ドラマ「モブサイコ100」で連続ドラマ初出演の乃木坂46・与田祐希に直撃インタビュー!/撮影=大川晋児/取材・文=大小田真

写真拡大

乃木坂46の3期生・与田祐希が、1月18日(木)にスタートする木ドラ25「モブサイコ100」(テレビ東京ほか)で連続ドラマに初出演する。今夏リリースされた同グループの18thシングル「逃げ水」で大園桃子と共に3期生として初めてセンターポジションを務め、ソロ写真集をリリースするなど勢いに乗る彼女を、撮影現場で直撃した。

【写真を見る】ドラマではJC役に挑む乃木坂46・与田祐希の制服グラビアSHOT14連発!/撮影=大川晋児

「モブサイコ100」は、恋に奥手な超能力者・影山茂夫(通称:モブ/濱田龍臣)の活躍を描いた物語。与田はモブがあこがれるヒロイン・高嶺ツボミを演じる。

■ ツボミは親が見たら「祐希みたい」って思うかも(笑)

――ツボミはとにかく天然なキャラクターですが、ご自身との相違点は?

与田:“言い間違え”がツボミの魅力なんですけど、私自身、数えきれないぐらい言い間違えてきました。多分、親とかが見たら「祐希みたい」って思うんじゃないかな(笑)。今までどんな言い間違いをしてきたか…日常的過ぎて覚えてないですね。演じるうえで気を付けているのは、ちょっとキツイことを言ったりしますけど、ツボミとしては悪気があって言ってるわけじゃないので嫌な子に見えないようにしたいなって。でも、演技としてわざと言い間違えるのは結構、難しいんですよ(笑)。

――二度の舞台公演を経験したことは生かせていますか?

与田:はい。乃木坂46の3期生全員で舞台をやらせていただいて、普段の自分を捨てて振り切ることを学べたと思っています。ただ、その舞台とドラマの現場で一番違うのは、やっぱり周りにメンバーがいないことですね。3期生で舞台に出たときは「さっきの良かったよ」「あそこはこうした方がいいかも」という感じで、メンバーが気になったことを教えてくれました。そういう面で、今はちょっと心細さはありますね。ドラマが好きでよく見ているんですけど、やっぱり見るのと出るのでは全然違います。

――どんなジャンルのドラマが好き?

与田:何でも見ますよ。今は忙しくて実家にいたときほど見れていない気もしますが、放送されている連ドラはほとんど録画しています。お風呂に入りながらiPadで見たりすることもあるぐらい大好きですね。好きな女優さんは綾瀬はるかさん、石原さとみさん、同世代だと広瀬すずさんもステキだなって思います。「女優業を頑張りたいです!」と言えるほどの経験はありませんが、興味はあります。

――乃木坂46の中にも連ドラへの出演経験がある先輩が何人かいますよね。アドバイスを求めたりしますか?

与田:今、テレビ東京の別のドラマ(「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」)で主演されている(西野)七瀬さんに「不安なんですけど、どうしたらいいですか?」って聞いてみたんです。そうしたら、「周りの人たちとの付き合い方が大事だよ」「みんなが教えてくれるから、言われた通りにやってれば大丈夫! 堂々と頑張ってね」っておっしゃってくださって。ほかにもいくつか不安が解消されるようなアドバイスをいただきました。

■ モブくんみたいに超能力が使えたら○○したいなぁ〜

――早朝からの撮影なども多い中、体調面での不安もあるのでは?

与田:とにかく寒さが敵です(笑)。本当に苦手なんですよ〜。だから衣装の下にカイロを張っています。あっ、靴下の裏にも張ってるんですよ。ほら(笑)。

――おーっ! 足のサイズとほぼ同じくらいの大きなカイロですね。それなら防寒はバッチリかと。

与田:ただ、私の役は屋外での撮影が多いんです。ツボミは中学生なので登下校のシーンがたくさんありまして。下校中に友達とタコ焼き屋さんに寄ったり、すごく楽しいシーンなんですけどね。

――ご自身の学生時代には、下校中にどこかに寄ったりしていましたか?

与田:いえいえ、私の学校は寄り道が禁止だったので。というか、かなりの田舎に住んでいたのでそもそも寄り道できるようなスポットがほとんどありませんし(苦笑)。海沿いのコンクリートの壁の上を、バランスをとりながらツタツタ歩いたりしてましたけど(笑)。下校中に野生のイノシシと遭遇したことはありますよ。それぐらいの田舎なんです。

――グループの活動に加え、ドラマの撮影があるとご実家に帰る時間はなさそうですね。

与田:ゆっくり帰って、乃木坂に入る前の日常生活をもう1回味わいたいなって思うことがあります。このドラマのモブくんのように超能力が使えたら、瞬間移動したいなぁ。遠い実家にも一瞬で帰れますから。

――なるほど。作品の中では超能力や霊感的な力が登場しますが、実生活で不思議な体験をしたことはありますか?

与田:昔、お母さんと一緒に散歩をしているときに、海辺で怪しい人影を見たことはあります。でも、あれは人じゃなかったような…。不思議な体験だとそれぐらいですかね。あと…普通の人より動物の気持ちは分かると思います! 野生だったりペットだったり、とにかく周りに動物がたくさんいる環境で育ちましたから(笑)。

取材・文=大小田真(ザテレビジョン)