JR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」。この写真では機関車が先頭だが、このまま逆向きにも走ることができる「プッシュプル・トレイン」だ(写真:NOV / PIXTA)

2016年3月の北海道新幹線開業と引き換えに急行「はまなす」が廃止され、JR線上から機関車の牽引する定期客車列車が消滅した。客車列車は、鉄道の原点であるにもかかわらず、さまざまな弱点があることから特に日本では淘汰され、現在走っているのはイベント的要素の強い列車ばかりである。

蒸気機関車牽引列車(SL列車)は人気ゆえに各地で走っていて、「今でも乗れる客車列車」ベスト10をピックアップすると、そのほとんどがSL列車となってしまう。そこで今回は、あえてSL列車以外の客車列車にスポットを当ててみた(小湊鐵道「里山トロッコ列車」、伊予鉄道「坊っちゃん列車」は実態はディーゼル機関車ではあるが、SL風ということで今回は除外した)。単発のイベント列車は除き、週末限定、春から秋まで、冬季限定などを含め、ある程度定期的に走っているものの中から選んでいる。

北海道を代表する観光列車

1)JR北海道「ノロッコ号」(北海道)


この連載の一覧はこちら

JR北海道の代表的な観光列車。釧網本線を走る「くしろ湿原ノロッコ号」は、運転開始以来およそ四半世紀にもなり、後発の「富良野・美瑛ノロッコ号」とともに人気を博している。

列車はDE10形ディーゼル機関車に、かつて通勤用として使われていた50系客車を大改造した車両を4〜5両連結した編成だ。客車列車は機関車が先頭に立って牽引するのが通常の形だが、この列車は終点で進行方向が変わる際、機関車を切り離して列車の反対側に付け替える作業をすることなく、最後尾に連結したままで先頭の客車に設けた運転台から機関車を制御する「推進運転」を行う。欧米でよく見られる形で「プッシュプル・トレイン」と呼ばれる(ちなみに、機関車を前後に連結した列車を「プッシュプル」と呼ぶことがあるが、これは正確な表現ではない)。

人気列車ではあるものの、近年は車両の老朽化が進む。後継車両をどうするか、JR北海道の経営状態も関わり悩ましい問題である。

2)津軽鉄道のストーブ列車(青森県)

冬の風物詩として、すっかり有名になった「ストーブ列車」。正真正銘の旧型客車が使われている。凸形のディーゼル機関車が旧型客車を牽引する姿は、正に絵になる光景であった。


津軽鉄道のストーブ列車。ディーゼルカー「走れメロス号」が連結されている(筆者撮影)

しかし、旧型客車の老朽化にともない、維持管理のためストーブ列車券(400円)を運賃のほかに徴収しているため、通学生や地元の利用者のために、運賃だけで乗れるディーゼルカーを連結するようになった。さらに、ディーゼル機関車も老朽化のため、たびたび故障するようになり、機関車代用のディーゼルカーが連結される姿も珍しいものではない。このように、厳密な意味での客車列車とは言えない状況が頻発しているのは残念である。

SL列車かと思いきや…

3)真岡鐵道の快速列車(栃木県)
<SL列車運転終了後、下館から真岡まで運転(ディーゼル機関車牽引)>

土休日運転のSL列車「SLもおか」が、1日の運転を終えて下館駅に到着したのち、車両基地のある真岡駅へ戻る際に走る列車。回送とせず、ディーゼル機関車が客車3両と後ろ向きのSLを牽引して快速列車として走っている。SL列車運転日に限って定期的に運行される貴重な客車列車といえる。

4)JR東日本「EL碓氷」(群馬県)
<往路SLの場合は復路、復路SLの場合は往路でEL(電気機関車)牽引>

高崎を基地とする蒸気機関車D51形498号機およびC61形20号機は、「SLみなかみ」「SL碓氷」として土休日限定で運行している。「SLみなかみ」は、水上駅に転車台があるので、上り・下りどちらもSL牽引であるが、高崎―横川間を走る「SL碓氷」の場合は横川駅に転車台がないため、往復のどちらかは、電気機関車またはディーゼル機関車の牽引となる。最後尾にSLがぶらさがった状態で運転される貴重な客車列車である。ただし、毎週のように運転されるわけではないので、運転日は要チェックだ。

5)わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車(群馬県)


トロッコわたらせ渓谷号。トロッコ車両は元京王電鉄の電車だ(筆者撮影)

1998年から「トロッコわたらせ渓谷号」として、元JR東日本のDE10形ディーゼル機関車が4両の客車を牽引している。ただし、厳密に言うと、両端の車両は元国鉄の12系客車であるが、中間の2両は京王電鉄の5000系電車(初代)を大改造してトロッコ車両としたものなので、元は電車である。

人気列車となったので、2012年には「トロッコわっしー号」が誕生し、トロッコ列車は1日最大3往復できるようになった。しかし、「わっしー号」は、ディーゼルカーであり機関車を必要としない。将来、車両の老朽化が進めば、現行の客車列車は、わっしー号同様、ディーゼルカーに置き換わると思われる。

深山幽谷を行く客車列車

6)黒部峡谷鉄道のトロッコ列車(富山県)

線路幅762mmという特殊狭軌の鉄道で、観光用なので冬季は運休となる。公式の愛称は「トロッコ電車」であるけれど、実質は重連の電気機関車が牽引する客車列車である。客車には普通客車、特別客車、リラックス客車の3種類があり、目的や同行者など状況に応じて使い分けることができる。値段が異なるのは言うまでもない。

立山・黒部観光の目玉ではあるが、施設の老朽化が進み、来年度から料金を値上げする。値上げについて利用者に理解を求める旨告知を行ったのは異例のことであるが、維持費がかさむのは承知しているので、納得の上、乗車して応援したい。

7)大井川鐡道井川線(静岡県)

SL運転で有名な大井川本線の終点・千頭(せんず)からさらに山深いところを走り、井川に達する秘境的路線。愛称は「南アルプスあぷとライン」。一部を除いて非電化なので、ディーゼル機関車が牽引する客車列車である。ただし、終点で機回し(機関車の付け替え)を行わず、運転台付きの客車(制御客車)を先頭にしたプッシュプル運転を行っている。したがって、つねに千頭側に機関車が連結されている。

途中の一部区間(アプトいちしろ駅―長島ダム駅)は、ダムの建設によって水没することになったため、1990年に新線に切り替えられた。その際、新線は勾配が90‰(パーミル:1000mあたり90m上る)に達するため、線路の間にラックレールがあるアプト式を採用した。わが国では、1963年に信越本線の碓氷峠越えの区間が廃止になって以来の復活だった。この区間のみ電化されており、ディーゼル機関車の後ろに専用の電気機関車が連結される。

8)嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車(京都府)


紅葉の中を保津峡に沿って走る嵯峨野トロッコ列車(筆者撮影)

1989年、JR山陰本線の嵯峨(現・嵯峨嵐山)―馬堀間が電化のうえ複線化されるに際し、保津峡付近のカーブの多い区間は、トンネルと鉄橋で直進する新線に切り替わった。しかし、絶景区間だった旧線を廃止するには忍びないとして観光鉄道に生まれ変わり、1991年からトロッコ列車の運転が始まった。

列車はDE10形ディーゼル機関車が5両のトロッコ車両を連結した編成で、トロッコ嵯峨駅に向かう際は機関車が先頭、トロッコ亀岡駅へ向かう際は機関車が最後尾となり、トロッコ車両の先頭車にある運転台で制御するプッシュプル運転である。トロッコ車両は元は貨車で、トキ25000形無蓋車を大改造したものである。

当初の予想に反して活況を呈し、春や秋の観光シーズンには大混雑している。今や、京都観光に欠かせない乗り物となっている。

中国山地を走る「おろち」

9)JR木次線「奥出雲おろち号」(島根県)


「奥出雲おろち号」のディーゼル機関車(筆者撮影)

JR木次線の木次(きすき)―備後落合間で土休日を中心に1往復運転されるトロッコ列車。専用塗装のディーゼル機関車に同じく専用塗装の12系客車が2両連結され、うち1両がトロッコ車両に改造されている。この列車も、木次に向かう際は機関車が先頭、備後落合に向かう際は機関車が最後尾となり、先頭の客車から制御するというプッシュプル運転である。

木次線沿線には、JR西日本では唯一の3段式スイッチバックや松本清張の長編推理小説『砂の器』で有名になった亀嵩(かめだけ)駅などがあり、人気列車となっている。

10)門司港レトロ観光列車「潮風号」&南阿蘇鉄道トロッコ列車
(福岡県・熊本県)

北九州の門司港レトロ地区に残っていた貨物専用線の廃線跡を再利用し、観光用トロッコ列車が走っている。運行を始めたのは2009年春のことである。トロッコ客車は、島原鉄道で使っていた元国鉄の貨車、トラ70000形無蓋車を改造したものだ。

小型のディーゼル機関車も元国鉄の車両だが、国鉄時代は機関車ではなく貨車の入れ換え作業を行うための「貨車移動機」として使われていた。それを南阿蘇鉄道(熊本県)が譲り受け、同鉄道ではトロッコ列車「ゆうすげ号」牽引用として活躍。新型車両導入により引退したが、門司港レトロ観光列車開業のため、再度のご奉公となったのである。小型機関車で非力なので、2両のトロッコ車両の前後に機関車が連結され、ゆっくりと進む。

門司港と南阿蘇、両方のトロッコ列車は車窓は異なるものの、似たようなシステムの列車である。南阿蘇鉄道は震災で、いまだ全線復旧していない。トロッコ列車は春から運転再開する予定なので、応援のためにも乗りに行きたいものである。

客車はまだまだ元気だ!

【番外】「ななつ星」「カシオペア・クルーズ」


かつての「カシオペア」。始発駅の上野に向けて回送中の姿(筆者撮影)

豪華列車がブームとなっているが、その火付け役となったJR九州の「ななつ星in九州」は、ディーゼル機関車牽引の由緒正しき客車列車である。古い車両の改造などではなく、機関車も客車も、この列車のために新造された点が素晴らしい。「カシオペア」も定期的な運行は終わってしまったけれど、特別な列車として、時折東日本の各路線を走っている。すっかり高嶺の花になってしまったけれど、まだまだ活躍してほしいものである。

今回はSL列車を除外したため取り上げなかったが、JR西日本は今年、「SLやまぐち号」用の客車を新造した。内装・外観ともにSL全盛期の客車を再現した新型客車として注目を浴びている。JRでの定期列車としての運転は終わったとはいえ、まだまだ客車は過去の車両ではない。イベント用であっても構わない。あとに続く、新型客車の登場を期待したいと思う。