RISEバンタム級王者/ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者。キックボクシング:21戦21勝、MMA:4戦4勝、ミックスルール:1戦1勝(’17年11月現在)

写真拡大

 まだ19歳にして、キックボクシング界の“神童”と注目を集める、那須川天心選手をご存知だろうか? 来たる12月29日と31日、さいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017」にて、浜本“キャット”雄大選手との対戦(※那須川選手出場の試合は31日のワンナイトトーナメント)が決まり、ファンの期待は高まっている。彼こそ、「格闘技界を変える男」として、いま格闘家で最も注目を集めている選手だ。

 那須川選手の戦績はまさに、“神童”と呼ばれるにふさわしい。小学6年生でキックボクシングに出会い、アマチュア戦績は105戦99勝5敗1分、高校1年生の夏にプロデビューし、史上最年少の16歳でRISEバンタム級王座を獲得。その後、26連勝無敗というとんでもない戦績を誇っている。

 このように破竹の勢いで連勝を続けている那須川選手は、「技術の習得が早い」とよく言われるという。その那須川選手がトレーニング中、常に意識していることとは?

「トレーニングコーチから何かを教わって少しでも自分がわからないと思ったときには、すぐに疑問点を質問するようにしています。『技術の習得が早い』とよく言われるのは、たぶん人から言われたとおりに何かをするのが苦手で、自分の頭で理解してからでないとできないからだと思います。もともと、自分は何事にも早く結論を求めるタイプみたいです。フラットに自分の考えを聞いてもらえるだけでなく、質問に答えてくれるトレーナーでないと、練習のモチベーションが上がらないですね」

 この“人から言われたことを鵜呑みにしない”スタンスが活きているのは、技術の習得だけでない。那須川選手が「タイトルマッチや大舞台の試合の重圧も、幼少期からずっとトレーニングをともにしている父親のプレッシャーと比べるとたいしたことはない」というほど恐れていた父親からのプレッシャーに耐えるのにも役立ったようだ。

「うちの場合は特に厳しかったというのもありますが、たとえ父親からであっても、叱られたときに言われたことをすべてそのまま受け止めてしまうのはよくないと思っていました。指摘はきちんと聞いた上で、ある程度は受け流すぐらいがちょうどいいんじゃないでしょうか? 深刻に『どうしよう……』と悩まず、『なんとかなるでしょ!』とポジティブに考えるべきです。自分はもともとそういうふうに考えられる脳みそのつくりなので、やっていけているんだと思います。父親にはお前はズル賢いからと言われますが(笑)」

 先日出版された自伝『覚醒』にもあるように、那須川選手は「昔からビビリ屋」だというから驚きだ。「お化け屋敷は大の苦手で、富士急の戦慄迷宮では途中でリタイヤしましたし、道で怖そうな人がいたら絶対に近寄らないようにする」のだとか。そんなビビリ屋の那須川選手が、お互いに「親子でなければできなかった」と振り返るほど厳しかった父親の格闘技指導を乗り越えられたのも、常にポジティブに考えるメンタルタフネスがあったからだろう。

 仕事のノルマや上司からのプレッシャーに圧し潰されそうになったとき、那須川選手のメンタルタフネスを思い出してみよう。

<取材・文/赤地 則人 撮影/難波雄史>