米経済誌フォーブスの中国版が27日に上海で発表した「中国本土最優秀ビジネス都市ランキング」では、100都市が選ばれ、ベスト10には上海、広州、北京、南京、武漢、深セン、重慶、蘇州、青島、杭州が並んだ。写真は上海。

写真拡大

米経済誌フォーブスの中国版が27日に上海で発表した「中国本土最優秀ビジネス都市ランキング」では、100都市が選ばれ、ベスト10には上海、広州、北京、南京、武漢、深セン、重慶、蘇州、青島、杭州が並んだ。中国新聞網が伝えた。

ランキングをみると、上海、広州、北京は強い総合力と個別指標のランキングでいずれも上位だったことからベスト3入りした。上海は都市の規模と貨物輸送指数で1位、広州は旅客輸送指数で1位、北京は人材、都市の規模、消費力、革新(イノベーション)力の指標でいずれも上位3位以内に入った。南京は優れた人材指数で4位。武漢は周到さと着実さが光り、優れた人材指数で5位に躍進した。深センは革新指数が1位、総合ランキングは6位。重慶は旅客輸送指数、貨物輸送指数、革新指数などがいずれも上昇し、総合ランキングで7位に浮上した。蘇州は革新指数が4位、総合は8位。青島は各方面で相対的にバランスの取れた実力を備えるとともに旅客輸送の各方面で優位性を備えることから、総合ランキングが9位になった。杭州は総合10位だった。

地域分布をみると、江蘇省、山東省、浙江省がランク入りした都市の数で全体の半分を占めた。このうち江蘇はランク入り都市数が最多で20都市に上り、このうち上位3位には南京、蘇州、無錫が並んだ。山東は16都市で、上位3都市は青島、済南、煙台。浙江は15都市で、上位3都市は杭州、寧波、紹興だった。

革新ランキングの上位10都市には、深セン、北京、上海、蘇州、広州、成都、蕪湖、杭州、合肥、重慶が並んだ。広州は上昇傾向が著しく、広く優れた人材を集めるため、産業界のリーダーを集めるための一連の意見を打ち出し、これには人材グリーンカード制度の構築が含まれる。同制度は現時点で定住する意向のない非広州戸籍の産業界のリーダーを対象に、住宅購入、自動車購入、子どもの入学など各方面で広州市民と同等の待遇を受けられるようにするとともに、外国籍の産業界リーダーを対象に、入国や滞在における便宜性を提供するというものだ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)