュレーターなのだ。

■なぜゲームで思考力・判断力・表現力・主体性が身につくか

それでは、ボードゲームで「生きる力」が伸びる理由を紹介していこう。ここでは新学習指導要領に合わせて解説する。

まず、(2)の「知識・技能を活用して、課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力など」。

「ボードゲームには必ず、ルールがあって、目指すべきゴールがあります。まずはルールをしっかり覚えて、それにのっとってプレイする必要があります(知識・技能の活用)。そして、勝つためにはゴールから逆算してどのようにプレイしていくか戦略を考えたり(思考力)、刻々と変わる状況に合わせて判断したりすることが求められます(判断力)」(藤本さん)

「ゲームには心理戦の要素もあって、戦略に基づいて有利に進めるためにポーカーフェースでウソをついたり、はったりをかましたりすることがあります。これをするには、自己コントロール力と相手にあわせた高度なコミュニケーション力が求められます(表現力)」(高橋さん)

まさに、(2)を実現するためのトレーニング、そのものである。ボードゲームは種類が豊富なので、こうしたトレーニングをさまざまなパターンで積むことができる。

「新しいボードゲームをするときには、何が勝つための定石となるのかを考えるようになっていきます。たとえば、オセロなら角を押さえると勝てるといったことです。こうしたことを考えるトレーニングは、仕事を任された時、それを成功させるための重要ポイントを見抜く勘の良さにつながっていきます。中学受験の入試問題でも、トップ校の問題は隠れた法則を見つけ出し、答えを導くような出題があります。これから大学入試でも増えていく、思考力を問う出題にも対応できると思います」(福山さん)

▼親が純粋にゲームを楽しめば、子供は伸びる

次に(3)の「主体的に学習に取り組む態度」だが、これはボードゲーム自体が楽しいのでカンタンにクリアできそうだ。「勝ちたい」という気持ちが湧けば、自分で試行錯誤するようになる。

「大切なのは、親が子供に『こうすれば勝てたのに』とか、『こうすればいい』と先回りして教えないことです。子供が負けた時に悔しがって、『どうしたら勝てるんだろう』と聞いてきたら、考えるためのヒントを与える。それくらいが自分で考える力をつけるにはちょうどいいです。親が純粋に一緒にボードゲームで遊ぶことを楽しんでいれば、考えることも大好きなお子さんになると思います」(為田さん)

■「ボードゲームで遊ぶようになって考えることが好きになった」

今回のボードゲーム特集では、多くの東京大学合格者を出す開成学園ボードゲーム同好会のOBにも取材したのだが、実際に彼らも異口同音に「ボードゲームで遊ぶようになって、考えることが好きになった」と語っていた。楽しいボードゲームで、思考力が高くなるなら、やらない手はない。

注意点は、子供の年齢・レベルにあわせたボードゲームを選ぶことだ。

「子供がボードゲームをもっとも楽しみながら学べるのは、その子にとって内容が難しすぎず、簡単すぎないちょうどいいレベルにある時です。普段からお子さんを見ている親御さんが、ちょうどいいものを選んであげるのが良いでしょう」(福山さん)

「プレジデントFamily2018年冬号」では、「LudixLab」の皆さんや開成学園ボードゲーム同好会のOB、さらに経済評論家の勝間和代さんに「頭がよくなるオススメのボードゲーム」をうかがった。記事を通じて、ぜひお子さんにピッタリのボードゲームを見つけてほしい。

----------

*雑誌「プレジデントFamily2018年冬号」では、「算数が大得意になる」という特集記事のほかに、ボードゲームで伸びる力を「論理的思考力」「協働力」「EQ」の3つに整理・分類しながら、ゲームを全8ページでそれぞれ6個(全18個)紹介している。AI時代にわが子を「食べていく子」にするために必須のスキルを遊びながら身に付けることができるのだ。

 

----------

(プレジデントFamily編集部 森下 和海 撮影=吉江正倫)