フランス発祥の「オーロラソース」。フランス語の「オーロラ」には、“明け方の空の色”という意味があり、優しい色合いが特徴です。ベシャメルソースに、トマトピューレとバターを混ぜて作られますが、日本ではなぜかケチャップとマヨネーズを混ぜたソースにその名前がついています。

大人も子どもも大好きな味を、プリプリのエビにたっぷり絡めて。
混ざり合う紅白の優しい色合いと絶妙な味のバランスをお楽しみください。

■エビのオーロラソース

調理時間 30分 1人分 332Kcal


レシピ制作 中島 和代/杉本 亜希子


<材料 2人分>
エビ 10〜12尾
<洗う用>
 塩 大さじ1
 片栗粉 大さじ2〜3
<下味>
 塩コショウ 少々
 片栗粉大さじ 1.5
赤パプリカ 1/2個
ピーマン 2個
<オーロラソース>
 マヨネーズ 大さじ2
 ケチャップ 大さじ1.5
 ニンニク(すりおろし) 1/2片分
 コショウ 少々
揚げ油適量
レタス 5〜6枚
リンゴ 1/4個

<下準備>
・エビは殻をむき、尾はひっぱって殻を取り除き、背ワタを取り除く。<洗う用>の塩をもみ込み、塩の粒がなくなったら片栗粉を加えて水分を吸い取るようにもみ込み、水洗いしてキッチンペーパーで包んで水気を拭き取る。<下味>の塩コショウをし、片栗粉をまぶす。


・赤パプリカはヘタと種を取り、ひとくち大に切る。

・ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り、ひとくち大に切る。

・大きめのボウルに<オーロラソース>の材料を混ぜ合わせる。

・レタスはせん切りにして冷水に放ち、ザルに上げる。

・リンゴは芯を取って、皮ごと薄切りにする。

<作り方>
1、170℃に予熱した揚げ油でエビをカリッと揚げ、油をきる。続けて赤パプリカ、ピーマンもサッと揚げて取り出す。


2、<オーロラソース>のボウルに(1)を加えて和える。器にレタスとリンゴを広げて盛り合わせる。


おもてなしの一品としても、喜ばれますよ!
(KMmama)