「最大の番狂わせ」は、この城をめぐって争われた「あの戦」でした(画像:LOCO / PIXTA)

勝負の世界は、必ずしも実績や名声が結果に直結するとは限らない。
戦国時代にも、誰もが知る著名な武将たちは、ほぼ例外なく戦場での「番狂わせ」や「予期せぬ事態」に遭遇していた。そして、それが本人の運命を大きく左右したケースも少なくない。
「日本史を学び直すための最良の書」として、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計20万部のベストセラーになっている。
本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「戦国の番狂わせ」を解説する。

本能寺の変は足利義昭が黒幕?

2017年9月、「本能寺の変」に関連する手紙の発見が大きなニュースになりました。

見つかったのは、事件の犯人だった明智光秀が書いた手紙の自筆原本で、彼が主君の織田信長を暗殺した10日後、豊臣秀吉と戦って敗れることになる山崎の戦い前日に、反信長派の紀伊雑賀衆(さいかしゅう)土橋重治(つちはし しげはる)に宛てたものです。

この手紙は、手書きの写しは知られていましたが、原本からは光秀の筆跡や細かい折り目などから「密書」の緊迫した雰囲気も感じられ、貴重な発見となりました。

書面には、信長に追放されて鞆(とも)の浦(広島県福山市)に身を寄せていた将軍足利義昭を、光秀が再び京都に迎えようと奔走している様子が書かれており、これを根拠に、本能寺の変は光秀による単独犯行ではなく、「義昭が黒幕」だった可能性を指摘する声もあります。

もちろん、これには反論もあり、窮地に立たされた光秀が、味方を募るために将軍の名を利用した、たんなる「フェイクニュース」を出したのだとする説など、事件の真相をめぐってはこれからも議論が続きそうです。

ところで、「本能寺の変」は天下統一を目前にした信長にとって、まさに「番狂わせ」な出来事でした。そもそも戦国時代には「予想外の結末を迎えた合戦」は数多く存在します。

そこで今回は、あの有名武将も直面した「番狂わせ」について解説します。

今回も、よく聞かれる質問に答える形で、解説しましょう。

Q1. 戦国時代の戦いは「番狂わせ」ばかりだったのですか?

いいえ。いくら「下克上の世」とはいっても、そう頻繁に奇跡的な「番狂わせ」があったわけではなく、いわば「順当」な結果に終わるケースが一般的でした。

たとえば、戦国の戦巧者が同じ場所で5回も対戦したことで名高い、川中島の戦いです。

安易に「番狂わせ」を狙っても…

【謙信あと一歩及ばず】上杉謙信vs.武田信玄 〜川中島の戦い〜

それまでずっと引き分けてきた上杉謙信と武田信玄による因縁の対決は、ついに謙信が勝機をつかんだかにみえました。

永禄4(1561)年、信州川中島(長野県長野市)では、謙信と信玄の北信濃をめぐる4度目の戦いが繰り広げられていました。

互いに相手の手の内をよく知る宿敵同士。謙信は敵の別働隊が背後から奇襲してくる、いわゆる「啄木鳥(きつつき)の兵法」を察知し、その夜密かに、兵が手薄となった信玄の本陣前に迫ります。そして、朝靄(あさもや)が晴れると同時に総攻撃を開始して、信玄をあと一歩のところまで追い詰めました。

「ついに川中島の戦いに決着がつくのか!?」と思われたところへ、武田別働隊が遅れて駆けつけます。これによって形勢はにわかに逆転。謙信も味方を半数近くも失うなど、またも戦いに決着はつきませんでした。両者は3年後に再度、5度目の対決で相まみえることになります。

【若き家康に厚すぎた壁】徳川家康vs.武田信玄 〜三方原の戦い〜

のちに戦国の覇者となる徳川家康も、その昔、戦国最強とも称される武田信玄から番狂わせの金星を狙って、逆に地獄を見たことがありました。

元亀3(1572)年、後北条氏と同盟を結んだ信玄は、ついに織田信長打倒を掲げて、家康の領有する遠江(静岡県西部)へと侵攻を開始しました。

家康は信長からの援軍とともに、浜松城に籠城します。すると、武田軍は城をまるで無視して、そのまま軍勢を家康の本拠地である三河(愛知県東部)方面に進める姿勢を見せたのです。

これを見た家康は、チャンス到来とばかりに追撃に出たところ、三方ヶ原(みかたがはら・静岡県浜松市)で待ち構えていた信玄のわなにはまり、散々に蹂躙(じゅうりん)された揚げ句、命からがら城へ逃げ帰る結果となりました。

リスクの高い城攻めを回避する信玄の巧妙な策略に、家康はまんまと引っ掛かり、「番狂わせの狙い」は失敗に終わったのです。

もう1つ、「順当」な結果に終わったケースが、足利義昭vs.織田信長の「槙島(まきしま)城の戦い」です。

【身のほど知らずの将軍】足利義昭vs.織田信長 〜槙島城の戦い〜

室町幕府最後の将軍・足利義昭が、織田信長に「無謀な戦い」を挑み、幕府を滅ぼすことになった戦いです。

天正元(1573)年、義昭は信長に反旗を翻し、槙島城(京都府宇治市)で挙兵します。

当初は信長の協力で幕府の再興を果たした義昭ですが、実際は信長の傀儡(かいらい)にすぎなかったことから、これを恨んで「番狂わせの一発逆転」を狙い、全国の大名にも信長打倒を呼びかけます。そして、本願寺をはじめ武田・朝倉・浅井氏らによる一大包囲網を築きました。

しかし、最も頼りにしていた信玄が病に斃(たお)れたこともあり、足利勢は息を吹き返した信長勢に「瞬殺」されて、「番狂わせ」はなりませんでした。その結果、義昭は京都から追放となり、足利幕府は終焉しました。

信長を襲った「番狂わせ」の連鎖

Q2. では、実際にあった「番狂わせ」にはどんなものがありますか?

まず思い浮かぶのは、「あの歴史的英雄」にまつわる戦いです。

【信長、民衆に敗れる】織田信長vs.一向一揆 〜長島攻め〜

織田信長のような有力大名が、民衆勢に敗れるという「番狂わせ」がありました。

当時、信長は隣国の美濃(岐阜県)を平定し、足利義昭を奉じて将軍に据えて、天下の実権を握った状態でした。さらに、姉川の戦いで浅井・朝倉の連合軍を破るなど、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

そんな元亀2(1571)年、長島(三重県桑名市長島町)の一向一揆に弟を殺された信長は、5万の兵で長島に出陣します。しかし、一揆勢の抵抗を前に、有力部将が死傷するなど手も足も出ません。結局、撤退を余儀なくされました。

一揆側が、信仰の総本山である石山本願寺から鉄砲を大量に供与されていたことや、作戦面でも的確な指導層が来援していたことなどが敗因でした。

織田信長にとって「最も番狂わせ」だったのは、その生涯を閉じることになった「本能寺の変」でしょう。

最も信頼を置いていた家臣に裏切られた織田信長

【信長、痛恨の想定外】織田信長vs.明智光秀 〜本能寺の変〜

天正10(1582)年、最大の脅威だった甲斐(山梨県)の武田氏を滅ぼし、天下統一に邁進する信長は、続いて中国・四国地方の制圧に本格的に着手しました。しかし、出陣を前に貴族との会合のため京都に向かったところ、宿舎である本能寺を襲撃され、まさかの落命となります。

襲ったのは明智光秀。信長にとっては、秀吉とともに最も信頼を置いていた家臣でした。何度となく危険な戦場を生き延びてきた信長にとって、ここで家臣の手に落ちることになろうとは、夢にも思っていなかったことでしょう。

【目算を誤った光秀】明智光秀vs.羽柴秀吉 〜山崎の戦い〜

こうして手に入れた明智光秀の天下も、わずか11日でついえる「番狂わせ」に終わりました。

本能寺の変後、光秀はすぐさま信長の本拠である安土城を奪って、近江(滋賀県)をおさえます。この前後の数日間に、光秀は冒頭にも紹介したように諸将に手紙を送るなど、自らが起こしたクーデターを成功させるために、次の手を練っていました。

ところが、事件をいち早く知った秀吉が、「予想外の素早い反攻」に出ます。事件の翌々日には、戦っていた備中高松城(岡山市)で相手方の毛利氏と和睦を結ぶと、またたく間に軍勢を移動させて、和睦から9日後に山崎(京都府大山崎町)で光秀と対峙していたのです。結果、この山崎の戦いで光秀は敗死しました。

秀吉がこんなに素早く行動を起こそうとは、光秀にとってはあまりにも想定外、「番狂わせな出来事」でした。

Q3. そのほかに、有名な番狂わせといえば何でしょう?

私たちがよく知る「関ヶ原の戦い」も、「番狂わせ」続きの戦いでした。

関ヶ原の戦いで石田三成が描いた大勝利の構想は、「番狂わせに次ぐ番狂わせ」で瓦解しました。

関ヶ原の戦いは「番狂わせ」だらけ

【三成から諸将が続々と離反】石田三成vs.徳川家康 〜関ヶ原の戦い〜

豊臣秀吉が死ぬと、徳川家康は政権内で横暴な行為を繰り返すようになりました。これに対して、石田三成ら政権中枢にあった大老・奉行の多くは、強い反感を抱きます。

そして慶長5(1600)年、彼らはついに家康の排除を画策し、家康が会津討伐のために大坂を離れたすきに、大規模な挙兵を行います。挙兵の名目は、「公儀(豊臣家)」に背いた「逆賊・家康」の討伐です。家康と戦う大義があった三成は、家康を「豊臣家の敵」だと糾弾すれば、全国の諸大名が呼応してくれると思ったのです。

しかし、豊臣政権に属する全国の大名に大動員を命じても、思うように兵が集まりません。豊臣恩顧の大名でも、三成を嫌悪する者も多く、彼らは家康方についてしまったのです。これが三成にとっての「最初の番狂わせ」でした。

それでも兵をまとめた三成は、家康の軍勢と美濃関ヶ原(岐阜県関ケ原町)で決戦となりました。逆賊・家康を相手に大義があった三成側が当然、優勢と目されていました。

ところが、ふたを開けてみれば、戦いはわずか半日で家康の勝利となってしまうのです。これは、三成にとってさらに番狂わせが発生した結果でした。よく知られているとおり、小早川秀秋や吉川広家といった石田方の諸将から、離反者が相次いだのです。

こうして石田方の軍勢は崩壊状態となり、敗れた三成はあえなく処刑されました。

家康の嫡子である徳川秀忠にとっての関ヶ原の戦いも、まさに「番狂わせ」の連続でした。

徳川秀忠の大失態、黒田如水のついえた野望

【秀忠踏んだり蹴ったり】徳川秀忠vs.真田昌幸 〜関ヶ原の戦い(信州)〜

石田三成らの挙兵を知った家康は、会津への出陣を中止すると、軍勢を二手に分けて、自らは東海道を、秀忠には中山道を進軍させました。

秀忠はその途上、家康に命じられた真田氏の上田城(長野県上田市)の攻略にとりかかります。攻める秀忠勢は3万8000、対する真田にはわずか2500の兵しかおらず、秀忠にしてみれば、半日もあればひと思いにひねり潰せるはずの敵でした。

ところが、真田氏は得意のゲリラ戦による巧みな戦術で秀忠を翻弄します。秀忠は大軍をもってしても容易に真田を陥落させることができず、無駄に日数を費やします。そして最終的には、城の攻略を断念して、中山道を急ぎ決戦場へ向かうことになるのです。

しかし、ここで秀忠は「再び番狂わせ」に見舞われます。真田に足止めされたことも影響して、秀忠は関ヶ原の決戦に間に合わないという大失態を演じたのです。これによって秀忠は、大きく面目を失いました。

【如水、天下の夢破れる】黒田如水vs.大友義統 〜関ヶ原の戦い(九州)〜

黒田如水(官兵衛)に舞い降りた天下人へのチャンスは、「番狂わせ」とともに露と消えました。

関ヶ原の戦いで、九州では東西両軍の諸大名と将兵の多くが不在になりました。これを見た大友義統(よしむね)が、改易されていた旧領の豊後(大分県)を回復しようと軍事行動を起こすなど、九州は一時的に無法状態の様相を呈していました。

こうした状況の中、息子の長政を関ヶ原に派遣した豊前(福岡県東部と大分県北部)の黒田如水(官兵衛)は、寄せ集めた兵を率い、石垣原(いしがきばる・大分県別府市)で義統を破ると、勢いに乗じてそのまま九州を席捲しようと、諸城を次々と襲い始めました。

実は如水は、「三成と家康の争乱が長引く」ことを想定して、「その間に九州を平定して、あわよくば天下をかすめ取ろう」という野心をもっていたのです。

ところが如水の予想に反して、関ヶ原での決着は1日でついてしまいます。如水にとって、これは「まさかの番狂わせ」でした。九州の大名にもほどなく停戦が命じられたため、彼の野望はここについえました。

Q4. では、戦国「最大の番狂わせ」は何でしょう?

厳密には戦国の戦いではないかもしれませんが、大坂の陣での真田幸村(信繁)こそ、間違いなく「最大の番狂わせ」の1つです。

【ダークホース幸村】豊臣秀頼・真田幸村vs.徳川家康 〜大坂冬の陣〜

豊臣と徳川の決戦となった大坂の冬の陣では、圧倒的優位に立つ徳川家康が、当時まだ無名だった真田幸村という1人の武将に翻弄される「大番狂わせ」が起きました。

関ヶ原の戦いで政権を掌握し、江戸幕府を開いた家康は、恭順の姿勢をみせない豊臣秀頼に対し、慶長19(1614)年、20万もの兵で秀頼の居城である大坂城(大阪府大阪市)を包囲しました。豊臣方の軍勢は、関ヶ原で敗れて改易となった旧大名や牢人衆ばかり。とうてい家康の軍勢にはかなわないと思われました。

とはいえ、秀吉が生前、心血を注いで築き上げた大坂城の守りは鉄壁にちかく、攻略は容易ではありません。ただ、百戦錬磨の家康は、城の外周部にある唯一の弱点を知っており、そこを集中して突けば勝利できると考えていました。

しかし結局、家康は大坂城を攻略できなかったのです。それは、城の弱点に気づいた豊臣方の真田幸村が、これを逆手に「真田丸」という強固な砦をこの地点に築いたためです。

このため、徳川勢の猛攻はことごとく撃退され、ついには家康に大坂城の攻略をいったん断念させるという「大番狂わせ」となったのです。

真田幸村、「番狂わせ」から永遠のヒーローに


大阪冬の陣の翌年、家康は再び大坂城を包囲する大坂夏の陣を起こします。このとき、大坂城は家康によって堀を埋められて裸城も同然。家康の勝利を疑う者は誰もいない状況でした。

しかし、ここでも真田幸村が活躍します。こうした圧倒的に不利な状況のなか、決死の突撃で家康をあと一歩のところまで追い詰めるのです。これは家康にとっては、勝ち戦のはずが首をとられる「あわやの大番狂わせ」となるところでした。この大波乱を巻き起こしたすえ、幸村はついに悲運の最期を遂げました。

戦いを自らが主導するのは、実質的にこの大坂の陣が初めてだったにもかかわらず、歴戦の猛者である家康を終始にわたり苦しめ続けた幸村。その奮闘は戦後、敵側である徳川方の諸将からも称賛されました。

さらに、彼の活躍は後世、さまざまな物語の中で描かれた結果、いまなお幸村の名は「英雄」として語り継がれています。

戦国の合戦に限らず、日本史には思わぬ「番狂わせ」から時代が大きく変わっていくエピソードが数多く存在します。

日本史を学ぶことは、「ある特定の事実を知る」ことだけでなく、「その背景を見る目、物事を深く考える視点」も同時に養ってくれます。ぜひ、日本史を学び直すことで、大人に必要な「教養」と「思考力」をいっきに身に付けてください。