@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

もくじ

どんなクルマ?
ー ガソリンのレヴァンテ 英国では初
ー 3.0ℓV6ターボ 詳細の数値は

どんな感じ?
ー レヴァンテS 試乗してみると
ー ステルヴィオ/レンジローバースポーツとの違い

「買い」か?
ー マセラティが好きならば

スペック
ー マセラティ・レヴァンテSのスペック

どんなクルマ?

ガソリンのレヴァンテ 英国では初

レヴァンテSの導入によって、右ハンドル市場にガソリン・エンジン搭載のマセラティのSUVを供給することが可能になった。

レヴァンテのローンチ時、イギリス向けにはV6ディーゼル・エンジン搭載車のみであったが、同社も認めているように、自身のコア・ブランドバリューのひとつである官能的なエンジン・サウンドを欠いていた。

マセラティにとって、レヴァンテは、多くの販売台数を確保することを目的に造られたクルマである。2016年のローンチ以来、比較的経済的なディーゼル・モデルをラインナップしたこともあり、レヴァンテはマセラティの年間生産台数を倍増させている。

しかし、伝統のトライデント・バッジを付けるモデルとしては、物足りないと感じているイギリスの熱心な愛好家は確実に存在している。

だからこそ、ガソリンエンジン投入のおかげでマセラティのクルマが持つ、ラグジュアリー、パフォーマンス、そして選好性を、ゴロゴロという農耕器のような音のするディーゼル・エンジンと共に連想する必要は、もうなくなったと見ることができるのだ。

3.0ℓV6ターボ 詳細の数値は

フェラーリが供給する、ツイン・ターボで過給の3.0ℓガソリン・エンジンは、430psのパワーと59.1kg-mのトルクを4500rpmで発生する。メーカーによれば、0-100km/h加速を5.2秒で駆け抜け、最高時速は262km/hに達するという。

ディーゼル・エンジン・モデルの燃費は、リッター13.8kmを標榜し、ガソリン・エンジン・モデルの燃費はリッター9.1kmで、253g/kmのCO2を排出する。

2018年モデルの導入にあたり、マセラティはふたつの新しいモデルを追加している。レヴァンテ・ディーゼルかレヴァンテSを選択した後は、グラン・スポーツかグラン・ルッソのどちらかの仕様を選ぶことができる。

前者は、ブラックのボディ・トリムやサポート性のよいスポーツ・シート等、スポーティなデザイン・タッチを加え、後者は、エクステリアにクロームやボディ同色の手当てを行い、インテリアにはカーボンファイバーに代えてウッド・トリムをあしらいラグジュアリー性を高める。

他では、電動ステアリング、レーンキープ・アシストや道路標識認識などを含む、レベル2の先進ドライバーアシスト・システムを導入している。

レヴァンテを購入した90%の人は、過去にマセラティを所有したことが無いというから、このクルマは、マセラティが画策する事業戦略上の重要なエントリー・ポイントとして機能する必要がある。

どんな感じ?

レヴァンテS 試乗してみると

レヴァンテSは、パフォーマンスとラグジュアリーの狭間を埋めるために企画された。つまり、このクルマは洗練され、静粛性を備え、しかも快適でなければいけない。加えて、速く、俊敏であることも求められている。マセラティのエンジニア達は、この作業を手短に済ませているが、両者を突き詰めることなく、それなりの成果を出しているのも事実だ。

全てのレヴァンテには、エア・スプリングが標準で装備されているが、初期モデルのそれは、取り扱いに一種のピーキーさがあり、その特性はどのスピード域でも一貫していた。

一方で、このレヴァンテSは、路面からの入力に対するいなしが改善している。もっとも、ポルシェ・カイエンのアイロンで伸ばしたかのような路面を走っている魔法の感覚とは異なるが。

フレームレス/2重ガラスのウインドウは風切り音を遮断し、ガソリン・エンジンのV6のサウンドは、よく調律された美声を発する。

8速オーマティックは、通常のスピードでは、スムーズで不満は出ない。マニュアル・モードを選択して、エレガントなアルミ製のパドルを介し、俊敏に正確なシフト操作を行うことができる。ただしデュアル・クラッチには一歩及ばない。

スポーツを選択すると、パワートレインを奮い立たせ、ギアシフトはよりテキパキとし、アクセルはよりレスポンスを増し、サウンドはよりアグレッシブになる。

エンジンは、シャープでレスポンスよく、気持ちよく回転するばかりか、ディーゼル・エンジンには不在であるパワーの応酬が得られる。

カイエン・ターボのように、アクセルを積極的に踏み込まずとも、速く感じるのも特徴だ。その魅力的なエンジン・サウンドや、より回すことのできるキャラクターからも、このクルマには、ディーゼル・エンジンではなく、ガソリン・エンジンのV6の方が、間違いなく適任と思われる。

ステルヴィオ/レンジローバースポーツとの違い

スポーツ・ボタンをもう一度押すと、車高が20mm下がり、ダンパーは硬くなる。ウインター・タイヤであっても、レヴァンテSのハンドリングは操舵性に優れ正確。速いスピードでコーナーへ飛び込んでも、フラット・ライドと落ち着きを保つ。

同価格帯のアルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオのように、その走りがエキサイティングで、車格を忘れるような俊敏さを持っているわけではないが、かといって、フロントのグリップやコーナーの中腹での車両制御に物足りなさを感じたりすることはないだろう。ダイナミクスの観点からは、このレヴァンテSは、とてもよく仕上げられている。

旧モデルの油圧ステアリングは完成度に欠け、満足ゆくものではなかった。よって電動ステアリングに置換されても、それほどの嘆きはない。新しいシステムは、適度に重く、俊敏で、とても正確である。よって、油圧ステアリングの返り咲きを求める声は上がらないだろう。

レヴァンテのオーナーにオフロードへ臨むことを薦めることは、ほとんど意味のないことであるが、このクルマの正義のために付け加えるなら、泥や轍のひどい悪路や60cm程の水路における、良好な走破性も備える。

通常の走行では全てのパワーを後輪に送る一方で、後輪のスリップを認識したり、オフロード・モードを選択し車高を上げると、半分のパワーが前輪に送られる。

一部に量産品とも思われるトリムが存在するが、それを除けばレヴァンテのインテリアは高品質のレザーと造りの良さで、とても上質な雰囲気を持つ。

レンジローバー・スポーツが持つ、全面に渡る豪華さには適わないかもしれないけれどレヴァンテはこのクラスにおいて良質なキャビンを持つ。

「買い」か?

マセラティが好きならば

もしあなたが、希少性やマセラティ・バッジに好感を示すのであれば、特にこのレヴァンテSを薦めない理由は存在しない。

他のSUVは、よりラグジュアリーで、しかも、スピードがのった時の操作性に優れるかもしれないが、レヴァンテは各速度域でその実力を発揮する。

しかも、クルマのキャラクターを色濃く感じることができる。そして、このレヴァンテSにはマセラティSUVにとってトライデント・バッジに恥ずかしくないエンジンが搭載されている。

ベース・モデルは、7万755ポンド(1061万円)からスタートし、グラン・スポーツ又はグラン・ルッソを選ぶと、7万6995ポンド(1155万円)に達する。

レヴァンテSは、同じパワーを誇るポルシェ・カイエンSよりも少し高価であるが、出力で断然劣る338psのスーパーチャージャーで過給されるV6を持つレンジローバー・スポーツよりも若干安価である。

マセラティ・レヴァンテSのスペック

■価格 7万6995ポンド(1155万円) 
■全長×全幅×全高 5003×1968×1679mm 
■最高速度 262km/h 
■0-100km/h加速 5.2秒 
■燃費 5.2km/ℓ 
■CO2排出量 11.1g/km 
■乾燥重量 2109kg 
■パワートレイン V型6気筒2979ccツインターボ 
■使用燃料 ガソリン 
■最高出力 430ps/5750rpm 
■最大トルク 59.1kg-m/4500rpm 
■ギアボックス 8速オートマティック