“史上最高ドラ1右腕”とも形容されるナショナルズのストラスバーグ【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月のMLBプレーオフで“無慈悲ボール”に脚光

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は米大リーグ(MLB)のプレーオフで快投を演じた“史上最高ドラ1右腕”の「無慈悲チェンジアップ」。ストレートと見間違う変化球で空振り三振を奪取し、MLB公式が「なんとも無慈悲だ」とツイッターに動画付きで紹介すると「投げ出した直後は直球にしか見えない」「狙っていてもかすりもしない」と話題を呼んだ。

 無残にバットは空を切った。絶品の変化球を投じたのは、ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手だ。10月11日(日本時間12日)の地区シリーズ第4戦カブス戦。1-0でリードして迎えた4回1死二塁だった。

 一打同点のピンチで迎えた5番の左打者ゾブリストをカウント1-2と追い込んだ。そして、4球目に投じたのは、チェンジアップ。この1球が話題を呼んだ。直球と同じ腕の振りで放たれた白球は、打者の手元で急にスピードが失速したかのように沈み、打者から逃げるようにして外角へ。ゾブリストは完全にタイミングがずれ、腰砕けのような状態になり、バットが空を切った。

 チェンジアップといえば、握りを変えて直球と同じ腕の振りで投げることのより、打者のタイミングを外す効果が大きいが、ストラスバーグが投じた1球はまさにお手本というべき、効果を発揮していた。

 MLB公式は「スティーブン・ストラスバーグのチェンジアップ、彼はなんとも無慈悲だ」と称賛し、ツイッターに動画付きで紹介。すると、映像で目の当たりにしたファンから驚きの声が続々と上がった。

ファンから絶賛の嵐「エグい」「えげつない」「かすりもしない」

「こうは言いたくないが、彼はえげつない」

「この日のストラスバーグは難攻不落だった」

「見るからに打てなさそうだ! 狙っていてもかすりもしない」

「投げ出した直後は直球にしか見えない」

「彼はなんともエグいボールを投げる」

 このように賛辞が続々と投げかけられ、話題を呼んでいた。

 ストラスバーグといえば、2009年のドラフト全体1位でナショナルズに指名され、ドラフト史上最高となる4年総額1510万ドル(約16億5000万円)で契約。チームの大黒柱に成長した右腕はこの日も7回3安打無失点12奪三振の快投で2勝2敗と逆王手をかけた。

 シリーズは惜しくも敗退したが、ストラスバーグは今季、自己最多に並ぶ15勝(4敗)を挙げ、防御率2.52、204奪三振の成績を残し、サイ・ヤング賞の投票でも3位。充実した一年となった。本格派ながら、抜群の変化球を操る背番号37は、来季もナショナルズを牽引してくれそうだ。(THE ANSWER編集部)