番組に出演する(写真左から)森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真/(C)HTB

写真拡大

2月4日(日)に「HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽」(昼1:55-3:20テレビ朝日系)が放送されることが分かった。

【写真を見る】第4弾でもメンバーたちは珍道中を繰り広げる!?/(C)HTB

北海道出身の演劇ユニット「TEAM NACS」が唯一そろう北海道ローカルの冠番組「ハナタレナックス」(北海道テレビ)が今回で4度目となる全国ネット特別番組を放送する。これまでは、第1弾は函館、第2弾は札幌&十勝、第3弾は知床と北海道の魅力もたっぷりに、珍道中を繰り広げてきた。

今回の舞台は、かつて北海道一の商業都市として栄えた歴史ある港町・小樽。 メンバーの森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真が、ゆるいからこそ面白い等身大の“食旅”バラエティーを届ける。

美食めぐりということで、港町ならではの新鮮で豪快な海の幸はもちろん、穴場の洋食や老舗のB級グルメにスイーツ、新千歳空港にもお店を構える人気店の“ここでしか食べられない” ご当地限定メニューが続々登場。さらに、有名グルメガイドにも認められた、上品で繊細な極上の寿司も。一行は、「小樽の美食」を求めてレトロなボンネットバスに乗り込み観光

ツアーへと出発する。

ただ、そう簡単に食べられる…ということは当然なく、絶品グルメを賭けたちょっと意地悪なクイズやゲームにチャレンジすることに。怒ったり、愚痴ったり、こぼしたり、ぼやいたり、店員に一目惚れしてみたり、素顔と本音丸出しのメンバーたちに、視聴者は「TEAM NACS」らしさを存分に楽しめそうだ。

ほか、人気の水族館でショーを観賞したり、視聴者プレゼント用にお土産を手作りしたりと内容は盛りだくさん。歴史情緒あふれる小樽をあーだこーだ言いながら旅する第4弾が今から待ちきれない。

ロケを終えたメンバーたちからもコメントが到着。森崎が「大泉は、北海道の仕事、とくにハナタレを観光気分でやっている」とズバリ指摘すると、大泉も「そう、これは余暇。ハナタレは趣味!」と堂々と宣言。だが、戸次は「僕は東京では、この番組のこと隠している。でも、ドラマの共演者には案外見られている」と告白する。そして、安田は「(前回、前々回と遅刻したが)今回は、遅刻しなかった」と、アピール。すると、音尾は「安田さんの遅刻がなかったので、正直面白くない」と打ち明けると、一同は「やめなさいって!」と止めに入った。

今回は美食めぐりとなるが、「食べ物がすごかったね!いろいろ知ることができてオススメしたい店が一気に増えた!」(森崎)、「小樽と言えばお寿司だけど、とんでもないところに行かせてもらったし」(戸次)と、旅を存分に楽しめたようだ。

また、1年振りの全国放送に大泉は「(全国放送ということでいつもより大きな予算に慣れない)スタッフに金をもたせるとロクなことにならないことがよく分かった。車両が13台! そのうち数台は、ドライバーしか乗ってなかった」と、衝撃の暴露を披露。さらに、「車両1台、行方不明になったし…」(森崎)、「警備員の数もすごかったけど、誰も寄ってこない…」(大泉)と次々エピソードを明かし、戸次も「恥ずかしかったね、あれは」と振り返っていた。

最後に大泉は、「小樽は、札幌の人にとって身近な街だけれど、その僕らにしても“小樽にこんな魅力があったのか!“と知る面白い内容になっています」と視聴者へあらためてアピールした。

(ザテレビジョン)