ナスDが「無人島0円生活」でも破天荒ぶりをさく裂!/(C)テレビ朝日

写真拡大

12月29日(金)夜6時30分から、よゐこと番組ディレクターのナスDが過酷な無人島生活を0円で乗り切る2泊3日のサバイバルバトルを繰り広げる「よゐこの無人島0円生活2017」(テレビ朝日系)が放送される。

【写真を見る】よゐこが極寒の海で恩人・ナスDへの思いを激白!?/(C)テレビ朝日

長きにわたりさまざまな無人島サバイバルに身を投じてきた元祖無人島芸人・よゐこは、今回で15回目の放送を迎えるにあたり、濱口優が対戦相手を指名することに。

その相手とは、「陸海空 地球征服するなんて」(毎週土曜夜9:58-10:59)の人気企画「部族アース」で体当たりアマゾン旅を展開し、一部で話題沸騰となった“破天荒ディレクター”ナスDだ。

よゐことナスDは、2016年9月に18年もの歴史に終止符を打った「いきなり!黄金伝説。」に濱口が挑戦を始めたころからの付き合いで、「無人島0円生活」でも出演者と裏方としてタッグを組んでいた間柄だ。

濱口は、「仕事でいろいろ引き出してくれたのもナスD。『無人島0円生活』での僕のキャラ自体もナスDが作ったようなものですし、ここ10年ほどこの番組でも着ている茶色の上着もナスDのお兄ちゃんの服ですからね(笑)。ナスDは“僕を作ってくれた博士”。“博士”が掘り起こしてくれんかったら、今の自分たちはないなって思います」とナスDへの熱い思いを告白。

有野晋哉も「20代のころの僕らは『シュールなコントをするよゐこさん』で、若い子にウケればいい…とか、自分たちでお客さんを選んでたんですよ。そんな僕らがちびっ子や大人の人気を得られたのは、『無人島0円生活』や『1ヶ月1万円生活』でナスDが生み出してくれた『高いテンションの優さん』のおかげやと思いますね」と明かす。

濱口は、無人島に向かう船から「俺の方が破天荒だ! 負けたくねぇ! 負けたくねぇんだよ! 子供たちにリアル無人島サバイバル見せてやる!」と気合十分。

有野は、なぜかパンツと靴下だけで、極寒の海へ入ることに。海の冷たさに悶絶しつつも「これくらいやらんと勝てへんやろな…」と濱口以上に体を張る姿も。

一方、相棒に指名した「陸海空 地球征服するなんて」のガイド・ホルヘがロケ2日前に急遽来日できなくなり、1人で無人島に向かうことになったナスDは、「不安はない! 出るからには全力でやる! 僕はただのスタッフだから、1人で5人分ぐらいやって、やっとテレビに出れる。1秒も無駄にしない」と力強く語る。

無人島に詳しいナスDが選んだ“夢の無人島”とはどんな島なのか、前代未聞の“芸人VSディレクター”による対決の行方に期待が高まる。

■ 「無人島0円生活2017」見どころ

島へ上陸するやいなや、いきなり海へ潜り魚をゲットするという幸先の良いスタートを切った濱口。さらに、有野も極寒の海をパンツ一丁で泳ぐという、命知らずな行動で撮影クルーの度肝を抜く。

一方、ナスDはなんと、モリを持たずに海へ潜ったかと思うと、素手でタコなどをゲットするという離れ業を披露する。

やがて濱口は、約1メートルの巨大生物と遭遇し、激闘を繰り広げることに。そして、ナスDは“自作のモリ”を作り始め…。

よゐこチームは、濱口の得意技「油へポーン(※魚を鍋に放り込んだときに、漏れた油が火に引火し、高く火柱が上がる現象)」で魚の素揚げを調理。さらに、2人は無人島恒例の地味に辛い「ちねり米(※小麦粉をこねたタネを米粒状にした疑似米)」づくりも徹夜で行いながら、ナスDとの思い出やけんかエピソード、無人島企画の誕生秘話などを語り合う。

対してナスDは、料理でも破天荒ぶりを発揮。調味料を一切持たずに上陸していたナスDは、ワイルドな調理法と、意外と上手い包丁さばきを次々と披露していく。

 (ザテレビジョン)