よゐこ濱口、ナスDとの対決に気合十分「俺の方が破天荒だ!」

写真拡大

番組から支給される必要最低限の水と調味料を元手に、過酷な無人島生活を0円で乗り切る2泊3日のサバイバル・バトル『無人島0円生活』(テレビ朝日系)が、12月29日(金)の18時30分から放送。長きにわたり、さまざまな無人島サバイバルに身を投じてきた元祖無人島芸人・よゐこ(濱口優&有野晋哉)だが、今回15回目の放送を迎えるにあたり、初めて濱口が対戦相手を指名。その相手とは、同局で放送されている『陸海空 地球征服するなんて』(毎週土曜 21:58〜)の人気企画「部族アース」で、怖いもの知らずのクレイジーな体当たりアマゾン旅を展開し、話題沸騰となった“破天荒ディレクター”通称「ナスD」こと友寄隆英だ。

よゐことナスDは、2016年9月に18年もの歴史に終止符を打った伝説番組『いきなり!黄金伝説。』に濱口が挑戦を始めた頃からの付き合いで、『無人島0円生活』でもずっと出演者と裏方としてタッグを組んでた間柄だ。濱口は「仕事でいろいろ引き出してくれたのもナスD。『無人島生活』での僕のキャラ自体もナスDが作ったようなものですし、ここ10年ほどこの番組でも着ている茶色の上着もナスDのお兄ちゃんの服ですからね(笑)。ナスDは“僕を作ってくれた博士”。“博士”が掘り起こしてくれんかったら、今の自分たちはないなって思います」と、ナスDへの熱い思いを告白した。また、相方の有野も「20代の頃の僕らは“シュールなコントをするよゐこさん”で、若い子にウケればいい……とか、自分たちでお客さんを選んでたんですよ。そんな僕らがちびっ子や大人の人気を得られたのは、『無人島0円生活』や『1ヶ月1万円生活』でナスDが生み出してくれた“高いテンションの優さん”のおかげやと思いますね」と、しみじみ。

無人島でのサバイバル術はもちろん、恩人である“博士”=ナスDの末恐ろしさも知り尽くすよゐこ。ナスDが相棒に指名した『陸海空地球征服するなんて』のガイド・ホルヘがロケ2日前に急遽来日できなくなり、ナスDは1人で無人島0円生活に挑むことになった。番組では両チームの生活ぶりを専門家と一般の方が評価。どちらがスゴかったかを競うが、今回は2人対1人とはいえ、なかなか手ごわい一戦となりそうだ。

濱口は無人島に向かう船から「俺の方が破天荒だ! 負けたくねぇ! 負けたくねぇんだよ! 子どもたちにリアル無人島サバイバルみせてやる!」と気合十分。島につくやいなや、極寒の海へと漁にでかける。有野も、なぜかパンツと靴下だけで、極寒の海へ入ることに……。海の冷たさに悶絶しつつも「これくらいやんと勝てへんやろな……」と濱口以上に体を張るが……。一方、ナスDは1人で無人島に向かうことになり、不安にかられるかと思いきや、「不安はない! 出るからには全力でやる! 僕はただのスタッフだから、1人で5人分位やって、やっとテレビに出れる。1秒も無駄にしない」と気合十分。無人島に人一倍詳しいナスDが選んだ“夢の無人島”という島は、どんな島なのか?