「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2」でドラマデビューする伊東紗冶子

写真拡大

AbemaTVにて12月30日(土)夜11時15分より5夜連続で放送されるドラマ「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2」に、ジャパンテレビの新人アナウンサー・谷村さつき役で出演する伊東紗冶子にインタビューを行った。

【写真を見る】美脚チラリ! “キャスター界No,1神ボディー”と称される抜群のプロポーションを誇る伊東

本作は、2003年7月よりテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ枠でスタートし、2012年まで度々放送されてきたドラマ「特命係長 只野仁」の新シリーズとして、ことし1月からAbemaTVにて放送され、好評を博したドラマシリーズ。

そんな本作にて、“キャスター界No.1神ボディー”と称される抜群のプロポーションを誇る女性キャスター・伊東がドラマデビューを果たす。

ドラマの撮影を行った感想や、水着姿も披露しているという本作の見どころをたっぷり語ってもらった。

――初の「ザテレビジョン」インタビューですね。まずはPROFILEいじりを! ヨガをよくやられているのですか?

はい。時間があるときは週に6回とか、毎日行くこともあります。最近は大阪と東京の移動が多くなってきたので、2、3回ですね。ヨガは自宅でもできるので、自宅ですることもあります。

――映画鑑賞がご趣味だそうで、最近何かご覧になられましたか?

それが先日、友達と東京観光することがありまして、そのときに何を思ったのか、東京で映画を見ることになりました(笑)。大阪にも映画館はあるのに…。そこでは「オリエント急行殺人事件」を見ました。

――おおっ! どうでした?

読書が趣味なので、原作本も読んでいたんですけど、内容をすっかり忘れていたんです。おかげで2回も楽しめるのでお得だなって思っていたら、ちょうど盛り上がってきたところで思い出しちゃって。

そのせいで、後半の半分くらい犯人が分かっている状態だったので、残念でした(笑)。「ここで思い出すなよ〜!」って自分をうらみながら観てました。

――本題に入って、ドラマデビューおめでとうございます。いきなり歴史ある「只野仁」シリーズですね。

もともと「只野仁」シリーズが大好きでした。第1作から数えて15年の歴史があるのですが、私は今23歳なので、最初のころはテレビでやっていても深夜過ぎて見られなかったんです。

今回のお話を頂いたとき、まさか只野仁に出られるなんて!って、すごく舞い上がりました。でも、いざマネジャーさんからメールで「台本が届きました。役はアナウンサーの谷村さつきです」って聞いて、本当にやるんだな…と焦ってしまいました。

「どうしよう!? どうしたらいいんだろう!」って感じで。監督の方にも初めてということで特別に演技レッスンをつけていただいたりもしたのですが、最初はすごくうれしくて、自分のことだとは信じられませんでした。

――勝手なイメージですが、サラリーマン男性にササるドラマ、という感じなのかなと思いましたが、うら若き乙女の伊東さんが魅力に感じたところは?

映画やドラマを見て、シリアスな気分になるのもいいんですけど、疲れて帰ってきたときに、只野仁を見るとすごく面白くて! いい意味で「いや〜、そんなわけないでしょう〜!」ということもあって。

私は「意外だね」って言われることが多いんですけど、「夜只野」と「昼只野」だったら、どちらかというと昼只野の方が好きで、こんな人が身の回りにいたら面白いだろうなって(笑)。

考えさせられるドラマや、恋愛モノ、センチメンタルな作品ももちろん見ますが、こういう感じのドラマを見る方が個人的には好きです。だから気持ちはサラリーマンなのかもしれません(笑)。

――「昼只野」のようなうだつが上がらないけど、ちょっとチャーミングな方がお好きなんですか?(笑)

そうかもしれません(笑)。でも、面白くないですか? 何回同じ理由で休むんだよ! ってツッコミたくなりました。それに女の人から疎まれている感じとか、いいですよね〜。

――では今回演じられた谷村さつきのキャラクターについて教えてください。

さつきは三浦理恵子さん演じる新水真由子アナの後輩として入ってきた新人アナウンサーです。アナウンサーとしてのスキルも高くて、すごく人気がある、という完璧な女子アナなんです。

仕事を頼まれる前から、ディレクターさんに「この仕事は新水アナじゃなくて、さつきちゃんでいこうよ」って言われるくらいのしっかり者ですね。

――優秀なんですね! 結構ハードル上がっちゃいそうですが・・

そうなんですよ! 新人アナウンサーということに関しては私も同じなので、新しいお仕事をもらったり、自分がやったお仕事に関して「いや〜良かったよ〜」ってディレクターさんから言われたりするシーンなどは、私自身が感じたまま出した部分もありますし、さつきはものすごくしっかりした女子アナというところもポイントなんです。

でも、私っていろいろな人に「天然だよね」って言われるくらい、実は全然しっかりしていないんですよ。決してしっかり者の女子アナと思われていないんです(笑)。そういう意味では、しっかり者というところを役作りの上で一番意識しました。

――アナウンサーあるあるのようなことはありましたか?

まず水着で原稿を読むことはしないと思うんですけどね(笑)。“アナウンサーあるある”というより、むしろアナウンサーをするのと、演技でアナウンサーを演じるのとではこんなに違うんだ!と思ったことがたくさんありました。

私たちはニュースを読むときにカンペを出していただいて読むので、“せりふ”は覚えなくていいんですけど、女優さんはせりふをすべて覚えて役に成り切るので、そこが一番違いました。

――先輩アナウンサー役・三浦さんの印象はどうですか?

今回、少しだけ高橋克典さんとのシーンがあったのですが、それ以外はずっと三浦さんの横でやらせていただいたんです。

初めての演技だったので、分からないことがあれば教えていただきましたし、もう1回撮ることになってしまったとき「次も頑張ろう!」「大丈夫だよ〜」って感じで、プレッシャーどころか励ましていただいたので、感謝しかないですね。

――現場でのやりとりで印象に残っていることは?

最後に撮ったのが、プールサイドでの「私をプールに連れてって」という番組内のコーナーなんです。そこに新水アナとさつきが一緒に行くという場面だったんですけど、その時にすごい雨が降ってきて、本当に寒かったんです。現場で三浦さんと2人で「寒いねえ」って言いながら撮ったのが一番印象に残りました。

――まさかの水着シーンですね(笑)。

そうです!(笑) 一番の見どころとして、さつきが普通に服を着て新水アナと報道していて、そこからディレクターの合図で私がパッと服を脱ぐシーンがあるんですよ。そこは本当に苦労して撮ったので、見てくださる方にはぜひチェックしていただければうれしいです。

――主演の高橋さんの印象はいかがでしたか?

「只野仁」シリーズのファンだったので、お会いする前から格好いい方だなと思っていました。今回、最初のシーンが、只野の魅力でやられちゃうというシーンだったんです。

演技自体が初めてなのに、最初のシーンが克典さんと!? 待って! それはさすがにどうしよう!と焦りました。

しかもそのとき、夜只野じゃなくて、昼只野だったんですよ。それは撮影するまで知らされていなくて、ドキドキし過ぎて、面白かったこと以外は覚えていません(笑)。

――大好きな「昼只野」の方だったんですね〜(笑)。

そうなんですよ。本当に格好良くて! 仕事をしていて良かった〜!って思いました。

――そこですか!(笑) 現場でお話もできましたか?

はい! 会見のときも楽屋でお話できましたし、撮影中も一緒になった日は控室でお声掛けしていただけて、うれしかったです。

――今後もし「只野仁」シリーズが続くとしたら、意気込みをお願いします。

今回の撮影では、終盤になってから少しづつ演技ができるようになってきて、演技をするのはこんなにも楽しいんだ!って気付いたので、次に出られる機会があれば、もっと谷村さつきをきちんと、自分の100%の力で演じられるようにしたいと思います。次はもっと話のキーになる状況だったらうれしいですね。

――2017年は大活躍の年だったかと思いますが、ご自分としてはどんな年だったと思われますか?

ドラマに出演させていただいたり、写真集を出させていただいたり、あらためて振り返って、自分に起こったことだとは思えないくらい2017年にはたくさんいろいろなことをさせていただいて、身に余ることだと感じています。

2017年の1月には、「年末にはこんな状況になっているよ」って言われても信じられなかったと思うんです。それくらいこの1年で驚くことがたくさんありましたし、自分自身でもまだ付いていけていない状況なので、感謝の1年です。

――2018年はどうしたいですか?

グラビアもそうですし、ドラマに出させていただいて、演技をするということに関してはすごく楽しいことだなってことに気が付いたので、演技ももしお話があれば頑張りたいです。

そして何よりも、私はずっと朝の番組で“お天気お姉さん”を目標にしてきたので、その夢がかなえられればいいなと思っています。

――演技はそんなに楽しかったんですか?

本当に楽しかったです! 今後もいろいろな役をやってみたいですね。今回は女子アナということで、そんなには掛け離れた役ではなかったのですが、次は絶対に私の人生では味わえないような役もやってみたいです。

――確かにそれが女優さんの醍醐味(だいごみ)ですよね。殺人犯にも刑事にもなれますからね!

いや、殺人犯はちょっとイヤかもしれないですね…(笑)。(ザテレビジョン)