2017年、数々の映画やドラマで活躍し、今後の芸能界を背負って立つことを期待されるニューヒロインが多く誕生した。とくに今年のはじめ、火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)で「人生、チョロかった!」とインパクトのある台詞で話題をかっさらった吉岡里帆の飛躍は目覚ましいものだった。

 『カルテット』をはじめとする吉岡の今年の活躍から、彼女が持つ独特のヒロインの素質について、芸能ライターの佐藤結衣氏に聞いた。

「すでに女優さんにイメージが定着していると『カルテット』で演じた有朱のような振り切った役柄をものにするのは難しいです。当時の吉岡さんはまだブレイク途中だったからこそ、あの強烈なキャラクターを演じきり、“今どきの子”のアイコンとしてインパクトを残すことができました。能ある鷹は爪を隠す的な雰囲気や、若い女性特有のしたたかさ、目だけが笑っていない表情など、“演技している女性の演技”が本当に上手で、ミステリアスな魅力につながっていましたね。

 特に話題となった、最終回での『人生、チョロかった』との台詞は非常に潔く、むしろ痛快ささえ感じさせるものでした。2017年は“忖度”が流行語となりましたが、それをぶった切るような自由な態度にこそ、視聴者は惹かれたのだと思います。見た目は可愛いけれど、自分の中に明確で独特な価値基準を持っていて、そこにある種の強さと心の闇を同時に感じることができました」

 吉岡は以前、日曜劇場『ごめん、愛してる』(TBS系)でのインタビュー(吉岡里帆が語る、『ごめん、愛してる』凜華役への挑戦 「痛みに敏感な役で、自分自身も弱くなった」)の際に、「私はどんな人と話していても、その人の良いところよりも悪いところに興味を持ちます」と明かしていた。芝居をする上で、表面だけを見せるのではなく、そのキャラクターの背景を意識し、「技術ではなくて感情を磨く」のだと話していた。

 また、『ごめん、愛してる』では真逆の女性像を演じ、その演技の幅広さを見せたと、佐藤氏は続ける。

「『カルテット』での胡散臭さを感じさせる表情から一転、『ごめん、愛してる』では、恋に翻弄されているヒロインを演じ、繊細さを感じさせる涙の表情や、振り回されてる時の不安げな表情、相手を守ろうと懸命になる表情などで、喜怒哀楽を純粋に表現し、その演技力の確かさを知らしめました。変化球も投げることができるけれど、ストレートも投げられるという、役者としての幅広さを感じさせる演技でした」

 吉岡独特のヒロイン的素質について、佐藤氏は考察する。

「例えば、同じようにブレイクした女優として、石田ゆり子さんは視聴者を共感させていく存在、石原さとみさんは憧れる存在、有村架純さんは親近感を与える友達のような存在だとすると、吉岡さんはむしろ“簡単には共感できない”ことで存在感を示しているように思います。普通に考えると、そういう複雑な人物像は視聴者に受け入れられ難いと思うのですが、それでも人気を得られるところに、女優・吉岡里帆の強みがあるのでは」

 そんな吉岡には2018年以降、どんな期待が寄せられるのだろうか。

「吉岡さんは『どん兵衛』のCMで演じている“どんぎつね”にも見られるように、純粋に可愛らしさを打ち出していくこともできます。比較的さっぱりとした顔立ちだけど、ちゃんと愛嬌もあって、幅広い役柄に挑戦できる稀有な女優だと思いますし、彼女の演技をもっと様々な作品で見たいと望んでいるファンは多いはずです。個人的には、主演クラスで目が笑っていない演技を見せて欲しいところですね」

 2018年、1月クールの火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』で初主演を務めることが発表されている吉岡。自己評価が極めて低く、挙動不審な行動をとってしまうことから“キョドコ”というあだ名を持つ役柄で、吉岡はどんなユニークな演技を披露してくれるのだろうか。

(大和田茉椰)