表彰式を終え、ガッチリと握手を交わす小平奈緒(左)と高木美帆

写真拡大

 「スピードスケート・平昌五輪代表選考会」(28日、エムウエーブ)

 女子1000メートルでは、既に五輪出場を決めている世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分14秒58をマークし、国内最高記録を0・31秒更新して1位となった。これまでの国内最高記録を持っていた高木美帆(23)=日体大助手=は1分14秒79の2位で1500メートル、3000メートルに続く代表入りを確実とした。男子8人、女子10人が上限の代表は30日に正式発表される。

 小平と並び立ったレース後のインタビュー。また届かなかった最大のライバルを前に、高木美の本音がこぼれ出た。「負けて悔しい。食って掛かるつもりでいたけど、掛かりきれなかった」。五輪でもワンツーの期待が懸かる1000メートルだが、対小平は4連敗。浮かべた苦笑いに、もどかしさがにじんだ。

 経験の差が出た。過去の対戦ではアウトスタートだったが、この日はインから。小平が意識的に序盤を控えたことで、1周目のバックストレートで前に“出された”。「より足を動かさないとと、意識が向いてしまい、それが最後のキレの悪さにつながった」と、持ち味の伸びを消された。

 ただ、差は徐々に詰まりつつある。「強いけど、届かない距離ではない」。五輪の舞台では必ず逆転してみせる。