(写真提供=SPORTS KOREA)SOL(左)とG-DRAGON

写真拡大

韓国はもちろん、日本でも絶大な支持を集めているスーパーグループBIGBANG。

12月24日まで日本で行われたドームツアーでは、約69万6000人の観客を動員。2013年からの5年間で、累計420万5500人を集めたという。5年連続でドームツアーを行ったのは、海外アーティストとしてはBIGBANGが史上初めてである。

まさに空前絶後の人気を誇るスーパーグループだが、近頃は活動そのものよりも、彼らの兵役問題が話題に上ることが多い。

周知の通り、韓国では成人男子に約2年間の兵役義務があるが、来年に入隊を控えるメンバーがいるからだ。

東方神起のようになるべく早い再結集を狙う!?

そのメンバーとは、SOL(テヤン)とG-DRAGON。

現行の韓国兵役法では満18歳から満29歳までの間に兵役に就く必要があり、1988年生まれの2人は、来年が入隊のタイムリミットとなる。兵役免除の条件にも該当していないため、入隊は避けられない状態なのだ。

(参考記事:「えっ、そんな理由で?」兵役を免除された20人の韓国芸能人を一挙紹介!!

韓国メディアの情報を総合すると、女優ミン・ヒョリンと2018年2月に結婚することを発表したSOLは、式を挙げた直後の入隊が有力。8月生まれのG-DRAGONも、上半期中に入隊すると見られている。

また、1989年生まれのD-LITE(テソン)と1990年生まれのV.I(スンリ)も、タイムリミットギリギリまで入隊時期を延ばさず、近いうちに入隊を決断するだろうとの見方が強い。

その背景には兵役の入隊・除隊の時期の足並みをできるだけ揃え、グループの空白期間を最小化にして“再集結”する日を一日でも早めたい思いがあるからだろう。

今年、ユンホとチャンミンが除隊し、再集結直後から衰えぬ人気を見せている東方神起のように、BIGBANGもグループ内で兵役期間のズレをできる限りなくしたいのだろう。

実際、2016年12月にはSOLが韓国メディアとのインタビューで「メンバー全員が再び集結するまでの時間が長引かないように相談している。最大限、5人が再集結するまでの時間を短縮する方がいいと思う」と語っている。

韓国のアイドル業界は人気の移り変わりが激しく、EXOや防弾少年団だけではなく最近は今年の流行語まで生み出した「Wanna One」など新グループも続々と登場している。

そんななか、それぞれの入隊時期が異なればグループとしての空白期間は長くなり、人気やポジションを失ってしまうことにもなりかねない。

それよりもメンバーの入隊除隊時期にギャップを作らず、できるだけ近くすることで除隊後の芸能活動を揃って再開させたい。メンバーたちが次々と入隊して芸能活動を中断することはファンにとっては寂しいことだが、兵役後に再び揃って活動を再開するための次善策でもあるのだ。

T.O.Pの大麻吸引事件と「義務警察」制度廃止の影響

もっとも、韓国のメディアや大衆が注視しているのは、彼らが“いつ”兵役につくかだけではなく、“いかにして”もしくは“どんな”兵役生活を送っていくか、にもあるのかもしれない。

というのも、メンバー最年長で2017年2月にトップバッターで兵役に就いたT.O.Pが大麻吸引事件を起こしたからだ。T.O.Pの大麻吸引は入隊前の2016年10月の出来事だったとはいえ、事件は大きな波紋を呼んだ。

数年前にソウルでT.O.Pをロングインタビューをしたことがあるが、華やかなスポットライトの影で抱いているという孤独感についても率直に語ってくれる好青年だっただけに、筆者としても残念でならない事件だった。

この事件の余波は大きく、今年7月にはT.O.Pが入隊していた「義務警察」が2023年度までに廃止されることも決まった。

義務警察とは、警察の組織に身を置くことでそれが兵役となる軍代替制度のようなもので、RAINやSE7VENの不祥事などで“芸能兵”が廃止になって以降、近年は芸能人たちの“兵役受け皿”にもなっていた。T.O.Pの大麻吸引事件が制度廃止のひとつの引き金になったことは間違いないだろう。

T.O.Pは懲役10カ月、執行猶予2年の判決が下され、現在は「社会服務要員」として兵役を続けているが、あの事件があった分、メディアや世間がほかのメンバーたちの“兵役生活”に対しても目が光らせることは容易に想像がつく。

兵役は国民の義務である以上、スターであっても特別扱いも許されない。

ほかのアイドルたちの兵役生活とも比較されるだろうし、ミスや落ち度があろうものなら鋭く指摘もされるだろう。つまり、BIGBANGメンバーは兵役に就いたあとも、軍隊生活が何かと注目される運命から逃れられないのではないだろうか。

いずれにしても、差し当たってSOLとG-DRAGONの入隊タイムリミットが迫っているのは事実だ。

現時点では2人が社会服務要員や義務警察、予備役などの特殊兵を希望しているとの情報はなく、2人は現役兵として入隊すると予想されている。

12月30、31日にソウル・高尺スカイドームで開催される公演がグループの今年最後の活動となるが、はたしてメンバーたちの口から兵役の開始時期や入隊先についての具体的な言及はあるだろうか。

2017年の最後の最後までBIGBANGから目が離せそうにない。

(文=慎 武宏)