iKON、歌とダンスで示した“ワールドワイド”な存在感 『iKON X’mas LIVE 2017』レポート

写真拡大

 BIGBANGの弟分として、2016年に鳴り物入りで日本デビューを飾った7人組グループ iKON(アイコン)。2017年は初のドームツアーなどで追加公演を含めのべ32万2000人を動員し、“韓国の象徴(アイコン)になるように”という意味を込めたグループ名にふさわしい怪物ぶりを見せた。今年最後の日本でのステージとなった12月9日・10日の『iKON X’mas LIVE 2017』(取材は12月9日)にて、その人気の秘密を探った。

参考:BIGBANGの音楽性はどう受け継がれた? iKONが築く、K-HIPHOPの最新モード

 彼らにとっては初となるセンターステージの形式で行われた同ライブは、開演前からスクリーンに流れた「DUMB & DUMBER」のMVに合わせてiKONIC(iKONファン)たちが歌いだすなどホットなムード。オープニングではクリスマスらしいベルのSEが鳴り響き、アッパーな「B-DAY」からライブがスタートした。

 この日の見どころの一つが、アリーナの端から端まで移動できる“フライングステージ”を使った、縦横無尽なステージング。2曲目の「WHAT’S WRONG?」ではメンバーが二手に分かれてこのステージに乗り、会場全体を盛り上げていく。最初のMCで最年少のCHANが「今日のステージは特別です。ここにいるみなさん全員に会いに行きますので」と予告していたが、ステージとの距離感を感じさせないアイデアにiKONICたちも大喜びだった。

 ハンドクラップで会場を盛り上げた「SINOSIJAK REMIX」に続き、「サンタクロースじゃなくて、iKONが来ました!」(JAY)という前フリののちにリーダーのB.I、BOBBYのラッパーチームがステージに残り、「ANTHEM」がスタート。出だしの<iKON is coming to town>のシンガロング部分など、“荒々しさ”の強いこのナンバーで会場の体感温度を上げていく。作曲作詞もこなしグループのカリスマ的存在であるB.Iは大人びたクールさを感じさせるフロウを、BOBBYは天真爛漫さと抜群のリズム感が光るフロウを放ち、バトルするように曲を展開していく。同曲の中に<BOBBYとB.Iのコンビはマジ>というフレーズがあるが、並ぶと本当に絵になる2人だ。

 クリスマスライブらしいスペシャルな演出も随所にあったのだが、ボーカルラインが披露したダニー・ハサウェイのカバー「This Christmas」、そしてオーディション番組『K-POPスター4』の優勝者であるセクシーな女性ボーカリスト・KATIE KIMを迎えた「White Christmas」などのスタンダードなクリスマスナンバーで、会場は聖夜ムード一色に。こういった歌モノでは特に、甘いハイトーンを聴かせるJAY、ソウルフルな中低音を聴かせるJU-NEを筆頭に安定した歌唱力が光る。トラッドなニットがよく似合うSONG、ロングコート姿で王子様風のCHANなど、最強といえる“アイドル×白コスチューム”の組み合わせにも黄色い悲鳴が上がっていた。

 このクリスマスナンバーの合間には、先ごろソロデビューを果たしたBOBBYのソロコーナーも。韓国のラッパーサバイバル番組『SHOW ME THE MONEY』シーズン3での優勝経験を持ち、実力も折り紙付きといえるBOBBYは「SWIM」で縦横無尽なフロウを聴かせる。7人でいるときは笑顔がトレードマークの彼だが、こういったソロ曲では時おり、にじみ出るような色気を感じさせる。1人でこれだけの人数の心を揺らせる彼は、B.Iとは違ったカリスマ性の持ち主ともいえるだろう。続くR&Bナンバー「SECRET Feat. DK, KATIE」では、メンバーのDK、ゲストのKATIE KIMとコラボレーション。それぞれが別々のフライングステージで移動しながら、iKONICたちを沸かせていた。

 平均年齢21歳と若いiKONは吸収力も高いのか、MCでは特に日本語が上手なJU-NEやJAYがリードし「今回のライブは今までのステージとはちょっと違うから、歌いながらめちゃ難しかった、どっちがセンターか分からないから」(JU-NE)、「センターが決まってないからね」(JAY)などと、初のセンターステージの難しさを解説。特にJAYは鉄板ネタである「iKONの長男、ジナン(本名)です」に始まる自己紹介はもちろん、ジャズボーカリストを真似たJU-NEの歌い方に「ちょっと脂っこいけど」とツッコみ、さらにメンバーの学年を話すくだりで「早生まれだから、俺」と話し出し、ボキャブラリーの豊富さでiKONICたちを驚かせていた。ちなみにまだ日本語が苦手らしいB.IやBOBBYは体育座りや横になったりしながらボーカルたちのMCを聞き「ドンキホーテ行ってきていいですか?」(B.I)、「お前たち(MCが)長すぎる!」(BOBBY)とすねたりしていて、これまた観客の爆笑を誘っていた。

 またこの日は客席に隣接したステージ構造を生かして、iKONICたちに「好きなメンバーは?」などとインタビュー。「名前を読んで欲しい」「歌を歌ってほしい」といったいくつかのリクエストに応えていたが、男性ファンに「ダンスが上手くてかっこいい」と言われたDKが即興でブレイクダンスを披露したりと、リアクションの良さも黄色い歓声を集めていた。

 「じゃんけんで勝った人が人間クリスマスツリーになる」というお楽しみ映像を挟み、ライブ後半は攻めの曲が続く怒涛の展開に。「DUMB & DUMBER」では、炎の特効が上がり、DKを筆頭にキレのあるダンスを展開していく。これまで発表されているiKONナンバーのダンススタイルとしてはユニゾンで踊るものが多いが、シンクロ率の高さでいえば重厚感のある「BLING BLING」(最新ミニアルバム『NEW KIDS:BEGIN』収録)の完成度は群を抜いていた。BIGBANGらを担当してきたパリス・ゲーベル振付によるこの曲のダンスは、動き一つ一つを刃物のように合わせる“カル群舞”の手法を用いたもの。ダンサーたちとともにスキのないパフォーマンスを見せたこの曲のパフォーマンスはスリリングだった。

 iKONICたちのコールがひときわ大きかったアッパーな「RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)」、「JUST ANOTHER BOY」で本編が終了。と、すぐさまiKONICたちが歌いだしたのは、アンコール前のお約束といえる「LONG TIME NO SEE」のサビ部分。<Long time no see 会いたかった本当に 迷わず君のもとに行くよ だから Baby don’t worry>の大合唱に応えるようにメンバーが再登場し、その「LONG TIME NO SEE」をパフォーマンス。この日はDKがキュートなサンタの衣装で登場するというサプライズもあった。ラストの「RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)」ではプレゼントをばら撒いたり、締めの挨拶で「iKONIC大好き!」(JAY)「愛してる!」(DK)といったコメントが飛び出すなど、温かな空気に包まれたエンディングとなった。

 この日はクリスマスライブということでエンタメ性を重視した内容だったが、現在活躍する新世代K-POPアーティストの中でも濃厚なヒップホップカルチャーを吸収し、グループ独自のカラーとして発現しているiKON。2018年は彼らの曲名ではないがより「WORLDWIDE」な活躍を見せてくれそうな、彼らのポテンシャルの高さをひしひしと感じさせるステージだった。(文=古知屋ジュン)