ラグビーの五郎丸歩(31)が今年7月、フランス1部のトゥーロンから1年半ぶりに古巣ヤマハ発動機復帰を果たした。だが、メンバー発表時に名前が読み上げられても、フィーバー時のような歓声はほとんど聞かれない。

「海外挑戦で2015年の流行語大賞候補にノミネートされた『五郎丸ポーズ』をやめてしまった。ヤマハの地元・磐田でタクシーに乗った時、『あれが見られないからつまらない』と運転手が漏らしていた」(ラグビー記者)

 16年9月に就任した日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(48)には、代表候補の強化合宿に一度も呼ばれていない。トップリーグ関係者がこう言う。

「ジョセフはキック戦術を重視していて、五郎丸は日本の第一人者。足が遅くて走れないのがネックみたい。代表のフルバックは、桐蔭学園高時代から注目されたジンバブエ人の父と日本人の母を持つ松島(サントリー)が候補。抜群の身体能力を武器に弾むように走る。ジョセフはこっちがお気に入りなんです」

 19年には日本でW杯が行われる。国民の認知度は50%弱。大会も五郎丸も窮地に陥っている。