主演を務める中井貴一が取材に応じた

写真拡大

2018年1月8日(月・祝)夜8時よりテレビ東京系で放送される新春ドラマスペシャル「娘の結婚」。小路幸也の同名小説を原作に、結婚に悩み、葛藤する父と娘の姿を描いたホームドラマだ。

【写真を見る】撮影現場で“神対応”を見せた中井貴一

男手一つで娘の実希(波瑠)を育ててきた孝彦(中井貴一)は、実希から突然、幼なじみの真(満島真之介)と結婚を考えていることを打ち明けられる。しかし、真の母・景子(キムラ緑子)には悪いうわさがあり、孝彦は思い悩む。

主演の中井や波瑠、満島にインタビューを敢行する短期連載企画。第1弾では、中井に作品や役柄の印象、またテレビ東京のイメージについてなど話を聞いた。

■ 波瑠や満島真之介に負けない!

――まず、台本を読んだ感想を教えてください。

原作を読んで決めたんですけど、最近ホームドラマが少なくなってきていますよね。事件ものや手術ものって自然と凹凸ができてくるけど、ホームドラマは淡々と進んでいかないといけない難しさがあると思います。皆さんに「そうそう」って共感してもらうのがホームドラマだと思うので、そう思ってもらえればいいかなって。

――共演の波瑠さん、満島真之介さんの印象はいかがですか?

僕らは先輩たちからもらったバトンを、二人に渡していくことが役目だなって。なので「負けない!」って思いました。彼らの時代が来るんだろうけど、そこに絶対に立ちはだかることが、彼らのためになるっていうのが心情です。

■ テレ東初出演に「いよいよこの時が来たな」

――テレビ東京の作品に初出演するということですが、テレ東のイメージはいかがですか?

中高大と一緒にいた僕の親友がテレビ東京にいるんですよ。入社した時に「中井がテレビ東京に出ることはまずないな。一生ないな(笑)」って話していて。一応「テレビ東京のドラマに出ることになった」って電話しようとしたら、プロデューサーが報告に行ってくれていたらしく、向こうから先に電話が来て「いよいよこの時が来たな」って(笑)。

現場にも来てくれました。今のところテレビ東京に出るっていうのは友人からの「いよいよその時が来たな」っていう言葉が一番大きいです(笑)。

――中井さんが理想とする家族像はありますか?

親が子供に何かを教えてあげようではなく、後ろ姿を見せることが教育になるのかなって。子供に見せられる後ろ姿で立てるかどうかというのが大事だと思います。そういうことができている家庭は理想かな。

――最後にどういう方にドラマを見ていただきたいですか?

親世代、子世代と幅広く見てもらいたいです。時代がどんなに変わっても結婚のあいさつだけはみんなすると思います。100年後でもLINEで送る人はいないと思うな(笑)。これだけは唯一家族の中で正面をきって、親子で話すってことなんじゃないかな。

【中井貴一の撮影後の様子をリポート!】

さらに、本誌は撮影終わりの中井の様子を取材! 撮影に協力してもらった商店街の人々に自らお礼のあいさつに行き、また写真撮影にも気さくに応じた。街の人々は中井のオーラに圧倒されながらも、フランクな対応に感激していた。中井は撮影について「忙しい雰囲気でした。早朝からロケで、それでいて最近ずっと雨が続いていて。36、7年仕事やってますけどこんなの初めてです(笑)。出演者は最高の人が出てくれているので、現場の雰囲気がいいです」と印象を明かした。(ザテレビジョン)