ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」でヒロイン・天野アイを演じる乃木坂46・西野七瀬に直撃インタビュー!/撮影=横山マサト/取材・文=大小田真/撮影協力=PROPS NOW

写真拡大

1989年から約3年間にわたり「週刊少年ジャンプ」に連載された恋愛SFマンガ「電影少女」が連続ドラマ化。西野七瀬(乃木坂46)と野村周平がW主演する土曜ドラマ24「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系)が2018年1月13日(土)よりスタートする。

【写真を見る】ビデオの中から出てきたアイちゃんにドキッ!?西野七瀬グラビアSHOT7連発!/撮影=横山マサト

ビデオ映像の中から飛び出してきた女の子・天野アイ(西野)が、そのビデオを再生した男子高校生・弄内翔(野村)の恋を応援する姿を描いた物語。西野は2015年に放送された「初森ベマーズ」で“乃木坂46”として主演を飾っているが、個人名義で連続ドラマに主演するのは初。

髪の毛をバッサリ20cmも切って今作に臨む彼女に、役に対する思いや演技について感じていることを聞いた。

■ アイちゃんは今まで演じてきた中でも振り切れたキャラです

――喜怒哀楽が激しくアクティブなアイは西野さんのイメージとは真逆な気がします。演じるうえで気を付けていることは?

西野:アイちゃんと私の性格が違い過ぎるので、現場に入る前にかなり時間をとってもらって本読みをしました。“個別指導”みたいな感じだったんですよ(笑)。毎回、それが終わると、めっちゃノドが疲れました。アイちゃんと私では発声の仕方から違うみたいです。男の子っぽいしゃべり方をすることも多いので、そんな場面では体の動かし方もなるべく男の子に寄せようと意識しています。

――監督からは具体的にどんな指導があったのでしょうか?

西野:アイちゃんのキャラクター作りはもちろんですけど、もっと演技の基礎的なところからアドバイスをいただきました。「西野さんはこういう感じは苦手だろうから、こっちの方法でアプローチすればいいと思うよ」という感じで。私はそれをなるべく台本に書き込んでいます。例えば…“ゆっくり”とか(笑)。セリフが早くなってしまうクセがあるみたいなんですよ。今まで自覚していなかったんですけどね。

――ドラマ、映画と演技経験を重ねてきましたが“演じること”に対する思いは?

西野:乃木坂に入って以降、ライブのステージには何度も立ってきました。でも、お芝居の経験は圧倒的に少ないので本当に難しいと感じています。今回のアイちゃんは、今まで演じてきた少ない経験の中でも一番振り切れているキャラクターなので、分かりやすくテンションをバッ!って上げないといけないんですけど、それがなかなかできなくて。監督さんから求められているものに追いついていない…というのは痛感しています。少しでも近づけるように、言われたことは忘れないようにメモして、寝る前に小さく声に出して読んだりしています。

■ ショートカットに秋元真夏がすっごい気に入ってくれてます(笑)

――やはり素の自分と違うキャラクターを演じることが難しい?

西野:それももちろんあるんですけど、もっと演技の基礎的な部分の話だと思います。ただ、やっぱり役をいただいたときは驚きました。お話をいただいてから原作マンガを初めて読んだときに「えっ!? この役!?」「なんで私なんだろう?」って思っちゃいましたから(笑)。ドラマの情報が解禁された後の反響は…怖くて見ていません。普段からエゴサーチはしないんです。自分のブログに寄せていただいたコメントには目を通しています。基本的にいいことを書いてくださっているので(笑)。

――オファーを受けた後、髪の毛をバッサリ切りましたね。かなり勇気が必要だったのでは?

西野:いつか短くしてみたいなって、ずっと思っていたので、いいきっかけをいただけたなと思っています。乃木坂のメンバーがいいリアクションをしてくれました。特に秋元真夏がすっごい気に入ってくれたみたいで、事あるごとに「かわいい〜!」って言いながら頭を触ってくれます。生駒(里奈)ちゃんも「もともとそういう髪型だったんじゃないの?って思うぐらい馴染んでるよ」って言ってくれました。まだハーフアップできるぐらいの長さはあるので、ヘアメークさんに簡単なセットの仕方を教えていただこうと思います。

――劇中のアイと同じく、学生時代に“恋のキューピッド”に変身したことは?

西野:いや〜、ないですね(笑)。友達の恋の相談を聞くことはありましたけど、何か行動を起こしたことはなかったと思います。

――ではさらに昔の話になると思いますが、ビデオデッキやテープに関する思い出はありますか?

西野:いつの間にかビデオじゃなくてDVDに代わっていましたけど、小さいころはうちにもビデオデッキがありました。何回も繰り返して見たのは「となりのトトロ」かなぁ。やっぱり小さかったのでアニメ映画が多かったですね。あと、テープを引っ張り出したりして遊んでいた記憶もあります(笑)。

取材・文=大小田真(ザテレビジョン)