2017年の日本代表戦、最も多くの試合に出場したのは?【写真:Getty Images】

写真拡大

5位:国内組で最も評価の高い不動のボランチ

 日本代表は2017年の国際Aマッチウィークに10試合を戦った。ロシアW杯の出場権を勝ち取り、世界トップクラスのブラジルやベルギーとも兵刃を交え、多くの選手たちがチャンスをつかんだ。その中でもヴァイッド・ハリルホジッチ監督からの信頼を得たのは誰だったのか。国際Aマッチウィークに開催された日本代表戦で出場時間の長かった上位5選手を紹介する(※国際Aマッチデーではない12月に開催されたEAFF E-1サッカー選手権決勝大会は集計対象外)。

---

5位:山口蛍(セレッソ大阪)

A代表デビュー:2013年7月21日 中国戦
A代表通算:38試合出場2得点
2017年:8試合出場0得点(682分)

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は11月のベルギー戦で敗れた後、国内組の選手たちがA代表のペースについてこれていないことを指摘した。しかし、山口蛍だけが唯一「フィジカル的な能力が少し高い。試合のリズムについていける」と高く評価された。

 指揮官からの信頼は厚く、日本代表の中盤において不動の存在となりつつある。山口不在の試合は、代役を誰が務めるべきか議論になるほどだ。2017年は負傷で12月のEAFF E-1サッカー選手権決勝大会を欠場したが、日本代表で出場した8試合はすべて先発メンバーに入り、ロシアW杯出場権獲得にも大きく貢献した。

4位:フランスの名門で不動の存在なった右サイドバック

4位:酒井宏樹(マルセイユ)

A代表デビュー:2012年5月23日 アゼルバイジャン戦
A代表通算:41試合出場0得点
2017年:9試合出場0得点(793分)

 フランスの名門マルセイユでもレギュラーとして確固たる地位を築く酒井宏樹は、日本代表でも代えの利かない不動の右サイドバックとなりつつある。特に守備面での成長は著しく、10月のブラジル戦とベルギー戦ではネイマールをはじめとした世界屈指のアタッカーたちを前にしてもひるむことなく真っ向勝負を挑んだ。

2位タイ:2度のPKストップも。不屈の守護神

2位タイ:川島永嗣(メス)

A代表デビュー:2008年2月17日 北朝鮮戦
A代表通算:81試合出場0得点
2017年:9試合出場0得点(810分)

 日本の守護神はやはりこの男しかいないのか。34歳になっても成長が止まることはなく、安定感は抜群。所属するメスでも今季開幕は控えからのスタートだったが、たゆまぬ努力で定位置を奪回し、下位に低迷し崩壊寸前のチームを最後尾から力強く支えている。

 プレーそのものに衰えは全く見られず、ピッチ内外での経験値の高さとリーダーシップは日本代表に欠かせない。11月のブラジル戦とベルギー戦でそれぞれ3失点と1失点で済んだのは、川島の活躍があったからこそ。そして3月のタイ戦、11月のブラジル戦では見事なPKストップも披露した。中村航輔ら若いGKの突き上げにも動じることなく、圧倒的な存在感でハリルジャパンのゴールマウスに君臨する。

2位タイ:プレミアで一皮剥けたディフェンスリーダー

2位タイ:吉田麻也(サウサンプトン)

A代表デビュー:2010年1月6日 イエメン戦
A代表通算:80試合出場10得点
2017年:9試合出場1得点(810分)

 かつては安定感のなさに批判が集まることも少なくなかったが、吉田麻也はハリルジャパンのディフェンスリーダーとして申し分ない実力と経験を兼ね備えた選手へと脱皮を遂げた。今年は3月のロシアW杯最終予選のタイ戦で勝利を決定づける日本の4点目を得意のヘディングで決めている。

 国内組のみで臨んだ12月のEAFF E-1サッカー選手権決勝大会で、日本のディフェンス陣は安定感を欠くプレーに終始した。やはりロシアの舞台で勝つためには、吉田の存在は不可欠だ。

1位:代表100キャップを達成した炎のサイドバック

1位:長友佑都(インテル)

A代表デビュー:2008年5月24日 コートジボワール戦
A代表通算:101試合出場3得点
2017年:10試合出場0得点(856分)

 2017年の国際Aマッチウィークに開催された日本代表戦は10試合。そのすべてに先発出場していたのが長友佑都である。インテルでも出番の少なさに腐ることなく常に最高の準備をしてチャンスを待ち続け、放出候補から一転してルチアーノ・スパレッティ監督体制でレギュラーの座を取り戻した。現在はベンチに座ることも増えているが、定位置再奪取に期待がかかる。

 まさに鉄人。31歳になってもサイドを90分間アップダウンし続ける持久力は衰え知らず、課題だった守備面にも成長の跡を見せる。8月のオーストラリア戦では、日本のロシアW杯出場を手繰り寄せる先制アシストで勝利に貢献した。そして11月のブラジル戦では日本代表通算100キャップも達成している。失意のどん底を味わった4年前のブラジルW杯のリベンジを果たすため、長友がロシアでの戦いにかける思いは誰よりも強い。

text by 編集部