映画「未来のミライ」の公開を控える細田守監督/撮影=宮川朋久

写真拡大

「バケモノの子」(2015年公開)以来、3年ぶりの作品となる最新作「未来のミライ」(2018年7月20日・金公開)の製作を発表した細田守監督。物語は4歳の甘えん坊な男の子・くんちゃんが、未来からやってきた中学生の妹・ミライちゃんと共に、家族にまつわる冒険を繰り広げるファンタジーだ。作品の鍵をにぎるキーワード、ポスタービジュアル、監督インタビューから2018年夏の注目作の見どころに迫ります。

【写真を見る】細田監督が描きだすきょうだいの物語/撮影=宮川朋久

■ キーワード1「主人公は4歳の男の子」

細田監督自身の子育ての経験や、日常生活の中で見つけた子供のリアクションが作品に生かされている。自身が一人っ子だった細田監督は、二人目の子供が誕生したとき、母親の愛情を妹に奪われたと嫉妬心をあらわにする息子を見て、人間は愛情を求めるのだとあらためて考えさせられたという。

■ キーワード2「きょうだい」、キーワード3「家族の歴史」

今回は、主人公・くんちゃんの妹・ミライの誕生で幕を開けるが、劇中では未来からきた妹と兄の年齢が逆転することでさらに面白いきょうだい関係が味わえそう。物語の核となるくんちゃんとミライの大冒険は、特報映像に出てくる動物のしっぽのような“人間ではない存在”も登場するが、世界の危機を救う系ではなく、家族の歴史や時間をめぐるものとのこと。これまで、「サマーウォーズ」(2009年)では親戚、「おおかみこどもの雨と雪」(2012年)では子育てをする母親、「バケモノの子」(2015年)では絆で結ばれた父子と、家族を描き続けてきた細田監督が、きょうだいの物語をどんな視点で描くのかも楽しみだ。

■ キーワード4「横浜市磯子区」、キーワード5「電車」

そして、主人公が暮らす街が重要な意味を持つ細田作品。今作の舞台は、横浜市の磯子区や金沢区で、家族にとって非常に重要なことが歴史的におきた場所なのだそう。また、ポスタービジュアルのくんちゃんの服の胸には「電車」のイラストがあるように、鉄道もキーワードの一つ。映画を作るに当たり、細田監督はイメージハンティングのためパリやロンドンを訪れたといい、舞台の横浜は、日本で最初に鉄道が開業した場所でもあることが物語の鍵なのかも?

■ ポスタービジュアルに共通する「空と入道雲」

「時をかける少女」(2006年)から、ポスターに入道雲を使っている細田作品。理由について、監督は「力強いし、空の青と雲の白のコントラスト、絵の抜け感も好きなんです。それに入道雲は夏に特有のものなので、一目で夏の映画だと分かってもらえますからね。でもこの雲は積乱雲なので、嵐を起こす激しさを持つし、蒸し暑さも呼び込みます。爽やかそうなだけでなく、生命力のメタファーでもあるんです。そんな入道雲で、若い人たちの生命力を表現したいということです。今回の雲の絵を描いてくれたのは、ジブリ出身の美術監督の大森崇くん。先輩たちが描いてきた歴代ポスターの雲に負けたくない、という気合が込められたとてもいい雲だと思います。そんな雲を背にきょうだいが飛んでいることで、何かを飛び越えるダイナミズム、2人の結び付きを表しました」とこだわりを語った。

■ 細田守監督の最速インタビューをお届け!

「新しく芽生えた命と出合ったときの新鮮な感動を描きたい」。

そう思ったのがこの映画の発端です。4歳の子供の視線で世の中を見れば、きっと僕らが気付かない何か新しいものが見えてくるはずだと考えました。僕の息子が4歳のとき、妹が生まれたことで彼の取り巻く状況が一変しました。つまり母親が妹にかかりきりになって、そのときの彼の姿をモチーフにしています。

今回、チャレンジだったのは、主人公が4歳の男の子だということ。実は映画でこの年齢はあまり前例がないんです。映画「となりのトトロ」(1988年)のメイが4歳ですが女の子。アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系ほか)のしんのすけは1つ上の5歳ですが、1歳違うと急に下品なことを言いだすなど、がらりと変わります。シリアスさと快楽主義的な面を持ち、かつバイタリティーもある4歳児だからこそ見えてくる面白さを描きたいと思っています。

主人公の名前はくんちゃん。よく「〜君」や「〜ちゃん」という呼び方をしますが、それを合わせたんです。つまり彼は「君」でも「ちゃん」でもない、まだアイデンティティーが揺れ動いている状態という意味で付けました。そんな男の子が、未来からやって来た中学生になった妹・ミライと一緒に冒険をします。ちなみに甘えん坊のお兄ちゃんに対し、妹の性格は手厳しいです(笑)。そんな二人の冒険の旅は、一種のバディ(相棒)ものとして描いています。映画のタイトルは、未来からやって来た妹というふうにとれますが、価値観が多様化し、「普通」という基準がない今の世の中で、子供たちはどう生きてゆくのか、彼らにどんな未来が待っているのかという意味も込めました。

僕らの子供のころと、今の子供たちとでは「未来」の概念が違う。どんな未来が来ても、力強く生きてほしいという思いや、子供たちがどうやって自分たちの未来を発見していくかを描いているので、中学生や高校生など若い人たちに当事者意識を持って楽しんでほしいです。(ザテレビジョン)