株式会社トヨタモデリスタインターナショナル(以下モデリスタ)は、トヨタ自動車直系のカスタマイズブランドです。ユーザーのライフスタイルをより魅力的にするための「もっと」に応えるために一歩先を行くカスタマイズを提案しています。

モデリスタのカスタマイズはエアロパーツやアルミホイールといったドレスアップパーツの開発・販売だけでなく、トヨタウェルキャブと呼ばれる福祉車両の製造も行うなど、幅広いユーザーのニーズに応えています。

2018年1月12日〜14日の3日間、幕張メッセで開催される「TOKYO AUTO SALON 2018」に、モデリスタは会社創立20周年を記念して製作したコンセプトカーを含む5台のカスタムカーを出展します。

モデリスタのモットーである「あなたの“もっと”に応えたい」をさらに深化させ、未来を見据えて製作したコンセプトカーの「SONIC EMOTION C-HR CONCEPT」はラグジュアリー感とスピード感を両立。従来のモデリスタが手掛けたカスタマイズカーにはなかった大胆なデザインとパーツ構成によって大きく変貌を遂げています。

そのほか、人気のミニバンの中からはトヨタ・ノアをベースとした「NOAH MU(Multi Utility)CONCEPT」を出展。「ファン×ファッショナブルモバイルベース」をコンセプトにスタイリッシュなスペースで家族や仲間と過ごせる極上な移動空間を提供。5人乗りのノアが車中泊も可能なモバイルベースに早変わりするなど、カーライフにもっと楽しさを加えるカスタマイズを得意するモデリスタらしいコンセプトカーに仕上がっています。

第45回東京モーターショーで発表され、注目が高かったのがクラウンコンセプトでしょう。次世代のクラウンとして発表されたクラウンコンセプトをモデリスタらしく、スポーティさとエレガントさをプラスし進化させた「CROWN CONCEPT  MODELLISTA」も出展予定。

そして、根強い人気を誇るトヨタ・ハイエースをカスタマイズした「HIACE Relax base」を出展。ネオレトロファンボックスをデザインコンセプトに、ビジネスシーンで活躍するハイエースをプライベートユースとして使用するユーザーに向けて、レトロ感のある内外装や幅広いレジャーシーンで対応できるように利便性を高めています。

ここまで紹介した4台に加えて、12月25日にマイナーチェンジしたばかりのトヨタ・アルファードがモデリスタのパーツを装着して早くも登場。パーフェクトラグジュアリーと名づけられた豪華絢爛なドレスアップは話題となるのは確実です。トヨタモデリスタブースはホール8にあり、ブースではミューズ(女神)と呼ばれる4人のコンパニオンがクルマの紹介をしてくれます。

(萩原文博)

【東京オートサロン2018】20周年を迎えたモデリスタブースは「女神」がクルマを紹介!?(http://clicccar.com/2017/12/29/543532/)