2015年、大阪・豊中市で登校中の小学生の列に乗用車が突っ込み、6人が重軽傷を負った事故で、睡眠導入剤を飲んで車を運転したとして危険運転傷害の罪に問われた女性について、検察は上告しないことを決めた。女性は1審と2審で無罪判決を受けており、これで無罪が確定することとなった。NHKニュースが報じた。

小学生6人はねた女性 検察上告せず無罪確定へ(NHKニュース)