Photo:DOL

写真拡大

連日、価格が上昇し、一時はついに200万円台も突破した仮想通貨の「ビットコイン」。米国では、デリバティブ(金融派生商品)の市場として知られるシカゴ・オプション取引所が12月11日8時(日本時間)にビットコイン先物取引を開始し、来年前期中にはナスダック証券取引所でも取引が開始される予定だ。“沸騰”するビットコイン投資にダイヤモンド・オンラインの記者も挑戦してみた。(ダイヤモンド・オンライン編集部 松野友美)

高騰するビットコイン
一攫千金を夢見て投資

「ビットコイン価格が急上昇している。どんなものだか、実際にやってみたらどうだ」

 一旦、下がったビットコインの価格が再び上昇し始め、80万円を超えた11月6日、編集部のデスク(上司)から呼び出され、こう命じられた。

 テレビコマーシャルを始め、ニュース番組や経済誌でも特集されるなど、「仮想通貨」や「ビットコイン」といった文字を目にする機会は増えていたから、名前だけは知っていた。しかし、その実態は分からないことだらけ。ただ、急騰していることだけは知っていた。

 ビットコインとは、仮想通貨の一種で最もポピュラーなものだ。「仮想」なのでもちろん手に取ることはできない。売買は専用の取引所で行い、現金化する際は、業者を通して円やドルといったリアル通貨に換金しなければならない。

 発行総量は2140年までに2100万ビットコインと決まっているため、価格は需要と供給の関係によって変動する。安い手数料で国際送金したり、世界中で両替せずに使えたりする“世界通貨”になるべく発展している途中だ。

 最近は、そんなビットコインを安いときに買って、高値になったときに売って差額を儲ける投資法も注目を集めている。さらには、一定の保証金(証拠金)を差し入れれば、手元資金の最大5〜25倍(業者によって異なる)の取引ができる「レバレッジ取引」も普及し始め、高リスク・高リターンの投資に乗り出す投資家も増えてきた。

 ビットコイン取引業界の最大手、ビットフライヤーで公開されている価格遷移のグラフを見ると、2015年12月15日に11万7657円だった1ビットコイン(BTC)当たりの価格は、2年経過した今月15日には204万7688円にまで上昇し、なんと17倍以上になっている。価格は1日の間でも激しく上下するものの、長期的に見れば右肩上がりだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)