チケットの高額売買が問題視されていたチケット売買サイトの「チケットキャンプ」が、サイトを閉鎖することを発表。ネットにはこれを歓迎する声があがる一方、疑問の声も寄せられている。

チケットキャンプは、ジャニーズ、宝塚、国内外のコンサート、各種スポーツなど、あらゆるイベントのチケットを売ったり買ったりできるサイトだ。通称“チケキャン”は、「国内No.1の安心チケット売買サイト」を謳い、利用者数は500万人以上という巨大サイトだが、チケットが高額で転売されていることが問題視され、12月1日に出品枚数の制限や本人認証の厳格化などルール変更を実施。しかしジャニーズから商標権侵害などで訴えられて12月4日、5日に家宅捜索を受け、運営元の親会社であるミクシィは来年5月でサイトを閉鎖することを27日に発表した。

余ったチケットを捌いたり、取り逃したチケットを買い求めたりできるチケット売買サイトは時に非常に便利だが、問題はそれを悪用する人間がいることだ。チケキャンでは、チケットを買い占めて出品し、高値で販売するケースが続出。アーティスト側もこれを問題視しており、昨年8月には、嵐、安室奈美恵、小田和正、DREAMS COME TRUE、長渕剛、浜崎あゆみ、福山雅治、Mr.Children、ゆず、L’Arc〜en〜Cieらが「私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します」という声明を発表して話題を集めた。

高額転売の温床となっていたサイトが閉鎖するという報道に対し、Twitterには、

“チケキャン閉鎖。当然”
“チケットキャンプやっと閉鎖か 転売の温床だったからざまぁみろだ“
“チケキャンやっと閉鎖か 転売が減るのを願う”

と、これを喜ぶ声があがっているが、

“チケキャン使い方によっては便利だったのになぁ ちょっと残念”
“チケキャン閉鎖やだ…どっからチケット買えばいいの”
“チケキャン閉鎖か、 めちゃくちゃ利用してたから困るねえ”

など、これを惜しむ声も少なくない。そして問題なのは、

“チケキャン閉鎖したは良いけどチケット流通センターとか他のところは閉鎖しないの…?”
“チケキャンがなくなったところで、販売者側がキャンセル不可・正規譲渡のシステム未構築のままだったら、結局チケキャン以外の場所で同じことが起きるだけでは??”
“転売サイトはチケキャンだけじゃなかろうて…ヤフオクでも転売してるし”
”チケキャン閉鎖してもメルカリに流れるし、SNSある限りいたちごっこにしかならんのんよね笑”

といった書き込みからも分かるように、類似サービスが存在すること。大物アーティストもこぞって高額転売を問題視しているが、転売問題を解決するには、より抜本的な対策が必要とされているようだ。
(金子則男)

■関連リンク
・チケキャン、サイト閉鎖へ ミクシィが方針、役員処分も-朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASKDV7TH2KDVULFA043.html・Yahoo!検索(リアルタイム) 「チケットキャンプ」の検索結果
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2RCKwlOMENapS8Ajhtol_p7?p=%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97+&ei=UTF-8・チケットキャンプ
https://ticketcamp.net/