インドネシア大手銀行の買収計画を示した三菱東京UFJ銀行。同行は、今回の買収をアジアのネットワーク構築の集大成と位置付けている Photo by Takahisa Suzuki

写真拡大

 総額7000億円--。12月26日、3メガバンクの一角である三菱東京UFJ銀行が、邦銀最大規模となる海外銀行の買収計画を打ち出した。

 買収先はインドネシアのダナモン銀行。銀行業界において時価総額で同国第5位を誇る商業銀行で、大企業や中小企業の融資に加え、自動車ローンも得意とする。

 三菱東京UFJは、今回の買収によって出資分の利益を連結決算に取り込みながら、地場企業との関係強化も戦略の柱に据える。

 すでに買収計画は動き始めている。第一段階として、ダナモン銀行の現親会社であるシンガポールの政府系投資ファンド、テマセク・ホールディングスから、2017年内に19.9%の株式を取得。その後、段階的に出資比率を高め、第二段階として来年9月までに40%に引き上げる計画だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)