「1周回って知らない話」の見どころや「ミス・ユニバース」について楽しそうに話す阿部桃子

写真拡大

ファッションモデルやタレントとして活躍し、2017年の「ミス・ユニバース」世界大会の日本代表にも選ばれた阿部桃子。1月10日(水)に放送される「1周回って知らない話」(夜7:00-7:56、日本テレビ系)では、パネリストとして出演する。収録を終えたばかりの阿部に、番組の見どころや「ミス・ユニバース」のことなどを聞いた。

【写真を見る】2017年「ミス・ユニバース」の日本代表に選ばれた阿部桃子

■ “2世タレント”の目線から番組を語る!

――今回のテーマは「2世タレントの親」でしたが、収録の感想を教えてください。

私も2世タレントなので、すごく共感できる部分が多かったです。例えば、渡辺美奈代さんは息子さんの(矢島)愛弥くんを溺愛されていて、結構私とリンクする部分がありました。私の父(阿部祐二)もちょっと異常なくらい私を溺愛しているので(笑)。「あ、分かる!」とすごく共感しながら、聞いていました。

――東野幸治さんと川田裕美さんと共演していかがでしたか?

すごく温かい方で、たくさん(話を)振って、盛り上げてくださいました。東野さんは私の話を倍にして返してくださるような方ですし、川田さんもいつも笑顔で温かく迎えてくださるような雰囲気の方です。

――今回のゲストの方々の印象を教えてください。

渡辺美奈代さんと河相我聞さんは以前ちょっとお会いしたことがあります。五大路子さんはすごく尊敬しているんですけれど、お話したことは全くなかったです。皆さん、息子さんに対してはやっぱり愛情がすごくて、やっぱり芸能人でも親子には変わりないんだなというのをすごく感じました。私の父もテレビなどに一緒に出ると、「いつも目がハートになっている」って言われています(笑)。今日、客観視してみて、すごくそれが分かるような気がしました。「多分、父もこんな感じなんだろうな」って思いながら、参加していました。

■ 「ミス・ユニバース」では封印していた一面が!?

――先ほど、憧れの方が志村けんさんだとおっしゃっていましたね。

あの、“変なおじさん”が大好きなんです! 私、昔からゴルフをやっていて、バラエティーはたくさん見られる方ではなかったんですけれど、やっぱり「(志村けんの)バカ殿(様)」(フジ系)は絶対録画をして見てしまうくらい好きです。もし、お会いできたら、一緒に“変なおじさん”のダンスをやりたいというのが夢です! でも、「ミス・ユニバース」の世界大会が終わるまではそれを封印しろって言われてたんです。「イメージ変わるから、絶対言っちゃ駄目」って言われて(苦笑)。なので、世界大会が終わって日本に帰ってきて、好きな食べ物も「ラーメン」って言えるようになりました! キャラを作ってたわけじゃないんですけど、ちょっとセーブしていたんです。やっと「『バカ殿』が好き」と言えるようになりました(笑)!

――他に、何か解禁されたことはありますか?

「変顔とかもやっちゃ駄目」って言われていましたし。もういろいろでした。「いつもちゃんとピシッとして座って、笑うときもおしとやかに」と言われていて、素とはちょっと違った感じでした。

――今後も新たな一面がみられるのでしょうか?

そうですね。これから機会をいただければ、バンバン素を出していきたいです(笑)。メークさんとスタイリストさんもみんな知っているんですが、天然なんです!

■ 「ミス・ユニバース」の心境を明かす!

――「ミス・ユニバース」日本代表に選ばれたときの感想を教えてください。

「ミス・ユニバース」日本代表は自分の実力だけで勝負したかったので、父の名前は最後まで出しませんでした。その結果、選ばれたことに対して、父もすごく喜んでくれました。その話をすると、最近はすぐ目がうるうるしてしまうらしくて(笑)。これまで父の涙って全然見たことなかったんですけどね。

――「ミス・ユニバース」の日本代表になってから、いろいろバラエティーに出られていますね。モデルとは全然違ったお仕事になると思いますが、テレビに出られていかがですか?

すごく楽しいですが、もう毎回、毎回が、勉強、勉強の日々です(苦笑)。今回ちょっとうまく話せなかったことを次までに絶対改善しようと思ったり、家でいつも自分の出演番組をチェックしたりしています。あとはトークが上手な方の番組をチェックしたり…。

――いろいろ勉強されているんですね。

そうですね。やっぱり(話を)振っていただいたときには、必ずちゃんと何かを返したいと思っていつも話をしています。

■ バラエティーで心掛けていることは?

――これまでバラエティーに出演されて、一番苦労したことを教えてください。

例えば東野さんもそうなんですけれど、「次(話を)振るよ」っていうときに、目をパッと向けてくださるんです。(明石家)さんまさんもそうですね。そのときに、目をそらしてしまうと振ってくださらないので、ちゃんと目を見て、ちゃんと話せるように、いつも心構えをしています。

やっぱり、出られている方は芸人さんが多いので。芸人を目指しているわけじゃないんですけれど、家に帰ると「今日、面白かったかなぁ?」って気になるんです。すると、父は「いや、芸人じゃなくて『ミス・ユニバース』なんだから、そんないつもウケは狙わなくていいじゃん!」みたいに言ってくれます。でも、「あのとき、ああ言えば良かった」とか、「あの笑いを取る芸人さんになりたい!」という勢いでいつも1人で反省会をしています(笑)。

――バラエティーに出て、自分の話でウケてもらえるとうれしいですよね。

そうですね。皆さんに笑っていただいて、「あっ、良かったな」って思っていただけるように、毎回頑張ってやっているつもりではあります。

■ 2018年にやりたいことは?

――2017年はどんな年でしたか? また、2018年にやりたいことについて、教えてください。

ちょうど1年前くらいに「ミス・ユニバース」の千葉代表に決まってから、日本代表になって、世界大会に行って、本当にもう「ミス・ユニバース」に専念して頑張ってきた1年でした。今までやってきたことの中で、すごい結果を残せたっていうことがあまりなかったので、「ミス・ユニバース」の日本代表になったことで両親に親孝行できたんじゃないかなと思いました。あとは、自分の気持ちにすごく正直に生きられた1年だったといいますか、やりたいことをすごく一生懸命やってこれた1年でしたね。

――その努力が実った感じですね。

やっぱり努力は裏切らないなというのを感じた1年でもありました。2018年も、まだまだ進化していきたいなと思っています。モデルもそうですけれど、ゴルフの方にもちょっと戻りたいなという気持ちもあります。ゴルフは常に練習して、自分らしくいれる場所でもあるので。「ゴルフをやりながら、まだ他の人が達成したことがないようなことを成しとげるような人間になりたい」というのが最終的な目標でもあります。

■ 初めての食リポを父・阿部祐二も絶賛!

――情報番組で、食リポにも挑戦されていましたね。

人生初の食リポでした。まだ経験が全然足りないんですけれども、また食リポもやりたいですね。

――お父様から何か言われましたか?

「自然体で良かった」って言っていました。父はあんまり駄目出ししないんです。なので、いつも溺愛する感じで「もう、一番良かったよ」とか言うんです(笑)。私はそこまで出来が良かったと思っていないのに、異常なぐらい褒めてもらいました。

――最後に、1月10日(水)の放送の見どころなどをお願いします。

「2世っていうのは、こういうイメージ」っていう概念があると思うんですけれど、いろいろ知らない一面もあると思います。今回はそれがすごく分かると思うんです。なので、私も2世タレントといわれていますけれど、そのイメージを少しでも変えられていけたらいいなと。親が子供のことをどれくらい理解しているかが分かるクイズとかもあって、多分、あれを私と父がやったら全問正解すると思います(笑)。ぜひ、親子で楽しんでいただけたらと思います!(ザテレビジョン)